患者様へのご案内
  • 患者様へのご案内
  • 外来の方へ
  • 診療科目
  • 内科
  • 循環器内科
  • 腎臓内科
  • 透析内科
  • 小児科
  • 外科
  • 心臓血管外科
  • 血管外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 形成外科・美容外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 耳鼻咽喉科
  • 麻酔科
  • 放射線科
  • 総合診療科
  • 医療福祉相談室
  • 各ドック・検診

  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 関連施設のご案内
  • 病院・入院の案内
血管外科

足がつる、むくむ、だるい、かゆいなどの症状はございませんか?それは、下肢静脈瘤かもしれません。

下肢静脈瘤センター開設!

平成25年4月より血管外科を開設し、様々な血管疾患に対して診療を行ってまいりました。富士見市、ふじみ野市、三芳町を中心に、志木市、新座市、朝霞市、川越市、久喜市、北本市、東京の板橋区など多くの地域の患者様に当科へ受診していただいております。
下肢静脈瘤外来には平成26年7月までに約350名の患者様が受診されました。
平成25年6月に第1例目の手術を開始し、平成26年8月までに119名、150肢に対してストリッピング手術を行わせていただきました。

最新の高周波アブレーションカテーテル治療を導入しました!! 血液外科からのお知らせ

最新の高周波アブレーションカテーテル治療を導入しました!!

 そこで、さらなる下肢静脈瘤診療を充実したものにするために、この度、下肢静脈瘤センターを開設いたしました。 下肢静脈瘤レーザー治療は以前より行われておりますが、埼玉県ではいち早くとなる高周波アブレーションカテーテル治療を導入し、平成26年8月より血管内治療を開始し平成27年1月までに63例91肢に施行させていただきました。

下肢静脈瘤センター 症例紹介(高周波治療)

 72歳男性の患者さんです。普段は地域の皆さんに愛される八百屋さんで、常に立ち仕事で以前より右内くるぶしの湿疹とかゆみ、色も黒かった(色素沈着)もあったようです。潰瘍にもなり、潰瘍からの出血があり当院へ紹介されました(初診時)。

症状写真 初診時

超音波検査を行い、下肢静脈瘤による静脈うっ滞性潰瘍と診断いたしました。圧迫療法(写真1)を開始し、潰瘍は改善いたしました(写真2)。

症状写真 写真1  症状写真 写真2

 圧迫療法は下肢静脈瘤の根本的な治療ではありませんので、手術療法をおすすめしました。 太もも(大腿部)内側の大伏在静脈の逆流(写真3)が原因なので、大腿部は小さな針穴だけの高周波アブレーションカテーテル治療(写真4)を行い、ふくらはぎの静脈瘤は小切開による静脈瘤切除(写真5)を行いました。

症状写真 写真3

症状写真 写真4  症状写真 写真5

 手術当日から歩くことも可能で、翌日には退院して通常の生活をしていただいております。 手術後1か月(写真6)、3か月(写真7)と潰瘍と色素沈着も改善しております。

症状写真 写真6  症状写真 写真7


◆お問い合わせ先◆

イムス富士見総合病院 血管外科まで TEL : 049-251-3060

血管外科 外来担当医表
このページのTOPへ