学科案内
HOME > よくある質問
  • 入学試験について
  • カリキュラムについて
  • 国家試験対策・進路について
  • 奨学金について
  • 学校生活について
  • その他
  • その他のお問合せ
  • オープンキャンパス
  • 入学をお考えの方へ

    入学をお考えの方へ

  • 入学をお考えの方へ
  • 奨学金について
  • 卒業後の進路
  • 学校評価
  • 地域情報
  • よくある質問
  • 看護教員募集
  • モバイル

入学試験について

Q.推薦入学と社会人入学の違いはなんですか?

第1学科

A. 推薦入学とは、高等学校卒業見込み者、または卒業後2年以内の方で、評定平均値が3.0以上あり、学校長からの推薦を受け試験に合格された結果入学できるシステムです。
社会人学科とは、高等学校卒業後、1年以上の社会経験のある方が、試験に合格された結果入学できるシステムです。

第2学科

A. 推薦入学とは、高等学校(衛生看護科)卒業後2年以内の方で、評価平均が3.5以上か、あるいは准看護師養成所において評価平均が75点以上かつ学校長または施設長推薦を受け合格された結果、入学できるシステムです。

Q.大学等の既修得単位の認定はどうなっていますか?

A.合格証発送と同時に必要書類を送付します。そこで、指定の期日まで、単位認定申請書と大学等の修得単位を証明する書類を添えて提出します。その後、学校長が個々の既修した学習内容を評価し、本校の教育内容に相当すると認めた場合に単位として認定し、既習単位認定書を発行します。その際に、履修方法の説明があります。

Q.入学試験の過去問題は販売していますか?

A.学校見学会に参加した学生に過去の入試問題を配布します。

Q.学校の様子を知りたいのですがどうすればよいのでしょうか?

A.夏期休暇中に学校説明会を予定しています。学校の設備等の見学はもちろんのこと、学校生活における内容等詳しく説明しております。その時期に参加できない方は本校事務に連絡をすると担当のものが日程等調整し個々の説明にも応じます。

Q.受験するまでの事務手続きについて教えて下さい

A.「入試情報」ページで、受験までの手続きをお知らせしています。詳細はこちらをご覧ください。電話での問い合わせも可能ですので、以下の電話番号までご連絡ください。
入学試験係:03-3967-0502。
成績証明書に関して、既定の保存期間を過ぎると証明書が発行できない場合があります。発行が不可能な場合は、その旨を記載した文書を必ず同封してください。

Q.学校内設備について教えてください

A.本校に学生寮はありませんので、各自で探しています。中には学生同士で同居をしている人もいます。
学生食堂はありませんが、お弁当の注文を300円で申し込むことができます。また、近隣にスーパーや総菜屋、コンビニなどもあり、そちらを利用する学生もいます。
図書室には、書籍約10,000冊、専門雑誌43種類を揃えており、またVTR聴取もできます。常駐の司書が検索等の相談にのってくれます。

ページトップ

カリキュラムについて

Q.第1学科と第2学科との違いはなんですか?

第1学科

A. 高等学校卒業後(含む卒業見込み)の方で看護師を希望する方が、入学後3年間の教育課程を終え国家試験に合格し看護師の免許を取得することが可能になります。

第2学科

A. 准看護師免許のある方で看護師を希望する方が、入学後2年間の教育課程を終え、国家試験に合格し看護師の免許を取得することが可能となります。そのため、第2学科では年齢層が広く、衛生看護科卒業後の18歳の学生から、結婚し育児を両立している学生や、看護以外の仕事についた社会人経験のある40歳代の学生と、背景は様々です。

Q.試験はどのようになっていますか?

第1学科

A. 授業終了後毎に終講試験(科目試験)を行っています。したがって、定期試験期間での集中的な試験は少ないです。追試験・再試験は各1回のみ行います。3年時の1月には卒業試験を行います。

第2学科

A. 科目試験・追試験・再試験・卒業試験があります。科目試験はその科目の講義終了後、早い時期や担当講師が認めた場合に実施しています。よって、定期試験ではありません。なお、解剖生理学のみ1年次の6月に中間試験を実施します。卒業試験は、卒業時の1月に実施します。

ページトップ

国家試験対策・進路について

Q.国家試験対策はどのようなことを行っていますか?

第1学科

A. 臨地実習が終了した12月以降から1〜3年までの復習として補習講義があります。また1月には卒業試験があります。さらに、成績状況によっては個別指導を行います。これらのカリキュラムを通して国家試験への準備ができると考えています。

第2学科

A. 1年次の成績や模擬試験の結果によって土曜日や長期休暇中を活用して担当教員とともに補習講義や個別指導を行います。さらに、2年次には、毎週金曜日に必ず国家試験対策の時間をとり、試験や学習をしています。さらに、外部講師を依頼し国家試験対策としての補習講義を取り入れています。模擬試験では、データーを分析しその後の学習内容に利用します。また、成績状況により土曜日や長期休暇を利用し担当教員とともに学習をしています。模擬試験は、定期的に実施し自己の学習状況の把握をしています。12月には専門基礎科目と専門科目の補習講義、1月には国家試験の出題傾向に応じた卒業試験を実施します。その後には、担当教員が作成した問題や模擬試験を繰り返し行います。

Q.合格率はどのようになっていますか?

こちらをご覧ください。

第1学科 第2学科

22年度は合格率100%で、全員合格しました!!

ページトップ

奨学金について

Q.奨学金制度について教えてください

A.試験に合格し入学の意思のある方に対して後日奨学金制度に対する説明会を開催します。この説明会で卒業後に就職を希望する病院を選択します。入学後4月から月5万円ずつ奨学金が貸与されます。
詳細につきましては、こちらをご覧ください。

ページトップ

学校生活について

Q.アルバイトはできますか?

学則上、第1学科は、原則的に禁止しています。しかし、経済的に困難な学生は、申請をし学習に影響のないように配慮して、病院でアルバイトをしています。
第2学科は、申請をして許可を得れば認めています。

ページトップ

その他

Q.授業料以外で卒業するまでにどれくらいの費用が必要ですか?

こちらをご覧ください。

第1学科 第2学科

ページトップ

その他のお問合せ

お問合せはこちらから

HOMEページトップ