• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

診療科のご案内

外科

外来診療担当医表

診療科紹介

当外科の特徴は比較的少人数のチームではありますが広範囲の治療を受け持っていることです。
最近内視鏡手術の中でも力を入れているのが早期大腸癌及び早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)及び内視鏡的粘膜下郭清術(ESD)であります。こちらは消化器内科医を中心として我々消化器外科医が一緒に手術に参加しております。これらの方法では開腹手術のような創を作ることなく病巣を摘出できます。但し,問題があれば直ぐに外科手術のサポートがある体制で臨まねばなりません。
なお、消化器内視鏡に関しては最近、胆膵内視鏡(ERCP)にも力を入れており、症例数も漸増傾向です。また、当院では希望があれば鎮静下に外来での上部及び下部消化管内視鏡を行っております。希望があればお申し付けください。

医師紹介

大和田進(消化器・腫瘍センター長)

医師画像

出身大学
群馬大学医学部
卒業年
昭和53年
専門
消化器外科、消化器内視鏡、ピロリ菌治療
得意分野
長年の大学での経験を生かし特に肝臓・胆道・膵臓領域では血行再建(肝動脈・門脈の切除再建)を伴う拡大手術及び食道・胃・大腸・直腸骨盤の消化器全領域の手術
資格
医学博士 日本外科学会専門医・指導医・評議員
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本がん治療医認定機構暫定教育医
日本消化器外科学会特別会員
日本臨床外科医学会評議員
Member of American Society of Clinical Oncology
Member of American Association of Gastroenterology

松山秀樹

医師画像

経歴
日本大学医学部 卒業
板橋中央総合病院 副院長
明理会中央総合病院 院長
イムス富士見総合病院 副院長
資格
(専門医)
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会認定医
専門分野
ヘルニア、痔核等の一般外科から消化器外科全般
ご挨拶
東京女子医大消化器外科で研修、研究を終えた後、約25年間、地域医療に携わってきました。安全、安心な医療には病院スタッフ全員の協調・協力が欠かせません。当院のチーム医療を推進し、地域に貢献できれば幸いです。

中野悠平

医師画像

経歴
福島県立医科大学医学部 卒業
板橋中央総合病院後期レジデント修了
板橋中央総合病院
資格
(専門医)
日本外科学会外科専門医
一般財団法人 ライフ・プランニング・センター
「がんのリハビリテーション研修」修了
専門分野
一般外科
ご挨拶
板橋中央総合病院初、後期レジデントを修了し8年間修行をして参りました。地元群馬県に帰り微力ながら地域医療に貢献して行きます。フットワーク軽く精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

鹿島 康薫

医師画像

経歴
弘前大学医学部 卒業
千葉大学大学院医学研究科 卒業
千葉大学第一外科学 教室入局
長野県立須坂病院
国立千葉病院(現 国立病院機構千葉医療センター)
安房医師会病院
とちの木病院
八日市場総合病院 消化器科 医長
Fox Chase Cancer Center, Postdoctral fellow, Philadelphia, USA
とちぎメディカルセンター 外科 主任医長, 栄養管理センター センター長
協和中央病院 外科 部長
資格
(専門医)
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本臨床外科学会 評議員
日本癌治療学会
日本静脈経腸栄養学会
日本緩和医療学会
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、暫定教育医
日本医師会認定産業医
栃木県癌治療懇話会 幹事
栃木県NST研究会 世話人
那須栄養リハビリ研究会 世話人
第8回日本栄養代謝学会 関東甲信越支部学術集会 世話人
医学博士取得
専門分野
消化器外科、がんの診療・薬物療法・緩和ケア、栄養管理
ご挨拶
 私は、千葉県木更津市の出身で、弘前大学医学部を卒業し、千葉大学第一外科(現臓器制御外科学)に入局しました
その後、千葉大学大学院医学研究科に入学し、細胞分子医学 清野進教授のもと基礎研究を始め、多くの共同研究を国内外の研究者と行い、Nature 誌などへの研究発表に関わり、米国 Philadelphia にある Fox Chase Cancer Center にて Postdoctoral fellow として研究に従事しました
 帰国後、とちぎメディカルセンターにて消化器固形がんの診断・手術はもちろんのこと、がん患者さんを診断から終末期まで診させていただくために、抗がん剤などを用いた薬物療法、周術期から終末期まで継続して治療を支える栄養管理、がん性疼痛に対する麻薬の使用や腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)などの緩和ケアなど化学療法チーム、栄養サポートチーム(NST)や緩和ケアチームなどの多職種の関わる医療チームを立ち上げ、がん患者さんの診療に邁進して参りました
 無駄のない検査によって的確な診断を行い、症状をわかりやすく丁寧に説明し、診療ガイドラインをはじめとした標準治療に加え、患者さんの思いに配慮した治療を実践し、必要な治療を適切かつ迅速に受けていただけるようにします
そうすることにより、真に患者満足度の高い医療の実践に努めます
患者さん・ご家族・地域の先生方に求められ、それに応えられる医師でありたいと考えています

がん診療の3つの「あ」:あせらない、あわてない、あきらめない こんながん診療をしていきたいとおもいます

齊藤裕之 (非常勤)

得意分野
消化器外科手術の中でも腹腔鏡下手術(胆嚢摘出術など)やヘルニア・痔核・痔瘻及び胸腔鏡手術(胸腔鏡下肺のう胞切除)等

NCDについて

当科は、一般財団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
詳しくはこちらをクリックしてください。
TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright