• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

診療科のご案内

外科

外来診療担当医表

診療科紹介

当外科の特徴は比較的少人数のチームではありますが広範囲の治療を受け持っていることです。
最近内視鏡手術の中でも力を入れているのが早期大腸癌及び早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)及び内視鏡的粘膜下郭清術(ESD)であります。こちらは消化器内科医を中心として我々消化器外科医が一緒に手術に参加しております。これらの方法では開腹手術のような創を作ることなく病巣を摘出できます。但し,問題があれば直ぐに外科手術のサポートがある体制で臨まねばなりません。
なお、消化器内視鏡に関しては最近、胆膵内視鏡(ERCP)にも力を入れており、症例数も漸増傾向です。また、当院では希望があれば鎮静下に外来での上部及び下部消化管内視鏡を行っております。希望があればお申し付けください。

医師紹介

大和田進(消化器・腫瘍センター長)

医師画像

出身大学
群馬大学医学部
卒業年
昭和53年
専門
消化器外科、消化器内視鏡、ピロリ菌治療
得意分野
長年の大学での経験を生かし特に肝臓・胆道・膵臓領域では血行再建(肝動脈・門脈の切除再建)を伴う拡大手術及び食道・胃・大腸・直腸骨盤の消化器全領域の手術
資格
医学博士 日本外科学会専門医・指導医・評議員
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本ヘリコバクター学会H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本がん治療医認定機構暫定教育医
日本消化器外科学会特別会員
日本臨床外科医学会評議員
Member of American Society of Clinical Oncology
Member of American Association of Gastroenterology

松山秀樹

医師画像

経歴
日本大学医学部 卒業
板橋中央総合病院 副院長
明理会中央総合病院 院長
イムス富士見総合病院 副院長
資格
(専門医)
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会認定医
専門分野
ヘルニア、痔核等の一般外科から消化器外科全般
ご挨拶
東京女子医大消化器外科で研修、研究を終えた後、約25年間、地域医療に携わってきました。安全、安心な医療には病院スタッフ全員の協調・協力が欠かせません。当院のチーム医療を推進し、地域に貢献できれば幸いです。

齊藤裕之 (非常勤)

得意分野
消化器外科手術の中でも腹腔鏡下手術(胆嚢摘出術など)やヘルニア・痔核・痔瘻及び胸腔鏡手術(胸腔鏡下肺のう胞切除)等
TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright