トップ > 放射線部について > 組織図 > 新人研修会

新人研修会

新人研修会とは

 新入職者(入職1年未満の中途入職者も含む)を対象にした放射線技師のための研修会です。
 各施設で行う院内研修とは別に、放射線部の研修として、年2回開催されます。

  1回目[春]・・・新人教育プログラムに沿った講義
  2回目[秋]・・・実務経験で得たことを話題としてワーキンググループ形式で討論

  ※詳しい研修内容は活動報告をご覧ください。

> 教育についての詳細はこちらをご覧ください

活動報告

『2021年度 新人研修会(春)』 2021年4月28日 イムス池袋会議室(zoom 研修)

 医療人・イムスグループ職員として働く上での基本事項を学ぶことを目的とし、本年度入職した37名の新人診療放射線を対象に開催されました。緊急事態宣言が発令されたことを受け、急遽zoomによるweb研修として開催とはなりましたが、非常に密度の高い内容となりました。研修の最後に、板橋中央総合病院須藤統括技師長より「ひとつひとつの仕事をこつこつと地道に積み上げていくことが大切な事」とお言葉をいただきました。今回、参加した研修での厳しくも暖かい先輩方からの指導は、未来のイムスグループの担い手である新人技師たちへのエールとしても伝わったと思われます。研修で学んだ内容を基礎として、これから自施設での業務に活かし、グループを支える人材と成長していくことを期待したいと思います。

テーマ
  • 「IMSグループの概要」
  • 「社会人として、医療人としての心え・放射線部門集合研修プログラム」
  • 「院内感染管理」
  • 「医療安全対策」
  • 「機器管理」


『2020年度 新人研修会(秋)』 2020年11月13日 Web開催

 2020年11月13日に、Zoomを使った「新人研修会(秋)」を開催しました。入職して半年経ち、だいぶ職場の環境にも慣れてきたと思われる時期であり、環境に慣れてくる頃は、時間に対して甘くなることもあるが、出席の登録やZoom接続など、先輩の見守りもあったと思われますが、全員時間に遅れることなく参加をすることができました。今回のプログラムは、最初に覚えることの多い一般撮影の画像の良し悪しや、感染対策・危機管理・KYTなど、まさに今現場で行っている日常業務に関することばかりでした。特に院内感染は、COVID-19の環境下において、自分自身の感染防護は正しいのか再確認することもできたと思われます。これからもその時々の情勢にあった内容も取り込みながら研修会を開催することが望ましいと感じました。

テーマ
  • 「一般撮影概論 画像の良し悪しの判断・撮影条件」
  • 「医療安全 KYT・インシデント」
  • 「院内感染」
  • 「機器管理 」


『2020年度 新人研修会(春)』 2020年6月30日 イムス池袋会議室

 6月30日火曜日に池袋会議室にて、2020年度IMS放射線部新人研修会(春)が開催された。今回の内容は、社会人として当然知っておかなくてはいけない内容である。本来であれば入職前に受講するはずだが、COVID-19の影響で3ヶ月遅れての開催となった。 しかし、まだまだ油断ならない状況下であり、感染対策として、受講生を午前午後の2グループに分け、個々の間を離し、3密を避けながら研修会を開催しました。彼らはすでに放射線業務にあたり、先輩の指導のもと社会人としての経験を積み始めているが、今回、研修を受講することで、意識していなかったことや考えが甘いことがあると理解したと思われる。受講した内容をこれからの業務に活かし、自己研鑽を積んでいくことを期待したい。

テーマ
  • 「学生と社会人の違い・プロ意識について」
  • 「コミュニケーションの重要性について」
  • 「礼儀・言葉遣いについて」
  • 「電話対応について」
  • 「報・連・相について」



『2019年度 新人研修会(秋)』 2019年11月15日 イムス池袋会議室

11月15日、池袋会議室にてIMS放射線部新人研修会秋を行いました。今回の研修では、放射線技師として知り得なければならない『被ばくについて』、『仕事の楽しみ方』の講義を行われた。また、グループワークでは、社会人として、放射線技師としてスタートした新入職員が約半年の業務を経験した現在での感じている事と今後業務経験を積み重ねていき、5年後の自分はどうなりたいのかを各班ファシリテータが見守る中、多施設間での意見交換を行い、まとまった意見を発表しました。今後の業務経験を重ねるうえで被ばく低減を念頭に置き、仕事に対しやりがいや楽しみを見出し、患者さんや受診者の方を第一に考えた検査が行える放射線技師に育っていって欲しい。

テーマ
  • 「被ばくについて」
  • 「仕事の楽しみ方」
  • グループワーク「現時点での業務を経験して感じた事・5年後の自分」



『2019年度 新人研修会(春)』 2019年4月17日 クローバーのさと・講堂

4月17日(水)クローバーのさとにて2019年度イムス放射線部新人研修会(春)が行われた。今回の講習内容は接遇、社会人としての心構え、IMSグループ組織の説明、院内感染管理、医療安全管理、機器管理について講義がなされ、参加者29名は少し緊張を含んだ真剣な表情で受講していました。今回の講義は社会人として、医療人として、診療放射線技師として、IMSグループの職員として知っていなければならない内容であり、しっかりと把握、理解したうえで上司や先輩からの指導を受け、一つひとつ業務を習得し、患者さまに安心できる医療を提供できるように育っていってほしい。また同期同士、横のつながりも大切にし、自施設だけでなく放射線部内の仲間作りも進めてもらえたらと感じる研修会でした。

テーマ
  • 「接遇」
  • 「社会人としての心構え・IMS組織について」
  • 「院内感染管理」
  • 「医療安全対策」
  • 「機器管理」



『2018年度 新人研修会(秋)』 2018年11月8日 イムス池袋会議室

本年度入職の新入職員に対して、2回目の放射線部新人研修会がイムス池袋会議室にて11月8日木曜日に40名を集めて行われた。放射線安全委員会より「被ばくについて」の題で医療従事者としての必要な知識を再確認し放射線を使った診断や治療の必要性を患者に説明が出来るようにするための講義。続いて「仕事の楽しみ方」の講義がなされ仕事を楽しむ方法や達成感を得るための考え方について説明を受けました。最後にワーキンググループにて7ヶ月業務に携わり感じたことと5年後の自分について討論し代表者が発表を行われた。発表内容は先輩方に教わりながら成長している様子が感じられました。5年後の自分でそれぞれが思い描いた姿が現実になるように更なる努力をしていただきたい。

テーマ
  • 「被ばくについて」
  • 「仕事の楽しみ方」
  • グループワーク「~今までの業務を振り返って~」



『2018年度 新人研修会(春)』 2018年4月19日 イムス池袋会議室

4月19日(木)イムス池袋会議室にて2018年度IMS放射線部新入職員44名を対象に新人研修会が行われ、イムス札幌消化器中央総合病院の1名、イムス明理会仙台総合病院の2名はWebにて受講しました。今回の研修では、初めに明理会中央総合病院の景山技師長によりIMSグループについての説明がなされ、続いて院内感染対策、医療安全管理、機器管理、接遇の講義が限られた時間の中、新人職員が早期に最低限知っていてほしい知識を身につけ、今後の成長に役立つように講義が行われました。最後に須藤統括技師長は「今日の会の目的は理解できていますか?今後は参加する会の目的を理解して望んでもらいたい」と締めくくられた。

テーマ
  • 「IMS組織について」
  • 「院内感染管理」
  • 「医療安全対策」
  • 「機器管理」
  • 「接遇」



  • 放射線部について
  • ございさつ
  • 組織図
  • IMSグループで働く技師たち
  • 年間スケジュール
  • その他活動