イベントレポート
Event Report

我孫子ロイヤルケアセンターで開催されたイベントをレポートします!

平成30年10月17日(水)
お口の体操で健口(けんこう)に!!
平成30年10月17日
地域包括支援センター主催の
「ほくほくケアネット健康教室」が開催されました。

リハビリスタッフ(言語聴覚士・理学療法士)による
お口の健康体操(口腔体操)と身体の健康体操を
地域住民の方12名が行いました。

口は、「笑う」「話す」「食べる」など
日常生活で楽しく過ごす為にとても大切です。
身体を動かす事が大切なように、お口も効果的な体操が必要です。
そして食事の前の口の運動は、病気の予防(誤嚥性肺炎の予防)に効果的です。

我孫子ロイヤルケアセンターでは 利用者様の食事前に
お口の体操(口腔体操)を実施しています。
365日身体と口を動かし、健康で笑顔のある生活を過ごしましょう。

体操内容
・首、肩、腰、腕、指の体操。
・ほっぺ、唇、舌の体操


夕食会
平成30年9月6日(土)
RUN伴(ランとも)2018ちば に参加
平成30年9月6日(土)「RUN伴(ランとも)2018ちば」が開催されました。

RUN伴(ランとも)とは、認知症の方やそのご家族、支援者、地域の方がリレーをしながら1本のタスキを繋いでいくイベントであり、全国で開催されているイベントです。
認知症を地域で考え、地域で支える機会やきっかけになる事を目的としています。

当施設は、認知症の専門棟を持ち、利用者様のケアを行うだけでなく、地域の認知症の方との交流の場として「認知症カフェ」を通じて、地域交流や認知症の啓発活動に努めています。

当日は、介護職員、リハビリ職員、音楽療法士、支援相談員、ケアマネージャーが施設の代表として参加し、地域へタスキを繋きました。

当施設の利用者に加えて、老人保健センターつつじ荘を利用している地域住民の方もテーマカラーのオレンジの旗やボンボンを使い走るランナーの応援に駆け付けてくれました。

来年は、職員だけでなく、利用者様・御家族様と一緒にタスキを繋ぎ、認知症啓発イベントを盛り上げていきます。


平成30年8月18日(土)
夏祭り 開催
平成30年8月18日(土)
我孫子ロイヤルケアセンター夏祭りが開催されました。

夏祭りは、
利用者様に御家族と一緒に夏祭りを通じて「夏を感じ欲しい」という職員の気持ちから始まったイベントです。

利用者様とご家族様が一緒に楽しめるように盆踊り、縁日のほかに利用者様の合唱クラブの発表会が開催された。今年は昨年以上の御家族様が参加した。
各階の盆踊り、お神輿、縁日を通じて利用者様の夏の楽しいひと時を感じてもらえたと感じました。

来年は、
利用者様にも盆踊りに参加していただき、利用者様・御家族様・職員がさらに一緒に夏の1日を過ごしてもらえるような会を開催します。


夕食会
平成30年8月11日(土)
とりで利根川花火大会 開催
平成30年8月11日(土)
第65回とりで利根川大花火大会が開催されました。
当施設の居室・屋上から流域面積日本一の利根川の上に打ちあがる花火を見る事が出来ます。

一昨年から認知症カフェや夏祭りに参加した際に近隣住民の方からの要望を受け、当日の夕方から施設屋上を地域の方へ開放しています。今年は、地域の方65名、利用者様20名が一緒になり、屋上から夏の夜空に上がる7,000発の花火を鑑賞しました。

来年も
地域の皆様、利用者様、職員が当施設に集まり、笑顔になる機会を今後も企画していきます。


夕食会