消化器病センター 専門センター

診療内容

消化器病センターでは、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓といった消化器疾患全般に対し、消化器内科と消化器外科が連携・協力して診断・治療を行っています。
内科では薬物治療や内視鏡治療などを、外科では手術などを行いますが、外科と内科がチームとなることで、患者さまに最適な医療を提供することが可能です。

認定施設

  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

消化器内科内科のご案内

逆流性食道炎 内視鏡検査 胃カメラ(上部内視鏡検査)

主な対象疾患・治療(消化器内科領域)

  • 逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・便秘・急性胃腸炎・ヘリコバクターピロリ菌感染症などの消化管良性疾患に対する投薬治療
  • 食道・胃・大腸ポリープ(腫瘍)に対する内視鏡的切除術
    → 内視鏡的ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)
  • 早期の食道・胃・大腸がんに対する内視鏡的切除術
    → 内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的治療
    → 内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)、内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)
  • 出血性潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸憩室出血など)に対する内視鏡的止血術
    → クリッピング、APC、HSE・アルコール局注
  • 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法(LCAP療法)
  • クローン病に対するレミケード点滴治療
  • 総胆管結石に対する内視鏡的治療
    → 内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)、砕石術
  • 急性胆のう炎に対する穿刺ドレナージ術
    →経皮経肝胆のうドレナージ術(PTGBD)
  • 閉塞性黄疸に対する減黄術
    → 経皮経肝胆道ドレナージ術(PTBD)、内視鏡的胆道ドレナージ術(ERBD)
  • 狭窄病変に対する内視鏡的拡張術・ステント留置:上部消化管、下部消化管、胆管・膵管
  • B型肝炎、C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法、インターフェロン治療
  • 早期の肝細胞がんに対する穿刺局所療法
    →ラジオ波焼灼療法(RFA)
  • 肝細胞がんに対する冠動脈塞栓療法、冠動脈注化学療法
    →冠動脈塞栓療法(TAE)、冠動脈化学塞栓療法(TACE)

内視鏡検査・処置実績

2014 (H26) 年度 2015 (H27) 年度 2016 (H28) 年度
上部消化管内視鏡
(胃カメラ)
1499例 1495例 1484例
下部消化管内視鏡
(大腸カメラ)
934例 990例 930例
内視鏡的粘膜切除術
(EMR)
345例 397例 313例
内視鏡的粘膜下層剥離術
(ESD)
12例 12例 10例
内視鏡的逆行性胆道膵管造影法
(ERCP)
84例 67例 84例

消化器外科外科のご案内

腹腔鏡手術 腹腔鏡ヘルニアセンター

対象疾患(消化器外科領域)

胃癌 「胃癌治療ガイドライン」に沿った標準的治療を行っています。内視鏡治療(ESD、ステント)、開腹手術、化学療法を病状に合わせて行っています。
大腸癌
直腸癌
「大腸癌治療ガイドライン」に沿った標準的治療を行っています。内視鏡治療(EMR、ESD、ステント)、腹腔鏡下大腸切除術、化学療法を病状に合わせて行っています。特に腹腔鏡治療に力を入れています。
肝癌 「肝癌診療ガイドライン」に沿った標準的治療を行っています。開腹手術、化学療法を病状に合わせて行っています。
膵癌 「膵癌診療ガイドライン」に沿った標準的治療を行っています。開腹手術、化学療法を病状に合わせて行っています。
胆管炎、総胆管結石症
胆石症、胆嚢炎
総胆管結石による胆管炎に対して内視鏡治療(ERCP、EST)を行っています。胆石症、胆嚢炎に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。
急性虫垂炎 腹腔鏡下虫垂切除術の緊急手術を行っています。
鼠径ヘルニア(脱腸)
大腿ヘルニア
閉鎖孔ヘルニア
前方アプローチによるメッシュ法に加え、腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術を積極的に行っています。「鼠径ヘルニア外来」をやっています。
腸閉塞 腹腔鏡下または開腹で癒着剥離術を緊急手術で行っています。
胃・十二指腸潰瘍穿孔 穿孔部を縫合閉鎖し、大網で被覆する手術を腹腔鏡で行っています。
大腸穿孔による腹膜炎 開腹で緊急手術を行い、術後は集中治療を行っています。
痔核 結紮切除術に加え、硬化療法(ジオン注射)を行っています。日帰りでゴム輪結紮療法も可能です。

その他、大腸憩室症、腹壁瘢痕ヘルニア、直腸脱、肛門ポリープ、臍炎(尿膜管遺残症)、食道癌、胆道癌、GISTなどの治療も行っています。

手術実績

2014年度 289例
2015年度 321例
2016年度 345例