TEL:048-964-2211(代表)
  • お問い合わせ
  • 交通のご案内

各部門のご紹介 リハビリテーション科 | 看護部 | 薬剤部 | 放射線科 | 栄養科 | 検査科

看護部

看護部長ごあいさつ

皆さまこんにちは。新越谷病院は、地域の皆さまと共にこの地に根ざし、歩んでいく事をモットーにしております。医療を取り巻く環境もめまぐるしく変化しています。その状況に柔軟に対応しながら、地域医療に貢献していきたいと考えております。看護部としても院内外の研修の充実を図り、確かな知識と技術を身に付け、どのような状況、時代になっても安全で、患者さま、ご家族さま共に安心していただける真心のこもった看護を提供できるよう、努めてまいります。

看護部長 佐伯 眞理

看護部理念

『愛し愛される看護部をめざし、患者さま視点の看護介護を提供します。』

基本方針

  1. 患者さまの立場に立ったケアを看護介護が連携して行う
  2. 患者さまとご家族に寄り添った態度と笑顔で対応する
  3. 個々にあった看護介護の提供のための自己研鑚

当院で行っているケア

  • 適切なオムツやパット使用を目的に排泄パターンを1週間測定・選定することにより、不快感を軽減することに努めています。
  • 寝たきりの患者さま(意識障害)への関わりとして、ケアを実施するときは、聴覚刺激の一貫としてベッドサイドで声がけ(近況報告)を多くしています。
  • ワークシートで情報を共有しています。
  • 車いす移乗が可能な患者さまを主体に、レクリエーション専属スタッフが平日催しを行い、療養生活の中にやりがいや楽しみをみつけていただけたらと思っています。
  • 治療が安定し、在宅復帰をする患者さまおよびご家族さまの負担・不安を軽減するために、同施設の訪問看護を紹介し、必要な看護・介護ケアの情報提供をしています。

取り組み

  • 看護、介護と一緒に昼食休憩を取ることで、両者のコミュニケーション向上と、患者さまケアなどの相談に活用し、よりよいケアを提供できるよう心掛けています。
  • 退院の際には、患者さまが安心して退院ができるように「具合が悪くなったら、すぐ当院へご相談に来てください」と必ずお声がけをするようにしています。また、院内に訪問看護ステーションと地域包括支援センターが併設されているため、在宅療養の支援ができます。
  • 入院するなら「新越谷病院がいい」
  • 家族ではできない介護をしていただいているので、とても感謝しています。
  • 終末期を迎えた高齢患者の療養生活を親身になって支えてくれた。
  • 面会の度に看護師さんが最近の様態やその日あった出来事などを話してくれた。また、自分たちの身体のことを心配し、ねぎらいの言葉をかけてもらえたことが嬉しかった。

看護職復職支援

新越谷病院は、再就業を希望する看護職の方を応援します!

復職支援講習会のお知らせ 詳細はこちら

Copyright