logo

診療受付時間

午前 8:30〜11:30
午後 13:30〜16:30
休診 土曜午後・日曜日・祝日
※土曜日は午前のみ

外来担当医表

休診・代診予定









ページTOPへ戻る

学会発表・講演一覧

学会発表・講演一覧

  • 消化器内科
  • 消化器外科
  • 泌尿器科
  • 看護部
  • 臨床工学科
  • リハビリテーション科
  • 薬剤部

全国学会・国際学会(2010年度以降を掲載)

  • 岸 宗佑. 半固形栄養剤用加圧バッグの使用経験と臨床的意義について. 第12回日本静脈経腸栄養学会, 札幌, 2019.
  • 岸 宗佑. 胆膵切除例の術前栄養変化が術後回復に与える影響について. 第12回日本静脈経腸栄養学会(要望演題), 札幌, 2019.
  • 岸 宗佑. より効果的なNSTカンファレンスを実現するためのKAIZENについて. 第12回日本静脈経腸栄養学会(シンポジスト), 札幌, 2019.
  • 岸 宗佑. 消化器癌患者への集学的治療を目指したCVポート埋設部位の検討:治療と生活を第一にした手術部位の決定指針について. 第124回日本消化器病学会(シンポジスト),札幌,2019.
  • 岸 宗佑. 静脈栄養と血管内留置デバイスVADの相互理解とSPNのあり方について. 第34回日本静脈経腸栄養学会,品川,2019.
  • 岸 宗佑. 脂肪乳剤を側管投与する場合にPICC及びCVポートが乳化粒子の粗大化に及ぼす影響の検討. 第34回日本静脈経腸栄養学会(シンポジスト)(フェローシップ),品川,2019.
  • 岸 宗佑. VADの安全対策に役立つ知識と技術. 第4回日本VADコンソーシアム学術集会,横浜,2019.
  • 野村 友祐. 胆管結石治療困難例における胆道鏡下Holmium-YAG Laserの有用性. 第54回日本胆道学会学術集会,千葉,2018.
  • 野村 友祐. 膵管に迷入した膵管ステントを血管内用スネアで回収した1例. 第49回日本膵臓学会大会,和歌山,2018.
  • 岸 宗佑. 「食べるための静脈栄養」の意義とVAD選択を時間軸で考える重要性について. 第15回日本在宅静脈経腸栄養研究会学術集会(シンポジスト),新潟,2018.
  • 岸 宗佑. 胆道癌症例に適した新なるCVポート埋設術LOVE surgeryの考案とその有用性について. 第54回日本胆道学会学術集会,千葉,2018.
  • 岸 宗佑. 総合診療医育成のための血管内留置デバイスVADの理解と教育について. 第17回日本病院総合診療医学会学術総会,岐阜,2018.
  • 岸 宗佑. 嚥下に関わる筋群を障害させない新たなCVポート埋設術Atlas Surgeryの有用性. 第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会,仙台,2018.
  • 岸 宗佑. 膵癌症例における上腕背側トンネリング法を用いた上腕外側埋設CVポート手術の有用性. 第49回日本膵臓学会大会,和歌山,2018.
  • 岸 宗佑. EUS-FNA穿刺吸引細胞診にて診断しえた胆嚢small cell neuroendocrine carcinomaの1例. 第59回日本臨床細胞学会学術総会,札幌,2018.
  • 岸 宗佑. 乳癌症例に対するCVポートとして上腕背側をトンネリングし上腕外側部位に埋設する手術方法の有用性について. 第26回日本乳癌学会学術総会,京都,2018.
  • 岸 宗佑. 内科医でもできるCVポート埋設術Atlas Surgeryの有用性と嚥下に関わる筋の理解と嚥下評価の重要性について. 第16回日本病院総合診療医学会,大分,2018.
  • 岸 宗佑. Usefulness of CV port surgery in the upper arm with dorsal tunneling method: LOVE surgery and the practice of Arm chemotherapy. 第56回日本癌治療学会,横浜,2018.
  • 岸 宗佑. 生食液性剥離法を用いたCVポート埋設術Atlas Surgeryの管理を含めた有用性と嚥下リハビリの重要性について. 第33回日本静脈経腸栄養学会,横浜,2018.
  • 岸 宗佑. VAD関連ガイドラインを実際の様々な医療環境で生かすためには. 第3回日本VADコンソーシアム学術集会,東京,2017.
  • 岸 宗佑. CVポート埋設術における生理食塩水を用いた液性剥離法(Atlas法)を併用した手術の有用性と安全性について. 第25回日本乳癌学会,福岡,2017.
  • 岸 宗佑. 主膵管拡張を契機に細胞診により診断された膵上皮内癌の1切除例. 第58回日本臨床細胞学会,大阪,2017.
  • 岸 宗佑. 経皮的および経乳頭的な胆嚢ステント留置術を用いた胆嚢摘出術困難な胆嚢炎症例に対する治療戦略. 第113回日本消化器病学会(パネルディスカッション発表),東京,2017.
  • 岸 宗佑 超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)の細胞診と組織診を併用する意義について. 第57回日本臨床細胞学会,横浜,2016.
  • 岸 宗佑. 早期胆摘術困難な胆石胆嚢炎症例に対する経皮経肝的胆嚢ドレナージ後の胆嚢ステント留置術に関する検討. 第113回日本消化器内視鏡学会(パネルディスカッション発表,優秀演題賞受賞),札幌,2016.
  • 岸 宗佑. 胆嚢・総胆管結石症例に対する経乳頭的胆嚢ステント留置術および胆道鏡下Holmium-YAGレーザー治療の有用性. 第102回日本消化器病学会,東京,2016.
  • 岸 宗佑. 内頸静脈アプローチでのCVポート埋設術における生理食塩水を用いた液性剥離法によるトンネリング操作の有用性と安全性について. 第41回リザーバー研究会,岡山,2016.
  • 岸 宗佑 EUS下膵管ドレナージと副乳頭ランデブー法にて双方向膵管ドレナージを施行した若年膵石症の1例. 第111回日本消化器内視鏡学会,札幌,2015.
  • Tanno S. Should the surveillance protocol be changed for BD-IPMN with worrisome features? International Evidence-based Expert Meeting of BD-IPMNs. (Garda, Italy) . 2013年4月22-25日.
  • Tanno S. Should the surveillance protocol be changed for BD-IPMN with worrisome features? International Evidence-based Expert Meeting of BD-IPMNs. (Garda, Italy) 2013年4月22-25日.
  • Kobayashi G, Fujita N, Maguchi H, Tanno S, Mizuno N, Hanada K, Hatori T, Sadakari Y, Yamaguchi T, Tobita K, Doi R, Yanagisawa A, Tanaka M, and the working group of the Japan Pancreas Society. Natural history of branch duct IPMN with mural nodules: a Japan Pancreas Society multicenter study. UEGW 2012(アムステルダム、オランダ)2012年10月20日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,吉田行範.後期高齢者胆石治療における経乳頭的胆管または胆嚢ステント留置術の有用性.JDDW2012(神戸)2012年10月11日.
  • 丹野誠志,他.膵癌を合併した分枝型IPMN経過観察例からみた膵癌早期発見の問題点と必要な取組み-北海道多施設調査に基づく膵癌診断の現状.JDDW2012(神戸)パネルディスカッション2012年10月10日.
  • Tanno S. Clinical features of synchronous and metachronous PDAC in patients with branch duct IPMN. Satellite Symposium: “Cutting-Edge Researches on Precursor Lesions and Early Detection of Pancreatic Cancer”. International Symposium on Pancreas Cancer 2012 国際膵癌シンポジウム2012(京都)シンポジウム2012年10月4日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,野村昭嘉,吉田行範.胆嚢摘出術困難胆嚢炎症例における経乳頭的胆嚢ステント留置術の長期有用性.日本胆道学会(東京)2012年9月20日.
  • 丹野誠志,他.分枝型IPMN症例の他臓器癌に関する多施設共同研究.日本膵臓学会(山形)シンポジウム関連演題2012年6月29日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.分枝型IPMN症例における膵炎発症後経過観察症例の予後と組織学的悪性度.日本膵臓学会(山形)シンポジウム関連演題2012年6月28日.
  • 丹野誠志,羽廣敦也,他.定期検査中に通常型膵癌を合併したIPMN症例から考えられる膵癌早期診断法.日本消化器病学会総会(東京)シンポジウム2012年4月20日.
  • 丹野誠志,羽廣敦也,他.IPMN病変悪性化と通常型膵癌合併の2大リスク評価に基づいた診療ガイドラインの見直し.日本消化器病学会総会(東京)ワークショップ2012年4月19日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.分枝型IPMN症例に発生した膵癌の発育速度と有効な検診間隔の検討.JDDW2011(福岡)シンポジウム2011年10月21日.
  • 丹野誠志,他.IPMN症例における膵管癌の危険因子~北海道膵臓研究会多施設調査1181例の検討.JDDW2011(福岡)パネルディスカッション2011年10月21日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.総胆管結石症例における胆管ステント留置後の結石変化と高齢者での有用性.日本胆道学会(宮崎)2011年9月16日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.分枝型IPMN症例における進展例と不変例の検討.日本膵臓学会(青森)2011年7月29日~30日.
  • 佐藤龍,林明宏,金野陽高,丹野誠志.短期間にESDを3回施行した中下咽頭癌の1例.JDDW2010(横浜)2010年10月16日.
  • 丹野誠志,他.分枝型IPMN経過観察例における膵癌発生例の特徴と画像所見変化に関する検討.JDDW2010(横浜)パネルディスカッション2010年10月16日.

全国学会・国際学会(2010年度以降を掲載)

  • 林明宏,丹野誠志,羽廣敦也,金野陽高,上野敦盛,本村亘.当科における胆膵疾患Interventional EUSの検討.日本消化器病学会地方会(札幌)2013年3月2日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,林明宏,上野敦盛,金野陽高,本村亘,野村昭嘉,吉田行範.高齢者胆石治療における経乳頭的胆嚢ステント留置術の有用性.日本消化器病学会地方会(札幌)シンポジウム2013年3月2日.
  • 林明宏,丹野誠志,羽廣敦也,上野敦盛,金野陽高,本村亘,伊澤功.十二指腸原発ガストリノーマの1例.日本内科学会地方会(札幌)2013年2月23日.
  • 丹野誠志,真口宏介,他.北海道における分枝型IPMN合併膵癌診断の現状~北海道多施設調査結果.北海道膵臓研究会(札幌)2012年11月10日.
  • 林明宏,丹野誠志,羽廣敦也,上野敦盛,金野陽高,本村亘,鈴木温,原敬志.超音波内視鏡下膵嚢胞ドレナージ術を施行した若年者悪性腫瘍合併膵仮性嚢胞の2例.北海道膵臓研究会(札幌)2012年11月10日.
  • Kobayashi G, Fujita N, Maguchi H, Tanno S, Mizuno N, Hanada K, Hatori T, Sadakari Y, Yamaguchi T, Tobita K, Doi R, Yanagisawa A, Tanaka M, and the working group of the Japan Pancreas Society. Natural history of branch duct IPMN with mural nodules: a Japan Pancreas Society multicenter study. UEGW 2012(アムステルダム、オランダ). 2012年10月20日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,吉田行範.後期高齢者胆石治療における経乳頭的胆管または胆嚢ステント留置術の有用性.JDDW2012(神戸). 2012年10月11日.
  • 丹野誠志,他.膵癌を合併した分枝型IPMN経過観察例からみた膵癌早期発見の問題点と必要な取組み-北海道多施設調査に基づく膵癌診断の現状.JDDW2012(神戸)パネルディスカッション. 2012年10月10日.
  • Tanno S. Clinical features of synchronous and metachronous PDAC in patients with branch duct IPMN. Satellite Symposium: “Cutting-Edge Researches on Precursor Lesions and Early Detection of Pancreatic Cancer”. International Symposium on Pancreas Cancer 2012 国際膵癌シンポジウム2012(京都)シンポジウム. 2012年10月4日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,野村昭嘉,吉田行範.胆嚢摘出術困難胆嚢炎症例における経乳頭的胆嚢ステント留置術の長期有用性.日本胆道学会(東京). 2012年9月20日.
  • 林明宏,丹野誠志,羽廣敦也,及川央人,上野敦盛,金野陽高,本村亘,三好茂樹,他.経過観察中に多発膵癌を合併した分枝型IPMNの一例.日本消化器病学会地方会(札幌)2012年9月8日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,林明宏,及川央人,上野敦盛,金野陽高,本村亘,三好茂樹,宮田真.門脈血栓症を合併した膵仮性嚢胞の一例.日本消化器病学会地方会(札幌)2012年9月8日.
  • 丹野誠志,他.分枝型IPMN症例の他臓器癌に関する多施設共同研究.日本膵臓学会(山形)シンポジウム関連演題. 2012年6月29日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.分枝型IPMN症例における膵炎発症後経過観察症例の予後と組織学的悪性度.日本膵臓学会(山形)シンポジウム関連演題. 2012年6月28日.
  • 林明宏,丹野誠志,羽廣敦也,及川央人,上野敦盛,金野陽高,本村亘,三好茂樹.術後再建腸管を有する胆道疾患症例に対するダブルバルーン内視鏡治療の検討.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2012年6月3日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,林明宏,及川央人,上野敦盛,金野陽高,本村亘,三好茂樹.経乳頭的胆管挿管困難例における超音波内視鏡下胆道ドレナージ留置術の検討.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2012年6月3日
  • 羽廣敦也,丹野誠志,林明宏,及川央人,上野敦盛,金野陽高,本村亘,三好茂樹.膵炎を契機に診断された分枝型IPMN経過観察例の予後に関する検討.日本消化器病学会地方会(札幌)2012年6月2日
  • 金野陽高,林明宏,羽廣敦也,及川央人,上野敦盛,本村亘,三好茂樹,丹野誠志,鈴木温,原敬志.腸回転異常を伴う右傍十二指腸ヘルニアの1例.日本消化器病学会地方会(札幌)2012年6月2日.
  • 丹野誠志,羽廣敦也,他.定期検査中に通常型膵癌を合併したIPMN症例から考えられる膵癌早期診断法.日本消化器病学会総会(東京)シンポジウム. 2012年4月20日.
  • 丹野誠志,羽廣敦也,他.IPMN病変悪性化と通常型膵癌合併の2大リスク評価に基づいた診療ガイドラインの見直し.日本消化器病学会総会(東京)ワークショップ. 2012年4月19日.
  • 丹野誠志,他.IPMN症例に合併した他臓器癌に関する北海道膵臓研究会多施設調査結果.北海道膵臓研究会(札幌). 2011年11月5日.
  • 廣敦也,丹野誠志,他.分枝型IPMN症例に発生した膵癌の発育速度と有効な検診間隔の検討.JDDW2011(福岡)シンポジウム. 2011年10月21日.
  • 丹野誠志,他.IPMN症例における膵管癌の危険因子~北海道膵臓研究会多施設調査1181例の検討.JDDW2011(福岡)パネルディスカッション. 2011年10月21日
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.総胆管結石症例における胆管ステント留置後の結石変化と高齢者での有用性.日本胆道学会(宮崎). 2011年9月16日.
  • 佐藤龍,金野陽高,上野敦盛,及川央人,羽廣敦也,本村亘,三好茂樹,丹野誠志.大腸鋸歯状病変の検討.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)プレナリーセッション2011年9月11日.優秀演題賞受賞
  • 金野陽高,佐藤龍,羽廣敦也,及川央人,上野敦盛,本村亘,三好茂樹,丹野誠志.多発胃癌症例の検討.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2011年9月11日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,及川央人,上野敦盛,金野陽高,佐藤龍,本村亘,三好茂樹.胆嚢摘出術困難な胆嚢炎症例における経乳頭的胆嚢ステント留置術の長期有用性.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2011年9月11日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,及川央人,上野敦盛,金野陽高,佐藤龍,本村亘,三好茂樹.分枝型IPMN症例に他臓器癌の発生は多いのか?~標準化罹患比に基づく検討~.日本消化器病学会地方会(札幌)2011年9月10日.支部奨励賞受賞
  • 羽廣敦也,丹野誠志,他.分枝型IPMN症例における進展例と不変例の検討.日本膵臓学会(青森). 2011年7月29日~30日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,及川央人,上野敦盛,金野陽高,佐藤龍,本村亘,三好茂樹.SpyGlassシステムを用いた経口胆道鏡下EHLで治療した総胆管結石の1例.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2011年6月5日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,及川央人,上野敦盛,金野陽高,佐藤龍,本村亘,三好茂樹.分枝型IPMN症例に合併した膵管癌画像所見の遡及的検討.日本消化器病学会地方会(札幌)2011年6月4日.支部奨励賞受賞
  • 及川央人,丹野誠志,羽廣敦也,上野敦盛,金野陽高,佐藤龍,本村亘,三好茂樹.重症急性膵炎後に膵仮性嚢胞を合併したIPMNの1切除例.日本消化器病学会地方会(札幌)2011年6月4日.
  • 佐藤龍,金野陽高,上野敦盛,及川央人,羽廣敦也,本村亘,三好茂樹,丹野誠志.経鼻内視鏡を用いたイレウス管挿入.日本消化器病学会地方会(札幌)2011年6月4日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,吉田英敏,上野敦盛,及川央人,佐藤龍,佐藤信司.内視鏡的副乳頭切開とステント留置術を施行した重症急性膵炎発症後膵管癒合不全の1例.日本内科学会地方会(札幌)2010年11月13日.
  • 佐藤龍,金野陽高,吉田英敏,及川央人,上野敦盛,羽廣敦也,丹野誠志.易出血病変にSBナイフが有用であった1例.第8回北海道ESD研究会(札幌)2010年11月6日
  • 羽廣敦也,丹野誠志,吉田英敏,及川央人,上野敦盛,佐藤龍,佐藤信司.分枝型IPMN経過観察例における通常型膵癌発生例の検討.北海道膵臓研究会(札幌)シンポジウム2010年10月23日.
  • 佐藤龍,林明宏,金野陽高,丹野誠志.短期間にESDを3回施行した中下咽頭癌の1例.JDDW2010(横浜). 2010年10月16日.
  • 丹野誠志,他.分枝型IPMN経過観察例における膵癌発生例の特徴と画像所見変化に関する検討.JDDW2010(横浜)パネルディスカッション. 2010年10月16日.
  • 佐藤龍,吉田英敏,上野敦盛,及川央人,羽廣敦也,丹野誠志.早期大腸癌診断におけるNBI拡大観察とピットパターン分類との比較.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2010年9月12日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,吉田英敏,及川央人,上野敦盛,佐藤龍,佐藤信司.総胆管結石症例における胆管ステント留置後の結石変化と高齢者における有用性.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2010年9月12日.
  • 吉田英敏,丹野誠志,羽廣敦也,佐藤龍,及川央人,上野敦盛,佐藤信司.分枝型IPMN経過観察例における進展例と不変例の検討.日本消化器病学会地方会(札幌)2010年9月11日.支部奨励賞受賞
  • 佐藤龍,林明宏,金野陽高,丹野誠志.アサコールが寛解導入に有用であった潰瘍性大腸炎の1例.日本消化器病学会地方会(札幌) 2010年6月6日
  • 佐藤龍,丹野誠志,他.当院における大腸癌治療の現状.日本消化器内視鏡学会地方会(札幌)2010年6月5日.
  • 羽廣敦也,丹野誠志,佐藤龍,吉田英敏,上野敦盛,及川央人,北川隆,佐藤信司.6年間経過観察中の壁在結節を有する分枝型IPMNの1例.日本消化器病学会地方会(札幌)2010年6月6日.

論文(原著・総説・教育・解説)(2010年度以降を掲載)

  • 丹野誠志.「膵嚢胞性病変がある膵臓は膵癌ができやすいのですか。経過をみる場合のポイントは?」.もう悩まない!知っておきたい膵疾患診療の手引き 中外医学社2013年(in press).
  • 丹野誠志,羽廣敦也,林明宏,金野陽高,上野敦盛,本村亘.膵癌を合併した分枝型IPMN経過観察例からみた膵癌早期発見の問題点(in press).
  • Maguchi H, Tanno S. Natural history and malignant transformation of branch duct IPMN of the pancreas. 2013 (in press).
  • 丹野誠志,羽廣敦也,林明宏,金野陽高,上野敦盛,本村亘.定期検査中に通常型膵癌を合併したIPMN症例から考えられる膵癌早期診断法.消化器内科 2013 (in press).
  • 丹野誠志.第107回医師国家試験問題解説書.医学評論社 2013.
  • 丹野誠志,羽廣敦也,林明宏,金野陽高,上野敦盛,本村亘,河本徹,後藤琢磨,小泉一也.IPMN観察例からの膵癌早期発見.特集:胆膵癌の早期診断の進歩を学ぶ.肝胆膵 66: 293-298, 2013.
  • Tanno S. Clinical features of synchronous and metachronous PDAC in patients with branch duct IPMN. Pancreas 41: 1162-1163, 2012.
  • 丹野誠志,羽廣敦也,林明宏,金野陽高,上野敦盛,本村亘,三好茂樹,河本徹,後藤琢磨,小泉一也.IPMN悪性化と通常型膵癌合併の2大リスクからみた分枝型IPMNの治療方針.胆と膵 33: 1205-1208, 2012.
  • 丹野誠志,真口宏介,小山内学,小泉一也,久居弘幸,河上洋,林毅,宮川宏之,平野聡,由崎直人,高橋稔,松本学也,佐々木茂,佐野秀一,蒲池浩文,木村康利,向谷充宏.IPMN症例における膵管癌の危険因子~北海道多施設調査1181例の検討.消化器内科 55: 86-90, 2012.
  • Muto M, Sato R, Fujiya M, Tanaka K, Serikawa S, Hayashi A, Konno Y, Sakamoto J, Nishikawa T, Oikawa K, Ueno N, Ikuta K, Mizukami Y, Tanno S, Watari J, Kohgo Y. Pseudo-diverticular formation due to a cytomegalovirus infection in the colorectum. Dig Endosc. 24:193, 2012.
  • Kimura W, Moriya T, Hirai I, Hanada K, Abe H, Yanagisawa A, Fukushima N, Ohike N, Shimizu M, Hatori T, Fujita N, Maguchi H, Shimizu Y, Yamao K, Sasaki T, Naito Y, Tanno S, Tobita K, Tanaka M. Multi-center study of serous cystic neoplasm of the Japan Pancreas Society. Pancreas 41: 380-387, 2012.
  • 真口宏介,丹野誠志,水野伸匡,花田敬士,小林剛,羽鳥隆,貞苅良彦,山口武人,飛田浩輔,土井隆一郎,柳澤昭夫,田中雅夫.分枝型IPMNの自然史―日本における多施設共同研究.膵臓 27: 167-174, 2012.
  • 山雄健次,柳澤昭夫,高橋邦幸,木村理,土井隆一郎,福島敬宜,大池信之,清水道生,羽鳥隆,信川文誠,一二三倫郎,小林祐次,飛田浩輔,丹野誠志,杉山政則,宮坂義浩,中郡聡夫,山口武人,花田敬士,阿部秀樹,多田稔,藤田直孝,田中雅夫.卵巣様間質を伴うMCNの臨床病理学的特徴と予後-日本膵臓学会多施設共同研究から-.膵臓 27: 9-16, 2012.
  • 丹野誠志.第106回医師国家試験問題解説書.医学評論社 2012.
  • 佐藤龍,丹野誠志,他.大腸腫瘍・非腫瘍鑑別能の比較-光デジタル内視鏡の有用性と問題点を中心に.INTESTINE 16: 83-86, 2012.
  • Yamao K, Yanagisawa A, Takahashi K, Kimura W, Doi R, Fukushima N, Ohike N, Shimizu M, Hatori T, Nobukawa B, Hifumi M, Kobayashi Y, Tobita K, Tanno S, Sugiyama M, Miyasaka Y, Nakagori T, Yamaguchi T, Hanada K, Abe H, Tada M, Fujita N, Tanaka M. Clinicopathological features and prognosis of mucinous cystic neoplasm with ovarian type stroma: a multi-institutional study of the Japan Pancreas Society. Pancreas 40: 67-71, 2011.
  • Osanai M, Maguchi H, Takahashi K, Katanuma A, Yane K, Kaneko M, Hashigo S, Katoh S, Harada R, Katoh R, Tanno S. Safety and long-term outcomes of endoscopic papillary balloon dilation in children with bile duct stones. Gastrointest Endosc 73: 619-23, 2011.
  • Maguchi H, Tanno S, Mizuno N, Hanada K, Kobayashi G, Hatori T, Sadakari Y, Yamaguchi T, Tobita K, Doi R, Yanagisawa A, Tanaka M. Natural history of branch duct intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas: a multicenter study in Japan. Pancreas 40: 364-370, 2011.
  • Okumura T, Tanno S, Ohhira M, Nozu T. The rate of polymyalgia rheumatica (PMR) and remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema (RS3PE) syndrome in a clinic where primary care physicians are working in Japan. Rheumatol Int. 2011.
  • Karasaki H, Mizukami Y, Tokusashi Y, Koizumi K, Ishizaki A, Imai K, Yoshikawa D, Kino S, Sasajima J, Tanno S, Matsumoto K, Miyokawa N, Kono T, Kohgo Y, Furukawa H. Localization of the most severely dysplastic/invasive lesions and mucin phenotypes in intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Pancreas 40: 588-594, 2011.
  • 丹野誠志.第105回医師国家試験問題解説書.医学評論社 2011.
  • 佐藤龍,林明宏,金野陽高,吉田英敏,上野敦盛,及川央人,羽廣敦也,北川隆,佐藤信司,丹野誠志.寛解導入にアサコール錠が有用であった潰瘍性大腸炎の1例.Prog. Med. 30: 2475-2478, 2010.
  • 丹野誠志.第104回医師国家試験問題解説書.医学評論社 2010.
  • 丹野誠志.IPMN/MCN国際診療ガイドラインの有用性と問題点.肝胆膵61: 475-482, 2010.

座長・司会

  • 岸 宗佑. 座長 第118回日本消化器内視鏡学会,札幌,2019.
  • 岸 宗佑. 座長 第18回日本病院総合診療学会学術総会,沖縄,2019.
  • 丹野 誠志. 座長 第49回日本膵臓学会大会, 和歌山,2018.
  • 丹野誠志.一般演題座長.第36回北海道膵臓研究会.札幌.2012年11月10日.
  • 丹野誠志.座長.札幌医療連携勉強会.札幌.2012年6月15日.
  • 丹野誠志.一般演題「胆道2」座長.第110回日本消化器病学会北海道支部例会,札幌,2012年6月2日.
  • 丹野誠志.症例検討会司会.札幌胆膵疾患研究会.札幌,2011年9月12日.
  • 丹野誠志.一般演題ポスター「膵癌4」座長.第42回日本膵臓学会大会,弘前,2011年7月30日.
  • 丹野誠志.症例検討会座長.札幌胆膵疾患研究会特別部会.札幌,2011年7月9日.
  • 丹野誠志.一般演題「膵臓3」座長.第108回日本消化器病学会北海道支部例会,札幌,2011年6月4日.
  • 丹野誠志.シンポジウム「IPMN症例に発生した同時性・異時性膵癌」司会.第34回北海道膵臓研究会,札幌,2010年10月23日.
  • 丹野誠志.一般演題「膵臓2」座長.第106回日本消化器病学会北海道支部例会,札幌,2010年6月6日.

雑誌

全国学会・国際学会(2010年度以降を掲載)

  • 早馬 聡、田中栄一、岸 宗佑、野村友祐、工藤大樹、丹野 誠志
    当科における切除不能膵癌に対するConversion surgeryの検討(一般演題 膵癌治療(conversion surgery))。
    第52回日本膵臓学会大会 東京 2021
  • 三橋 洋介、 岸 宗 佑、越湖 進
    消化器内科領域の入院患者のVTE対策の検討(要望演題 5 「VTEガイドライン」。第41回 日本静脈学会総会 花巻 2021年
  • 早馬 聡、田中栄一、野村友祐、岸 宗佑、工藤大樹、丹野 誠志
    膵頭十二指腸切除後の胆管炎症例についての検討 (一般演題 術後合併症)。第57回日本胆道学会学術集会 東京 2021
    胆道学会学術集会 東京 2021
  • 早馬 聡、田中栄一、三橋洋介、松本 哲、上 奈津子、越湖進
    膵頭部癌に対する膵頭十二指腸切除術における上腸間膜動脈周囲リンパ節全周郭清の意義 (一般演題 膵臓)。第29回JDDW 神戸 2021
  • 高宮城陽栄、三橋洋介、松本 哲、乾野幸子、上 奈津子、早馬 聡、 田中栄一、川崎仁司、越湖 進
    小腸閉塞に対する腹腔鏡下手術の検討。(デジタルポスターセッション外010「小腸(腸閉塞・その他)」)第29回JDDW 神戸 2021年
  • 早馬 聡、三橋洋介、二川憲明、田中栄一 
    Cholangitis and biliary stricture after pancreatoduodenectomy: analysis of the clinicalfeatures and treatment in our hospital.
    第32回日本肝胆膵外科学会学術集会. 東京. 2021
  • 早馬 聡 田中栄一 岸 宗佑 野村友祐 丹野 誠志
    膵癌に対する膵頭十二指腸切除術における上腸間膜動脈周囲リンパ節全周郭清. 第51回日本膵臓学会大会. 神戸. 2021
  • 早馬 聡、田中栄一、三橋洋介、松本 哲、上 奈津子、越湖進
    膵管間接所見から膵切除を施行した症例についての検討. 第75回日本消化器外科学会総会. 和歌山. 2020
  • 三橋 洋介,岸 宗祐,越湖 進.  「当院の入院患者における静脈血栓症の検討」―全診療科で血栓症対策を行うべきである―. 第40回 日本静脈学会 総会 2020年6月19日.
  • 早馬 聡、田中栄一、野村友祐、岸 宗佑、丹野 誠志
    膵癌診断におけるADC mapの有用性についての検討. 第56回日本胆道学会学術集会. 福岡. 2020
  • 早馬 聡、田中 栄一、中山 淳、上奈津子、三橋 洋介、松本 哲、越湖 進
    膵癌診断における拡散強調画像の有用性に関する検討 第120回日本外科学会定期学術集会. 東京. 2020
  • 早馬 聡、三橋洋介、松本 哲、上 奈津子、田中栄一、野村友祐 、岸 宗佑、丹野 誠志、越湖進
    急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下手術における困難性を予測する因子の抽出
    第106回日本消化器病学会総会. 広島. 2020
  • 早馬 聡 田中栄一 三橋洋介 松本 哲 上 奈津子 越湖 進 野村友祐 岸 宗佑 二川憲明 丹野誠志 越湖 進
    胆石性胆嚢炎を安全に治療するために~手術困難例の予測と術中対応 (シンポジウム)
    第126 本消化器病学会北海道支部例会. 札幌. 2020
  • 三橋 洋介,越湖 進,松本 哲,早馬 聡,上 奈津子, 田中 栄一. 「担癌状態で高齢者の両下肢深部静脈血栓症に対して周術期に一時的下大静脈フィルターを使用した一例」. 第39回 日本静脈学会 総会 2019年7月5日.
  • Yosuke Mitsuhashi,Eiichi Tanaka,Satoru Matsumoto,Satoshi Hayama,Natsuko Ue,Susumu Koshino. 「Safety and efficacy of venous thromboembolism measures for hepatico-bilio-pancreatic surgery at our hospital 」. 第31回 日本肝胆膵外科学会 総会 2019年6月13日.
  • 三橋 洋介,田中 栄一,早馬 聡,上 奈津子,松本 哲. 「小腸穿孔による急性腹症に対しては審査的腹腔鏡が有用である」. 第32回 日本内視鏡外科学会 総会 2019年1月5日.
  • 早馬 聡、田中栄一、三橋洋介、松本 哲、上 奈津子、越湖進
    膵頭十二指腸切除術における左側からの上腸間膜動脈周囲リンパ節郭清の手技と成績.
    第27回JDDW (消化器外科学会). 神戸. 2019
  • 早馬 聡、三橋洋介、松本 哲、上 奈津子、田中栄一、越湖進
    当科における嵌頓を伴う鼠径部ヘルニアに対する手術の検討. 第74回日本消化器外科学会総会. 東京. 2019
  • 早馬 聡 田中栄一 岸 宗佑 野村友祐 丹野 誠志
    切除不能膵癌に対するConversion surgeryの検討. 第14回膵癌術前治療研究会. 札幌. 2019
  • 早馬 聡、田中栄一、野村友祐、岸 宗佑、丹野 誠志
    当院における膵頭十二指腸切除後の胆管炎症例についての検討. 第55回日本胆道学会学術集会. 名古屋. 2019
  • 早馬 聡、山本 浩、三橋洋介、上 奈津子、松本 哲、田中栄一、越湖 進、丹野誠志
    放射線誘発直腸癌の1例. 第125回 日本消化器病学会北海道支部例会. 札幌. 2019
  • 早馬 聡、三橋洋介、松本 哲、上 奈津子、田中栄一、越湖進
    当科における嵌頓を伴う鼠径部ヘルニアに対する手術の検討. 第74回日本消化器外科学会総会. 東京. 2019
  • 早馬 聡 田中栄一 岸 宗佑 野村友祐 丹野 誠志
    当科における切除不能膵癌に対するConversion surgeryの検討. 第50回日本膵臓学会大会. 東京. 2019
  • 早馬 聡 三橋洋介 田中栄一 
    Surgical resection of peribiliary cysts difficult to distinguish from intrahepatic cholangiocarcinoma: report of a case. 第31回日本肝胆膵外科学会学術集会. 高松. 2019
  • 早馬 聡 田中栄一 中山 淳 上 奈津子 三橋洋介 松本 哲 野村友祐 岸 宗佑 丹野誠志 越湖 進膵癌診断におけるADC mapの有用性についての検討. 第119回日本外科学会定期学術集会. 大阪. 2019
  • 早馬 聡 田中栄一 三橋洋介 松本 哲 上 奈津子 越湖 進 岸 宗佑 野村友祐 二川憲明 中山 淳 丹野誠志
    膵癌診断におけるADC mapの有用性についての検討. 第124回日本消化器病学会北海道支部例会. 札幌. 2019
  • 早馬 聡:
    当院における壊疸性胆嚢炎症例の検討.第54回日本胆道学会学術集会.千葉.2018
  • 田中 栄一:
    肝門部領域の良性胆道作況の診断治療の問題点.第54回日本胆道学会学術集会.千葉.2018
  • 早馬 聡:
    膵癌加療中に発症した腸管嚢胞状気腫症の一例.HOPES2018.札幌.2018
  • 早馬 聡:
    急性胆嚢炎における腹腔鏡下手術に困難性を及ぼす因子についての検討.第73回日本消化器外科学会総会.鹿児島.2018
  • 田中 栄一:
    膵頭部領域癌に対する膵頭十二指腸切除における上腸間膜動脈左側からの神経叢の見極めと外科的剥離面確保.第73回日本消化器外科学会総会.鹿児島.2018
  • 早馬 聡:
    小型膵癌における術前ADCmapの有用性が示されたpT1a膵癌の一例.第49回日本膵臓学会大会.和歌山.2018
  • 田中 栄一:
    MCNに対する腹腔鏡下膵切除手術.第49回日本膵臓学会大会.和歌山.2018
  • 上 奈津子:
    腹腔鏡下に整復したS状結腸間膜窩ヘルニアの2例.第16回日本ヘルニア学会学術集会.札幌.2018
  • 三橋 洋介:
    エドキサバンによる治療中に血栓症を再発し、トルーソー症候群と判断した一例.第38回日本静脈学会総会.横浜.2018
  • 早馬 聡:
    Analysis of the outcome for pancreatic cancer therapy in our institution.第30回日本肝胆膵外科学会学術集会.横浜.2018
  • 田中 栄一:
    Anatomically standardized dissection around superior mesenteric artery during pancreatoduodenectomy for panbreas adenocarcinoma 第30回日本肝胆膵外科学会学術集会.横浜.2018
  • 越湖 進:
    腹腔内巨大奇形腫を合併した局所進行乳癌の治療経験.第26回日本乳癌学会学術総会.京都.2018
  • 岸 宗佑,越湖 進,檜垣長斗,岸 真理子:
    乳腺アポクリン癌の1例.第24回日本乳癌学会,東京,2016
  • 越湖 進,檜垣長斗,岸 宗佑,岸 真理子:
    トモシンセシスを用いた乳がん検診の立ち上げと開始時の問題点.第24回日本乳癌学会,東京,2016
  • 三橋洋介,鈴木 温,蔵前太郎,渡会博志:
    腸重積にて発症した高齢者の虫垂粘液嚢胞腺腫の1例.第77回日本臨床外科学会総会,福岡,2015

地方会

  • 早馬 聡、二川憲昭、三橋洋介、松本 哲、乾野 幸子、上 奈津子、田中栄一、野村友祐、岸 宗佑、工藤大樹、丹野 誠志、越湖進
    胆嚢管癌との鑑別が困難であったIgG4関連性胆管炎の1例 (一般演題 胆2)。第129回日本消化器病学会北海道支部例会、2021 札幌
  • 松本 哲:
    HLA class I and Ⅱ neoepitopes presented by colorectal cancer tissues.札医大サマーセミナー.夕張.2018
  • 上 奈津子,田中栄一,早馬 聡,渡会博志,三橋洋介,越湖 進:
    急性胆嚢炎に合併した胆嚢Mucosa Associated Lymphoid Tissue(MALT)リンパ腫の1例.第106回北海道外科学会,札幌,2017
  • 三橋洋介,越湖 進,上 奈津子,早馬 聡,渡会博志・三橋洋介,越湖 進,渡会博志,田中栄一,他:
    高齢者の消化器緊急手術中に発症したたこつぼ型心筋症の1例.第106回北海道外科学会,札幌,2017
  • 三橋洋介,越湖 進,渡会博志,上 奈津子:
    S状結腸間膜裂孔ヘルニアの 1例.第110回日本臨床外科学会北海道支部例会,札幌,2016
  • 上 奈津子,渡会博志,三橋洋介,越湖 進:
    腹腔鏡下切除術を施行し術後診断された腸管子宮内膜症の1例.第105回北海道外科学会,札幌,2016
  • 三橋洋介,越湖 進,渡会博志,上 奈津子:
    Spigelヘルニア陥頓による大腸穿孔の1例.第105回北海道外科学会,札幌,2016
  • 鈴木 温,蔵前太郎,三橋洋介,渡会博志,越湖 進:
    小腸イレウスに対する待機的な腹腔鏡手術の完遂症例の検討.第109回日本臨床外科学会北海道支部例会,札幌,2016
  • 三橋洋介,鈴木 温,渡会博志,蔵前太郎:
    原因不明の腹水に対し審査腹腔鏡で腹膜悪性中皮腫と診断しえた1例.第109回日本臨床外科学会北海道支部例会,札幌,2016
  • 鈴木 温,蔵前太郎,三橋洋介,渡会博志,越湖 進:
    高齢者直腸癌術後にみられた傍ストマヘルニアに対して腹腔鏡下修復術を施行した1例.第22回北海道内視鏡外科研究会,札幌,2016
  • 鈴木 温,蔵前太郎,三橋洋介,渡会博志,越湖 進:
    小腸の腸閉塞症に対する待機的腹腔鏡手術の完遂症例の検討.第22回北海道内視鏡外科研究会,札幌,2016
  • 蔵前太郎,鈴木 温,渡会博志,三橋洋介:
    von Recklinghausen病に合併した小腸GISTの1例.第104 回北海道外科学会,札幌,2016
  • 三橋洋介,鈴木 温,渡会博志,蔵前太郎:
    虫垂粘液嚢胞腺腫による高齢者腸重積の1例.第103回北海道外科学会,札幌,2015
  • 三橋洋介,鈴木 温,渡会博志,蔵前太郎:
    結腸憩室炎によるS状結腸膀胱瘻に腹腔鏡手術を行った1例.第21回北海道内視鏡外科研究会,札幌,2015

講演・講師

  • 松本 哲. 「内視鏡外科医の仕事術」-成長の軌跡-. 第14回 あきた手術手技セミナー,2021年3月5日.
  • 三橋洋介. イグザレルトwebカンファレンス. 2019年12月23日.
  • 三橋 洋介. 特別講演:札幌市立病院 内科 中村路夫先生. 西区・手稲区CAT講演会. 2019年8月28日.

座長・司会

  • 川﨑 仁司(イムス札幌消化器中央総合病院 外科)、中村 哲(北播磨総合医療センター 外科/先端医療センター):ポスター 58 術後合併症 / その他、第94回日本胃癌学会総会、パシフィコ横浜、2022年3月2日(水)~3月4日(金)
  • 川﨑 仁司:ポスター 7 栄養・サルコペニア 1。第75回日本食道学会学術集会、東京、2021
  • 田中栄一:座長 第30回日本肝胆膵外科学会学術集会. 横浜,2018
  • 田中栄一:司会 第6回腹腔鏡下胆道手術手技研究会.仙台,2017
  • 鈴木 温:司会. ワークショップ
    第7回 肝胆膵内視鏡下手術勉強会,富士宮 2013
  • 鈴木 温:座長.一般口演「腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術」
    第3回 膵臓内視鏡外科研究会,仙台 2011

論文

  • Satoshi Hayama, Miri Fujita, Naoto Senmaru and Satoshi Hirano.
    Cholecystectomy for Acute Cholecystitis within 10 Days of Onset, with Arguments based on Histopathological Findings.
    World Journal of Surgery and Surgical Research. 2021;4:1320
  • S. Hayama, N. Senmaru & S. Hirano.
    Delayed gastric emptying after pancreatoduodenectomy: comparison between invaginated pancreatogastrostomy and
    pancreatojejunostomy. BMC Surgery. 2020 Apr 3;20(1):60.
  • 早馬 聡, 田中 栄一, 野村 友祐, 岸 宗佑, 丹野 誠志, 平野 聡 急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術における手術困難性についての検討. 胆道. 2019; 33 (4)
  • 三橋 洋介,越湖 進,上 奈津子,松本 哲,早馬 聡,田中 栄一. 「繰り返す胃軸捻転症に対し腹腔鏡下胃固定術を施行した1例」. 外科2018;80(12).
  • Hayama S, Ohtaka K, Shoji Y, Ichimura T, Fujita M, Senmaru N, Hirano S.
    Risk Factors for Difficult Laparoscopic Cholecystectomy in Acute Cholecystitis. JSLS. 2016 Oct-Dec;20(4).
  • 三橋洋介,鈴木 温,渡会博志,蔵前太郎:
    小腸造影とCT多段面再構成(MPR)の同時施行が術前診断に有用であったS状結腸間膜窩ヘルニアの1例.外科2016;61(6)

全国学会

  • 横尾彰文:外来において耐性大腸菌が分離された尿路感染症の臨床的検討
    第62回 日本化学療法学会 東日本総会、札幌、10/22,2015
  • 横尾彰文:高齢者尿路結石症に対するTUL/f-TULの臨床的検討
    第80回 日本泌尿器科学会 東部総会、東京、9/27,2015
  • 横尾彰文:当院におけるESBL産生菌尿路感染症の臨床的検討
    第63回 日本化学療法学会総会、東京、6/5,2015
  • 横尾彰文:80歳以上の高齢者に対するTUL/f-TULの臨床的検討
    第103回 日本泌尿器科学会総会、金沢、4/16,2015
  • 横尾彰文:限局性前立腺癌に対するimplant markerを用いたIMRTの検討
    第100回 日本泌尿器科学会総会、横浜、4/22,2012

地方会

  • 横尾彰文:限局性前立腺癌に対するIMRTの臨床的検討
    第379回 日本泌尿器科学会北海道地方会、札幌、2010

全国学会

  • 木村 渚. 当院における静脈決戦予防対策による医療関連機器圧迫損傷(MDRUP)の現状と対策 -看護師を中心としたチーム医療を活用したシステム作り-. 第40回 日本静脈学会総会 On the Web,2020年9月17日-31日.
  • 小澤 由佳. 応援機能を活用した教育の成果. 固定チームナーシング全国研究集会,2019年10月6日.
  • 高橋 明日香. 説明パンフレットを用いた患者参加型の静脈血栓塞栓症予防対策. 第39回日本静脈学会総会,2019年7月5日.
  • 小澤 由佳. 当院における静脈血栓塞栓症の現状とワーキンググループ活動について -当院でのVTEリスク評価票の作成と導入にむけた取り組みと課題-. 第38回 日本静脈学会総会, 2018年6月15日.
  • 鈴木 さつき. 環境整備の改善に向けた、ヒト・モノ・システムへの総合的アプローチ. 第7回 日本感染管理ネットワーク学会 学術集会, 2018年5月25日.
  • 鈴木 さつき. 短期間に二度のインフルエンザアウトブレイクを経験して -ピンチから得た数々の課題-. 第33回 日本環境感染学会総会,2018年2月23日.

地方会

  • 小林 美香. 退院に向けての薬剤師との連携-化学療法患者の事例を通して-. 第10回 固定チームナーシング研究会,2019年9月28日.
  • 大村 亜沙美. 固定チームナーシングにおける師長・主任のリーダーシップの重要性. 第10回 固定チームナーシング研究会,2019年9月28日.
  • 佐藤 佳美. 小集団で取り込んだ成果 -大腸内視鏡説明用紙の見直し-. 固定チームナーシング北海道地方会, 2018年9月29日.
  • 小澤 由佳. 応援機能を活用した教育の成果. 固定チームナーシング北海道地方会,2018年9月29日.
  • 木村 早苗. 外来における固定チームナーシングの導入がもたらした効果. 固定チームナーシング北海道地方会,2017年10月28日.

全国学会

  • 山田徹,長野拓斗,畑澤健斗,鈴木晴大,西田健介,山本裕也,浅井勇輔,秋田谷徹,佐々木紀子,櫻井典之,種畑昌明:Diacom2006導入後の当院における透析業務の変化とその有用性について.
    第57回 日本透析医学会,札幌,2012
  • 山本裕也,山田徹,浅井勇輔,秋田谷徹,佐々木紀子,種畑昌明:マイホームピコの注入時にモニター上ノイズが発生した一例.
    第56回 日本透析医学会,横浜,2011
  • 浅井勇輔,秋田谷徹,佐々木紀子,種畑昌明:当院におけるカーボスターの使用経験.
    第53回 日本透析医学会,神戸,2008
  • 浅井勇輔,秋田谷徹,佐々木紀子,種畑昌明:APS-SAの膜比較性能評価.
    第51回 日本透析医学会,横浜,2006
  • 秋田谷徹,浅井勇輔,佐々木紀子,種畑昌明:慢性透析患者においてギランバレー症候群を発症した1例.
    第51回 日本透析医学会,横浜,2006
  • 秋田谷徹,種畑昌明:維持透析症例におけるADLと生存率の関係.
    第49回 日本透析医学会,神戸,2004
  • 秋田谷徹,種畑昌明:慢性維持透析患者の高リン血症にコレバインは有効か.
    第48回 日本透析医学会,大阪,2003

地方学会

  • 畑澤健斗,吉川大暉,清水麻衣子,渡邊亜雅沙,長野拓斗,鈴木晴大,西田健介,山田徹,浅井勇輔,秋田谷徹,櫻井 典之,種畑 昌明:プロ社製患者監視装置NCV-2による熱カプラの有用性.
    第81回 北海道透析療法学会,札幌,2012
  • 秋田谷 徹,種畑 昌明:維持透析患者に対するEasy wallstentの成績.
    第65回 北海道透析療法学会,札幌,2003

地方会

  • 中村知毅:心臓リハビリテーションにおける実施頻度による効果の違いと外来リハ頻度の検討.
    第61回 北海道理学療法士学術大会,札幌,2008
  • 佐々木誠:心臓リハビリテーションにおける開始時のMETsの違いが心臓リハビリテーション効果に及ぼす影響.
    第61回 北海道理学療法士学術大会,札幌,2008
  • 佐々木誠:冬期における心臓リハビリテーションの効果.
    第5回 北海道心臓リハビリテーション研修会,札幌,2009
  • 和田真理子:高齢者心臓リハビリテーションにおける長期的試み.
    第61回 北海道理学療法士学術大会,札幌,2010
  • 和田真理子:喫煙歴が与える心臓リハビリテーションの運動効果の違い.
    第6回 北海道心臓リハビリテーション研修会,札幌,2010 
  • 和田真理子:LVEFと運動強度の関係性について.
    第62回 北海道理学療法士学術大会,函館,2011
  • 河内一将:心臓リハビリテーションにおける開始時のMetsの違いが心臓リハビリテーション効果に及ぼす影響.
    第7回 北海道心臓リハビリテーション研修会,札幌,2011 
  • 佐々木誠:狭心症の心臓リハビリテーション左室駆出率と運動強度の関係.
    第8回 北海道心臓リハビリテーション研修会,札幌,2012 

座長

  • 佐々木誠:座長 一般演題「生活支援.
    第61回 北海道理学療法士学術大会,札幌,2010.

全国学会

  • 中村将太朗. 当院の急性肺血栓塞栓症対策における薬剤部の役割. 第41回日本静脈学会総会, 岩手, 2021.

地方会

  • 皆上翔太郎. 性・年齢・勤務状況の違いによる新型コロナワクチンの副反応発現に関する検討. 第26回札幌病院薬剤師会会員発表会, 札幌, 2021.

講演会

  • 大久保利成. 不眠症診療の院内マネジメントー転倒・転落リスクマネジメントの視点も含めてー. 多職種ONE TEAM FORUM in 北海道, 札幌, 2021.
  • 大久保利成. 介護老人保健施設における医薬品安全管理の必要性と実際. 第2回高齢者薬物療法に従事する薬剤師のための研修会, 東京, 2022.

座長

  • 大久保利成. 座長 第11回日本臨床腫瘍薬学会,仙台,2022.