IMSグループ医療法人財団 明理会 春日部中央総合病院 (厚生労働省臨床研修指定病院・日本医療機能評価機構認定病院)

お電話でのお問い合わせ (24時間365日対応) 048-736-1221

診療科のご案内麻酔科

診療活動

患者さまが安心して手術を受けられる環境を作る、これが麻酔科の仕事です。この仕事は、大きく3種類に分けられます。

  1. 患者さまが「痛くない」「怖くない」状態で手術が受けられるようにする。同時に「患者さまが動かない」状態を作り出し、外科医が安全確実な操作をできるようにする。
  2. 「手術自体が患者さまの体にかける負担」を少なくするよう努めて命を守る。たとえば、手術中の「出血」に対する治療や、心臓に御病気をお持ちの患者さまが手術を受ける際、心臓にかかる負担を減らし、危険な状態になった時には心臓を治療することなsどが例になります。
  3. 麻酔は前述のとおり「手術を安全に行うためには不可欠な医療行為」ですが、「麻酔に用いる薬品」や「麻酔の手技」自体が、ひとつ間違うと生命にかかわるような危険性を持っています。麻酔科は、手術室内での人為的ミスを減らし、あらゆる手術で麻酔が「正しく確実に」行われるよう、麻酔技術に精通した医師の確保や、麻酔の指導に努めます。

スタッフ

麻酔科 医師 佐々木 信嘉(ささき のぶよし)

  • (H2 東京慈恵会医科大学卒)
  • 日本麻酔科学会 麻酔科専門医
  • 日本麻酔科学会 麻酔科標榜医
お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応)
048-736-1221