研修医の一日

研修医は、日々、どんな生活を送っているのでしょうか。板橋中央総合病院での初期臨床研修2年目、ローテーションで内科に勤務中の医師の一日を追ってみました。

  • 7:40 出勤・救急外来のカルテ・チェック
    出勤したら真っ先に、前夜の救急外来の状況を電子カルテで閲覧します。内科に入院した患者さんの病状等を確認し、このあとのカンファレンスや診療に備えます。
  • 8:15 カンファレンス
    内科所属の医師が集まり、入院中の患者さんの治療方針を確認しあったり、救急外来の患者さんの担当を決めたりします。われわれ研修医も、先輩とともに多いときは10人近い患者さんを担当します。
  • 9:00 新しい患者さんの回診
    指導医とともに新しく入院された患者さんのもとにうかがって、病状をお聞きしたり、今後の治療方針を説明したりします。
  • 11:00 担当している患者さんの回診
    以前から入院されている患者さんの回診です。指導医が検査に入っていたりして、一人でまわることも多いです。
  • 13:00 造影検査・手技に立ち会い
    指導医や先輩医師の検査などに立ち会って、技術・ノウハウを学びます。指示を受け、私がその検査や手技を行うこともあります。
  • 17:00 チームカンファレンス・症例カンファレンス
    3~4名の医師が集まって、われわれ研修医が担当する患者さんに関するカンファレンスを行います。症例カンファレンスもあり、過去の症例から、鑑別・検査オーダー・治療方針の策定などの訓練を行っています。
  • 19:00 デスクワーク・勉強
    現場が一段落すると、事務作業が待っています。この時間は、落ち着いて調べ物をしたり、勉強したりということができる貴重なひとときでもあります。
  • 21:00 帰宅
    あっという間の一日です。抄読会の担当になったり、分科会での症例発表の準備があったりするときは、帰宅はもっと遅くなります。当然、患者さんの病状にも左右され、重症な方を担当しているときは日付が変わることも少なくありません。
  • IMSグループ医師募集病院
  • IMSグループ訪問看護ステーション
  • IMSグループ看護部
  • IMSグループについて
  • IMS総合サービスセンター
  • 臨床研修医採用情報
Copyright © IMS MEDICAL SYSTEM. All rights reserved.