ごあいさつ

理事長ごあいさつ Message

IMSグループ 理事長
中村 哲也
熱意と向上心をもち、患者さまの喜ぶ医療をともに実践していきましょう。

 社会環境の変化に伴い、医療業界全体に変革と成長が求められています。IMSグループも例外なく、厚生労働省の定めるB3シナリオ等に基づき、求められる医療や介護の実践を、日々、思案しております。また、質の高い医療を提供するため、最新医療機器の導入、グループ病院の新築移転による医療機能の向上など、ハード面の投資と充実も実施しております。
 しかし、実際に患者さまに最適な医療を提供するのは、医療機器でも建物でもなく、医師という“人”だということを忘れてはなりません。
 そこで、われわれは「医師人事部」という部署を設け、グループ施設にて最適な医療の提供ができるよう、入職を検討される医師とグループ施設との懸け橋として、また、グループ医師の相談役としての重要なポジションを任せています。そして、グループの基本理念である「愛し愛されるIMS」を実践するため、研修医教育、各種支援制度、医師から医師への技術教育、診療科別のグループ内研修をはじめとした「医師の教育・支援」にも力を注いでいます。
 医療に真摯に向き合い、患者さまと同じ目線で医療に取り組む医師を私たちは求めています。熱意と向上心をもち、ともに地域医療を支え、患者さまの喜ぶ医療を実践していきましょう!

院長ごあいさつ Message

板橋中央総合病院 院長
新見 能成
新たな自己実現をめざすみなさまに、広く活躍の場をご用意しています。

 私たちIMSグループのルーツは、昭和31年に板橋の地で開業したクリニックです。たった5床のクリニックが58年の歳月を経て、病床総数12,232床、職員数17,500人の巨大なIMSグループに発展いたしました。現在は、急性期病院からリハビリ病院、専門病院、慢性期病院、クリニックとあらゆる形態の医療施設を運営しております。
 このめざましい成長を可能にしたのは、故会長、現理事長を中心として、グループに代々受け継がれてきた信条にあります。まずは、職員を家族と考え、温かく、細やかに気を配ること、次に地域のニーズを知り、それに応えられる医療を展開すること、第三に、健全経営が行われるよう知恵を絞り、汗を流すことです。IMSグループの成長は、私たちの3つの信条が社会にしっかりと受け入れられたことを示す指標ともいえるのです。
 いま、IMSグループは、新たな自己実現をめざす医師のみなさまに、広く活躍の場を用意しております。あらゆる診療科、勤務形態での職場を提供できること、就職後もグループ内での職場変更が可能なこと、情報やマンパワー、教育、医療資源を共有できることなどスケールメリットは多大です。みなさまの入職を心よりお待ちしております。

  • IMSグループ医師募集病院
  • IMSグループ訪問看護ステーション
  • IMSグループ看護部
  • IMSグループについて
  • IMS総合サービスセンター
  • 臨床研修医採用情報
Copyright © IMS MEDICAL SYSTEM. All rights reserved.