研修医体験談

研修医の先輩たちに、IMSグループでの初期臨床研修の経験談や、医師としての夢などを聞いてみました。

板橋中央総合病院 K.A
見学に来たとき、研修医の先輩の仕事ぶりに驚きました
大学の先輩に「板橋中央総合病院はいい病院だよ」と聞いたのが、当院を選んだきっかけです。見学に来たとき、救急外来の当直を見せてもらったのですが、研修医の先生の仕事ぶりを見て「ここまでできるようになるんだ!」と素直に驚きました。それで、もともと初期研修では救急医療を中心に学びたいと思っていたので、きっと充実した研修が行えると確信したんです。実際、当院の救急搬送件数は年間7,000~8,000件もあるので、ERでは非常に多くの症例を経験していますね。看護師やコメディカルの方々も、私たち研修医に対して、なんでも惜しむことなく教えてくれます。コミュニケーションもとりやすく、いつもほんとうに助けられています。
春日部中央総合病院 Y.F
2年目の選択科目では、グループ内の専門病院に行く予定です
IMSグループの初期臨床研修の特長の一つが、2年目の選択科目のローテーションのときにグループ内外の病院で研修が受けられることです。私も外科系に進みたいと思っていますので、このあとはグループ内の泌尿器科の専門病院に行かせていただく予定です。また、当グループには学閥がありませんので、出身地や出身大学に偏りがありません。全国からさまざまな医師が集まってきますので、それもよい刺激になっていますね。研修を通しては、他の基幹病院臨床研修病院の研修医との交流も図れますし、ここで初期研修を終えた先輩、いま、後期研修を行っている先輩もまわりにたくさんいらっしゃるので、相談相手にはすごく恵まれています。
横浜旭中央総合病院 T.K
将来は、地元の地域医療に貢献することが医師としての私の夢です
すべてが叶えられるとはいいませんが、やる気があって希望すれば、研修医でも様々な経験をさせてもらえるのが当グループの初期臨床研修の魅力ですね。私も外科で簡単な手術をさせてもらったり、各診療科でいろいろな手技を行わせてもらったりしています。現在、研修は2年目に入っているのですが、このあとの進路として2~3の診療科を考えています。どの診療科に進んだとしても、将来は地元に帰り、地元の地域医療機関に貢献するのが夢です。ですから、若い間は東京やその周辺で少しでも多くの症例を経験したいですね。また、IMSグループの地域医療への取り組みの姿勢も私にとっては非常に勉強になります。
  • IMSグループ医師募集病院
  • IMSグループ訪問看護ステーション
  • IMSグループ看護部
  • IMSグループについて
  • IMS総合サービスセンター
  • 臨床研修医採用情報
Copyright © IMS MEDICAL SYSTEM. All rights reserved.