採用情報

瀬川 光汰(せがわ こうた)理学療法士

瀬川 光汰

プロフィール

理学療法士

瀬川光汰

入職:2015年

  • 施設見学・エントリーはこちら
  • 採用情報はこちら

高齢者の方との会話も仕事の楽しみのひとつ

 小学校から高校までサッカーを続けていました。その影響で、スポーツを支える仕事に就きたいと考えたのが、現在の仕事を選んだきっかけです。スポーツを支える仕事には、インストラクターや柔道整復師など様々ありますが、「安定している」と親に勧められたこともあり、最終的に理学療法士の学校に進学しました。
現在の職場は、総合病院のため診療科が多く、色々な疾患が見られることや、急性期、回復期、維持期、そして訪問のリハビリテーションも行っていて幅が広かったことなど、成長できる環境が揃っていたことが選択した理由です。また、院内を見学させていただいたら、明るくてリハビリ室も広く、とても印象が良かったことも後押しになりました。自宅からも自転車で通えるアクセスの良さもあり、総合的にここしかない!と。
 現在は、整形外科の疾患の方を主に担当しています。肩の可動域を広げたり、歩けない方をサポートしたりするなど、自宅に帰れるようになるまで心身ともにキュアとケアするのが自分の役割。普段は高齢の方と話す機会が多いのですが、いろいろなことをご存じなので、治療の合間に会話をするのも仕事の楽しみのひとつです。

瀬川 光汰

同期と飲み会、先輩と旅行など仲の良い職場

 まだ一年目なので、なるべく空いた時間には本を読むようにして、勉強会などにも参加し学ぶ機会をつくっていますが、自分が行った治療でどうしても結果が出ない時があります。その時は、やはり経験豊かな先輩になるべく質問するようにしています。聞きたいことをいつでも質問できる環境が整っているのはありがたいことですね。
 先輩には仕事で大変お世話になっていますが、プライベートでも仲良くしていただいています。ウィンタースポーツなど、職場の方と一緒に旅行に行くことも。同期も多いので、定期的に飲みに行っています。
 また、IMSのグループ勉強会も定期的に開催されており、別の病院の方とコミュニケーションを図れるところは、グループならではの魅力ですね。

患者様の変化を見るのが喜びであり、やりがい

 理学療法士の仕事は、患者様に触れ、生活にまで関わるところにやりがいがあると感じています。患者様の心身の変化を感じた時の喜び、そして治療できた時の達成感。退院が近づくと、患者様の表情がとても明るくなるんです。その瞬間に立ち会えた時は、心から「良かった」と思いますね。
 それだけに、うまく治療できない時はとても悩みます。入院したばかりの患者様は不安ばかりでストレスフルな状態。少しでも治療技術を向上するために、普段からなるべく表情を見るなどして、患者様の心身の変化やサインを見逃さないように心がけています。
 目指しているのは、どんな方が来ても心身ともに治すことができるセラピスト。治せない人をつくりたくない。自分ができる精一杯の治療を行って、ひとりでも多くの人を笑顔にするのが目標です。

瀬川 光汰

その他の記事を読む

  • この記事を読む
  • この記事を読む
  • この記事を読む
  • この記事を読む

ページトップへ