IMSグループ医療法人財団 明理会 春日部中央総合病院 (厚生労働省臨床研修指定病院・日本医療機能評価機構認定病院)

お電話でのお問い合わせ (24時間365日対応) 048-736-1221

事務職インタビュー 〜部署、働く環境〜

事務職

事務長

事務長に部署のことを聞きました!

春日部中央総合病院の特長や魅力を教えてください

当院の患者さまの多くは、春日部市内に住んでいる、地域の方々です。そこで、地域密着型の急性期病院として、患者さまに必要な医療を提供しています。急性期病院ではありますが、障害者病棟・療養病棟など、慢性期のような時間をかけて行なう医療体制もあるので、入院から退院まではもちろん、帰宅後の在宅ケアも行なっています。

また、一番の特徴は、「当院で治療を終え、自宅にきちんと帰してあげる」だと思います。そのために、最近は訪問診療のサービスを始め、訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所を設立しました。高齢の患者さまや症状によって、通院が難しい患者さまのために、医師が自宅に訪問するという、医療と介護を組み合わせたサービスです。

このような取り組みを通して、より地域の方々に寄り添う病院を目指しています。

事務職の教育について、教えてください

さまざまな診療科のある当院で、幅広い知識と経験を得た人材の育成を行なっています。総合病院では、多種多様な症例を経験することができるので、当院で経験を積むことで、他病院でも活躍するスタッフを育成しています。そうしたスタッフが増えていくことで、グループ全体の飛躍も目指しています。

教育方針や研修について教えてください

IMSグループ自体が「教育・指導をしっかりと行なう」という方針があるので、グループで共通の研修などを行なっています。当院では、独自にマナーについての研修や講習を行なっています。患者さまが来院した際に、最初に接するのが、私たち事務職ですので、マナー講習を行なっている外部の企業と提携し、勉強会や試験に参加することで、個人のスキルアップを図っています。この講習は、新人だけでなく、事務職全員が取り組んでいます。そして、しっかりと知識・スキルを身に着けた職員が、新人さんや後輩に教育・指導することで、それぞれの理解を深めていくような研修を行なっています。

また、当院の事務職について、「何でもできる人材の育成」を目標に掲げています。病院の事務業務では、受付だけでなく、レセプト業務・検診業務など多岐にわたります。一人ひとりが全ての業務を行なうことができれば、少ない人数で業務ができるようになります。また、それぞれにスキルがあることで、誰が休みを取っても、補填できるような環境づくりを目指しています。

「どの病院でも、活躍する人材を育成する」を方針に掲げ、日々、一人ひとりがスキルアップを図っています。

春日部中央総合病院の事務職について、どのような特長や魅力がありますか?

私が初めて当院に来たときは、職員の方々がみんなやさしいという印象を持ちました。当院は、404床という規模ですが、診療科目や職種の壁を越えて、スタッフ全員の連携が取れているうえに、仲が良いのが大きな特長だと思います。チーム医療を行なっていくうえで、雰囲気がよく、お互いにコミュニケーションが取れることは、とても魅力的な職場だと感じています。

ホームページをご覧いただいている方へのメッセージ

私たちは、患者さまを始め、たくさんの人とコミュニケーションを取りながら、日々業務にあたっています。患者さまと医師をつなぐ、医師と他科目のスタッフをつなぐ。当院の事務職は、チーム医療の中でもマネジメントの役割も持っています。だからこそ、コミュニケーション能力のある方や、積極的な自己研鑽や向上心を持っている方が、活躍できる職種だと感じています。

病院の雰囲気は、実際に自分の目や肌で感じてみないとわかりません。ぜひ、HPを見るだけでなく、一度見学に来てください。お待ちしております!

お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応)
048-736-1221