• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

各部署紹介

検査室

検査科紹介

検査科では病気の診断・治療の経過観察をみるために、採取した検体(血液・尿・糞便・喀痰など)を用いて行う検体検査や心電図・超音波・肺機能などの生理機能検査を行っています。
これらの検査は臨床検査技師が担当しています。

検体検査

生化学検査

血液や尿に含まれる化学物質(蛋白質・含窒素成分・電解質・酵素・脂質・糖)を測定しています。
主に肝機能検査・腎機能検査・膵機能検査などがあります。

免疫・血清検査

梅毒や肝炎ウイルス(HBs抗原、HCV抗体)・エイズウイルスなどの感染症に関する検査を行っています。

輸血検査

血液型検査のほか輸血療法を安全に行うための検査(交差適合試験、不規則抗体検査など)や輸血用血液の管理をしています。

血液検査

血液細胞成分(赤血球・白血球・血小板)の数や形態、貧血の度合いなどを測定しています。
凝固因子を測定することにより、止血の機能をみています。

一般検査

尿を用いて腎・尿路系(膀胱・前立腺など)の働きや疾患の検査、便を用いての大腸癌検診や寄生虫検査、精液を用いて不妊治療のための検査などをしています。

生理機能検査

患者さまに接して検査を行う部門です。

心電図、負荷心電図、24時間ホルター心電図、24時間血圧ホルター心電図、心臓・腹部・頚動脈の超音波、肺機能、ABI/PWV(足関節上腕血圧比/脈波伝播速度)など行っております。
※頚動脈の超音波では頸部にある動脈を観察することにより、動脈硬化の程度がわかります。
※腹部超音波検査は肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、脾臓などを観察します。
※ABI/PWV検査は上腕・足首の血圧を測定することにより動脈硬化の程度がわかります。

TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright