• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

各部署紹介

放射線科

放射線科紹介

エックス線を使用して、診療に役立つ身体の画像情報を提供しております。

装置説明

一般撮影装置

胸部、腹部、頸椎、腰椎、手や足の骨などの写真の撮影を行います。

エックス線TV装置

エックス線を照射しTVモニター上で画像を確認しながら撮影を行います。
造影剤を使用する検査が多く、バリウムを使用する胃の検査や、泌尿器・整形の検査にも使用します。また、内視鏡検査における内視鏡位置確認やイレウスチューブの位置確認など様々な検査・処置に使用されます。

CT(コンピュータ断層撮影)装置

エックス線とコンピューターを用いて、頭や体内の横断層(輪切り)画像や3次元画像で観察出来る装置です。高速スキャンにより短時間で広い範囲の撮影ができます。
また血管や病巣をわかりやすくするために、造影剤という薬剤を静脈の中に注入してから検査を行う場合もあります。

一般撮影装置

MRI(核磁気共鳴画像法)装置

X線CTとよく似た画像が得られますが、CTとは異なる物理的性質に着目した撮影法です。医療用MRIは、ほとんどの場合体内の水素原子(1H)の信号を見ています。利点としては、X線などの放射線を使用しないため被ばくがなく、造影剤を使用しなくても血管画像が撮影出来ること。骨で囲まれた部位がCTよりも抽出に優れているなどの特徴があります。よって軟骨や筋肉、靭帯などの軟部組織、腰椎椎間板ヘルニアや靭帯損傷、肉離れ、骨軟部腫瘍など骨以外の運動器の異常の評価に有用です。欠点としては、CTに比べ撮影時間が長いこと。撮影時騒音がすること。体内に診断材料として磁性体が入っている方は検査を受けられない場合があります。特に心臓ペースメーカーのある方は検査を受けられません。

MRI(核磁気共鳴画像法)装置

血管撮影装置

血管撮影装置とは、カテーテルと呼ばれる細い管を動脈や静脈に挿入して、目的とした臓器の血管まで押し進め、造影剤を注入し血管の撮影をします。
主に心臓カテーテル検査に使用しており、この検査に於きましては、冠動脈インターベンションと呼ばれる治療も行っております。狭心症や心筋梗塞などの病気に対して、経皮的冠動脈形成術やステント留置術と呼ばれる治療も行っております。また腹部血管撮影も行っており、主に肝臓領域の撮影を行い、経皮的血管塞栓術などの治療も行うことがあります。

CT(コンピュータ断層撮影)装置

乳房撮影(マンモグラフィ)

乳房のエックス線写真です。乳房の組織は全体が柔らかく他のエックス線写真と比べ微細病変の描出が要求されますので、乳房専用撮影装置で撮影します。視触診では見つけにくい、ごく微少な早期ガンも発見できます。撮影は乳房を上下や斜めから、プラスチックの板で圧迫しながら行います。圧迫は痛みを伴う場合がありますが、 乳腺組織を最大限に描出させ、乳腺構造の重なりを分離させて良質な画像を得るために必要な事です。圧迫による痛みは個人差があり、リラックスする事により和らいだり、月経終了間際に検査を受けると痛みが少ないと言われております。撮影は女性の放射線技師が行います。

骨密度測定装置

骨粗鬆症の程度の把握や、治療後の効果測定に使用します。非利き腕を装置の中に 入れ、手首の骨にエックス線を透過させ、透過率をコンピューター処理し骨密度の測定・分析を行います。測定時間は約2分で、楽な姿勢で椅子に腰掛けて行い、痛みはありません。

TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright