• 文字サイズ変更
サイト内検索 powered by Google

リハビリテーション科紹介

疾患別リハ
運動器リハビリテーション

関節可動域(ROM)練習

関節可動域の維持・改善を図ります。徒手的方法と装置を用いた方法の2種類があります。

  • 関節可動域(ROM)練習①

    徒手的方法

  • 関節可動域(ROM)練習②

    CPM(持続的可動運動)

筋力増強訓練・バランス練習

  • 筋力増強訓練①

    筋力の維持・増大を図ります。

  • バランス練習①

    不安定な状況を設定し、
    全身を使ってバランスを取る訓練をします。

エルゴメーター

スポーツに近い条件の負荷をかけて、筋力・筋持久力の向上を図ります。

  • エルゴメーター

歩行・階段練習

平行棒や杖、シルバーカーを利用し、病棟や屋内・外などで歩く練習をします。また、退院後を想定し、階段を上ったり下りたりなど応用歩行の練習もします。

  • 歩行・階段練習①
  • 歩行・階段練習②

荷重訓練

荷重訓練

下肢の骨折や術後に体重計を使って徐々に体重をかけ、 段階的に荷重量を調整します。

TOPへ
IMSグループ 医療法人財団明理会 イムス太田中央総合病院

〒373-8513 群馬県太田市東今泉町875番地1
TEL:0276-37-2378(代表)


Copyright