脳神経外科のご紹介
HOME脳神経外科のご紹介>脳血管障害[tPA静注による超急性期血栓溶解療法]
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳血管障害
    • 脳血管障害
    • 末破裂性脳動脈瘤・クモ膜下出血について
    • 破裂しやすいとかんがえられる脳動脈瘤
    • tPA静注による超急性期血栓溶解療法
    • 超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収
    • 頸動脈狭窄症の外科治療について
    • 頸動脈内膜剥離術(CEA)
    • 頸動脈ステント留置術(CAS)
    • 頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について
  • 脳腫瘍
  • 脊椎・脊椎疾患
  • 外来担当医表
  • 脳血管センター
  • 脊椎脊髄センター
  • 当院の手術実績
脳神経外科のご紹介

脳血管障害

tPA静注による超急性期血栓溶解療法
(発症4.5時間以内が有効です)


脳梗塞とは、脳血管に血栓が閉塞して脳への血液供給が停止して、脳組織の不可逆的損傷が生じて、重篤な神経後遺症を生じさせる病気です。アルテプラーゼ(tPA)という脳梗塞治療薬は、この血栓を溶解させ、途絶した脳血流を再開させることが可能で、発症4.5時間以内にこの薬剤を静脈内投与できれば、脳梗塞が劇的に良くなる可能性があります。しかし、合併症(脳出血、出血性梗塞)が出現することもあります。
 脳梗塞の疑いのある場合は、一刻も早く病院に行き、この治療法の適応時間内に確定診断され、適応の有無を主治医に判断してもらう必要があります。



アルテプラーゼ(t-PA)静注療法の注意事項


下記の禁忌事項のある場合は、この治療法は禁忌です。禁忌の方は従来の脳梗塞治療を行います。


【禁忌事項】

●既往歴●

 頭蓋内出血既往
 3ヵ月以内の脳梗塞(TIAは含まない)
 3ヵ月以内の重篤な頭部脊髄の外傷あるいは手術
 21日以内の消化管あるいは尿路出血
 14日以内の大手術あるいは頭部以外の重篤な外傷

●治療薬の過敏症●

●臨床所見●

 痙 攣
 くも膜下出血
 全身出血の合併(頭蓋内出血,消化管出血,尿路出血,後腹膜出血,喀血)
 頭蓋内腫瘍・脳動脈瘤・脳動静脈奇形・もやもや病
 収縮期血圧(適切な降圧療法後も185mmHg以上)
 拡張期血圧(適切な降圧療法後も110mmHg以上)

●血液所見●

 血糖異常(50mg/dl以下,400mg/dl以上)
 血小板100,000/mm3以下
 ワーファリン内服中,PT-INR1.7以上
 ヘパリン投与中,APTTの延長(前値の1.5倍以上または正常範囲を超える)
 重篤な肝障害、急性膵炎

●画像所見●

 CTで広汎な早期虚血性変化
 1.5T/MRI上の圧排所見(正中構造偏位)


【慎重投与(適応の可否を慎重に検討する)】

●既往歴●

 10日以内の生検・外傷
 10日以内の分娩・流早産
 3ヵ月以上経過した脳梗塞
 蛋白製剤アレルギー

●臨床所見●

 年齢75歳以上
 NIHSSスコア23以上
 JCS100以上
 消化管潰瘍・憩室炎,大腸炎
 活動性結核
 糖尿病性出血性網膜症・出血性眼症
 血栓溶解薬,抗血栓薬投与中
 月経期間中
 重篤な腎障害
 コントロール不良の糖尿病
 感染性心内膜炎

<注意事項>
1. 確認事項は完全に満足する必要がある.
2. 一項目でも「禁忌」に該当すれば実施しない.
3. 一項目でも「慎重投与」に該当すれば,適応の可否を慎重に検討し,治療を実施する場合でも
  「リスクとベネフィット」を患者本人・家族に正確に説明し同意を得る必要がある.

このページのTOPへ