脳神経外科のご紹介
HOME脳神経外科のご紹介>脊椎・脊髄疾患の手術
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳血管障害
    • 脳血管障害
    • 末破裂性脳動脈瘤・クモ膜下出血について
    • 破裂しやすいとかんがえられる脳動脈瘤
    • tPA静注による超急性期血栓溶解療法
    • 超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収
    • 頸動脈狭窄症の外科治療について
    • 頸動脈内膜剥離術(CEA)
    • 頸動脈ステント留置術(CAS)
    • 頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について
  • 脳腫瘍
  • 脊椎・脊椎疾患
  • 外来担当医表
  • 脳血管センター
  • 脊椎脊髄センター
  • 当院の手術実績
脳神経外科のご紹介

脊椎・脊髄疾患の手術


脊椎変性、脊椎・脊髄腫瘍や脊髄血管障害などにより引き起こされる、手・ 足のしびれ、脱力、頚部痛、腰痛、歩行障害などに対し、診断から外科治療を 行います。
個人の病状に応じた手術法を検討し、脳神経外科手術用顕微鏡、脊椎内視鏡を用い、さらに術中運動誘発筋電位モニタリングや脊髄超音波検査を駆使して、安全性を確認しながら、最先端かつ低侵襲的な脊椎手術を行います。このため早期退院を現実化しています。


1. 対症疾患

頭蓋頚椎移行部病変、頚椎・胸椎・腰椎変性疾患(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など)、脊髄・脊椎腫瘍、脊髄血管障害(脊髄動静脈奇形、脊髄出血など)、脊髄空洞症、その他(特殊な疾患など)


2. 手術法

個人の病状に合わせ、下記の低侵襲脊椎手術法を選択します。

頚椎前方手術(頚椎前方固定術

頚椎後方手術(椎弓形成術、後方固定術

腰椎椎間板ヘルニア手術
  椎間板ヘルニア後方摘出術(従来の手術法、顕微鏡手術)
  内視鏡下・椎間板後方摘出術(MED)
  経皮的・内視鏡下・椎間板後方摘出術(PELD)

低侵襲的・腰椎後方固定術
  経皮的腰椎固定術
  cortical bone trajectory 法による腰椎固定術)
脊髄腫瘍摘出術(髄内、髄外)
経皮的椎体形成術(BKP)
脊椎制動術(X-STOP)


3. 入院日数および入院経過の目安

手術翌日から積極的に運動療法を行います。

・頚椎前方・後方固定手術・・・・・3〜7日間

・頚椎椎弓形成術・椎弓切除術・・・・・4〜7日間

・腰椎椎間板ヘルニア手術・・・・・2〜7日間

・腰椎後方固定術・・・・・7〜14日間


※頭蓋頚椎移行部病変、胸椎変性疾患、頚髄腫瘍、胸髄腫瘍、腰髄腫瘍、脊髄血管障害など特殊な病気の入院治療期間は、病状により異なります。

このページのTOPへ