IMSグループ医療法人財団 明里会 イムス富士見総合病院

24時間受付 救急・小児救急 049-251-3060 埼玉県富士見市鶴馬1967-1

文字サイズ

脳神経外科紹介

受診案内

脊椎・脊髄疾患 : 頚椎前方除圧固定術(ケージを使用した手術)

概要

頸椎症や、頚椎椎間板ヘルニアで神経を圧迫している部分が、神経より前方(のど側)にある場合に、のどのあたりから入って、あっぽあくの原因となっているものを取り除きます(除圧)。その後、除圧した上下の骨を固定します。その際チタン製のケージという医療材料を使用して、骨と骨が療合するまでの間の固定の補助とします。

入院期間はご相談ください。

特徴

  • 他の部位からの骨をとりません。
  • 手術翌日から歩行可能です。
  • 術後しばらくは、ソフトカラーを着用していただきます。

手術の流れ

頚椎断面図 頚椎断面図
手術前 手術前。頸椎症や、頚椎椎間板ヘルニアで神経が圧迫されています。 手術中 脊髄や神経根を圧迫している部分にだどりつくために、椎間板を取り除きます。その空間から器具を入れて、脊髄等を圧迫している椎間板組織や骨を取り除くます。これで、しびれや痛みなどの症状の原因が取り除かれます。 手術後 椎間板が取り除かれたままでは、上下の骨がゆるい状態になるため、チタン製のケージを挿入し、上下の骨をしっかり固定します。

頚椎前方除圧固定術で使用するチタン製ケージ

ボックス型 ボックス型
シリンダー型 シリンダー型
レントゲン 正面像 レントゲン 正面像
レントゲン 側面像 レントゲン 側面像