IMSグループ医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院

24時間受付 救急・小児救急 049-251-3060 埼玉県富士見市鶴馬1967-1

文字サイズ

脳神経外科紹介

受診案内

脳神経外科紹介メニュー

脊椎・脊髄疾患

脊椎・脊髄疾患の手術

脊椎変性、脊椎・脊髄腫瘍や脊髄血管障害などにより引き起こされる、手・足のしびれ、脱力、頚部痛、腰痛、歩行障害などに対し、診断から外科治療を行います。

個人の病状に応じた手術法を検討し、脳神経外科手術用顕微鏡、脊椎内視鏡を用い、さらに術中運動誘発筋電位モニタリングや脊髄超音波検査を駆使して、安全性を確認しながら、最先端かつ低侵襲的な脊椎手術を行います。このため早期退院を現実化しています。

対症疾患

  • 頭蓋頚椎移行部病変
  • 頚椎・胸椎・腰椎変性疾患(後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変性すべり症など)
  • 脊髄・脊椎腫瘍
  • 脊髄血管障害(脊髄動静脈奇形、脊髄出血など)
  • 脊髄空洞症
  • その他(特殊な疾患など)

手術法

個人の病状に合わせ、下記の低侵襲脊椎手術法を選択します。

入院日数および入院経過の目安

手術翌日から積極的に運動療法を行います。

頚椎前方・後方固定手術 3~7日間
頚椎椎弓形成術・椎弓切除術 4~7日間
腰椎椎間板ヘルニア手術 2~7日間
腰椎後方固定術 7~14日間

頭蓋頚椎移行部病変、胸椎変性疾患、頚髄腫瘍、胸髄腫瘍、腰髄腫瘍、脊髄血管障害など特殊な病気の入院治療期間は、病状により異なります。