IMSグループ医療法人財団 明里会 イムス富士見総合病院

24時間受付 救急・小児救急 049-251-3060 埼玉県富士見市鶴馬1967-1

文字サイズ

脳神経外科紹介

受診案内

脊椎・脊髄疾患 : 経皮的椎体形成術(BKP)

概要

背中や腰が痛い...。その悩み、「骨折」が原因かもしれません。

骨粗鬆症のため弱くなった脊椎は、軽微な外傷などが原因で、背骨が押しつぶれるように変形する圧迫骨折が生じます。これを「脊椎圧迫骨折」といいます。脊椎圧迫骨折によって難治性の腰痛や背部痛が生じ、日常生活が大きく損なわれます。

当院では、脊椎圧迫骨折に対する新治療法として、経皮的後弯矯正術(Balloon Kypho Plast:BKP [バルーンカイフォプラスティ])を行っております。

期待される効果

  • 痛みの早期軽減
  • 生活の質(QOL)の向上
  • つぶれた骨を骨折前の形に近づける

手術方法

骨折によりつぶれた背骨に、背中の皮膚から細い針を挿入し、圧迫骨折した椎体の中でバルーン(風船)を膨らませて、つぶれた骨の形をできる限り元に戻した後、医療用の骨セメントを詰めます。圧迫骨折の痛みを取り除き、曲がった背骨を矯正(後弯形成)します。

この治療法は、手術手技に関する専門の研修を終了した医師が行った場合だけ保険診療が適応されます。イムス富士見総合病院は実施可能施設です。

手術のポイント

  • 手術は短時間(通常1時間以内)
  • 傷口は5mm程度(背中側に2箇所)

施術例

  1. 手術前 手術前
  2. 手術中: バルーンを膨らませる様子 手術中:
    バルーンを膨らませる様子
  3. 手術後: 骨セメントで矯正 手術後:
    骨セメントで矯正

手術図解

  1. 骨折した骨に小さなバルーン(風船)のついた手術器具を入れます。 骨折した骨に小さなバルーン(風船)のついた手術器具を入れます。
  2. バルーンを徐々に膨らませ、つぶれた骨を持ち上げ、できるだけ骨折前の形に戻します。 バルーンを徐々に膨らませ、つぶれた骨を持ち上げ、できるだけ骨折前の形に戻します。
  3. バルーンを抜くと空間ができます。その空間に骨セメントを充填します。 バルーンを抜くと空間ができます。その空間に骨セメントを充填します。
  4. 手術は1時間程度で終わり、骨セメントは手術中に固まります。 手術は1時間程度で終わり、骨セメントは手術中に固まります。