脳神経外科のご紹介
HOME脳神経外科のご紹介>脳血管障害[頸動脈狭窄症の外科治療について]
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳神経外科のご紹介
  • 脳血管障害
    • 脳血管障害
    • 末破裂性脳動脈瘤・クモ膜下出血について
    • 破裂しやすいとかんがえられる脳動脈瘤
    • tPA静注による超急性期血栓溶解療法
    • 超急性期脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収
    • 頸動脈狭窄症の外科治療について
    • 頸動脈内膜剥離術(CEA)
    • 頸動脈ステント留置術(CAS)
    • 頭蓋内脳主幹動脈狭窄・閉塞症について
  • 脳腫瘍
  • 脊椎・脊椎疾患
  • 外来担当医表
  • 脳血管センター
  • 脊椎脊髄センター
  • 当院の手術実績
脳神経外科のご紹介

脳血管障害

頸動脈狭窄症の外科治療について


頚動脈狭窄症とは、高度になると脳梗塞や一過性脳虚血発作の原因になる病気です。高血圧症、糖尿病、高コレステロール血症、高脂血症などが血栓の形成を促進させ、頚動脈を狭窄・閉塞させます。この病気が発見された場合は、血栓の進行を予防するために、まず内科治療を優先させます。しかし一過性脳虚血発作(一時的な脱力発作、眼前が暗くなるなど)や軽度〜中等度の脳梗塞が発症した症候性の狭窄がある方、無症候性でも高度の狭窄に対しては、外科治療の必要性について検討します。 頚動脈狭窄に対する外科治療には、頚動脈内膜剥離術(CEA)と血管内治療による頚動脈ステント留置術(CAS)があります。内膜剥離術は長期成績が確立した治療法ですが、近年内膜剥離術の困難な場合はステント留置術の効果が内膜剥離術に劣らないことが報告されています。当科では内膜剥離術を基本とし、全身状態や病変の性状に応じて、ステント留置術も検討します。

このページのTOPへ