診療科のご案内

HOME > 診療科のご案内 > 整形外科

整形外科後期研修医募集要項

診療活動

ごあいさつ

整形外科は、四肢および脊椎の運動器疾患を治療しています。
当科では、骨折・脱臼・捻挫・打撲などの怪我や外傷のほか、脊椎や関節の変性疾患にも積極的に対応しています。

当科の方針

当科では、外傷・脊椎疾患・関節疾患を3本柱として診療しています。保存・手術を問わず、EBMと十分なインフォームド・コンセントをconceptに治療にあたっています。外傷では、大腿骨頚部骨折や橈骨遠位端骨折などの高齢者の骨折が中心です。脊椎疾患では、頚椎症性脊髄症や腰部脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアなどに対して除圧術や固定術を、さらに5年前から椎体骨折に対して経皮的椎体形成術(BKP)を行っています。関節疾患のうち、変形性膝関節症や股関節症対しては、十分な保存的治療を行った後、必要であれば人工関節置換術を行っています。また、骨粗鬆症や関節リウマチの治療は、できるだけ患者の病態に合致した薬を選択しています。

対象疾患
外傷

骨折、脱臼、靭帯損傷、腱板損傷、スポーツ外傷

関節疾患

関節炎、関節リウマチ、変形性股関節症、大腿骨頭壊死、
変形性膝関節症、半月板損傷、五十肩、反復性肩関節脱臼

脊椎疾患

頚部痛・肩こり、腰痛、頚椎症性脊髄症、椎間板ヘルニア、
腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、椎体骨折

その他

骨粗鬆症、ばね指、手根管症候群、肘部管症候群、腫瘍、外反母趾

当科の特色

a)保存的治療に抵抗する有痛性の圧迫骨折に対して、
経皮的にセメントを注入する低侵襲手術(BKP)を行っています。

b)肩関節疾患に対して、東京女子医大肩関節グループチーフ安井医師による診察(第4土曜日)および手術を行っています。

対象疾患 反復性肩関節脱臼、腱板損傷、肩インピジメント症候群、肩関節可動域障害、
変形性肩関節症、肩周辺の骨折など。
手術方法 主に関節鏡視下手術、人工関節置換術。

スタッフ

整形外科 部長
片山 一雄(かたやま かずお)
医学博士
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
日本整形外科学会 スポーツ医
日本整形外科学会 リウマチ医
医師
荒川 由里子(あらかわ ゆりこ)
日本整形外科学会 整形外科専門医
日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
日本整形外科学会 認定リウマチ医

手術実績

平成27年
1日平均外来患者数 105.3人
1日平均入院患者数 53.4人
平成26年 平成27年 平成28年
骨接合術 157 195 225
人工骨頭置換術 30 32 45
人工関節置換術 60 40 57
脊椎 129 121 98
関節鏡視下手術 7 21 21
手根管解放術 10 3 6
アキレス腱縫合術 5 9 8
抜釘 55 74 73
ばね指 10 30 48
その他 12 11 29
456 536 610

担当医表

午前 片山 *1
荒川 *1
小林 *1
金 ★
根岸
荒川
片山
倉光 *2
片山
小林
根岸
根岸
植山
第1週片山・根岸・小林
第2週荒川・小林・非常勤医師
第3週片山・倉光・小林
第4週荒川・小林・安井
第5週荒川・小林・非常勤医師
午後 倉光
小林
金 ★
根岸
倉光 *3 倉光
小林
根岸
根岸
植山
★リウマチ外来含む
*1・・・受付12:00まで
*2・・・受付12:30まで
*3・・・受付16:00まで