トップ > 放射線部について > 組織図 > 職位別研修会

職位別研修会

活動報告

『2020年度 2年目技師フォローアップ研修会②』 2020年11月20日 Web開催

 2020年11月20日に、Zoomを使った「2年目技師フォローアップ研修会②」を開催しました。最近は、放射線部の各研究会だけでなく、院外の勉強会でもZoomを使用した勉強会が多く開催されるようになり、受講者もだいぶWeb環境で受講することに慣れてきたように感じられました。内容は「画像情報」「CT・MRIの撮影や使用する薬剤・急変時」といった、多くの2年目技師が、業務として知っておかなければならないことが沢山詰まったプログラム構成となっており、彼らが現場ですぐに使える知識や撮影方法が多くみられました。2年目の技師は現場の即戦力となるべく研鑽を積んでいる時期でもあり、今回のような研修会は、本人がすでに知っていることでも再度見直すことで業務に活かすことが出来るので、このような研修会は、今後も開催すべきだと感じました。

  • 「情報管理」
  • 「これだけは知っておかなければならないCTの基礎知識 〜CT撮影時の様々な知識・救急・急変時のCT対応」
  • 「これだけは知っておかなければならないMRIの基礎知識」


『2020年度 管理職研修会② 』 2020年9月18日 Web開催

 まだまだ暑さが残る9月18日にZoomにて「放射線部管理職研修会②」が開催されました。この研修は、イムスグループ放射線部の管理職として知り得なければならない管理業務に焦点を当てて、計2回の研修カリキュラムの中の2回目でした。今回の研修内容は、『人事管理』と『目標管理』を新松戸中央総合病院の沼井康技師長に、『医療被ばく管理』をイムス富士見総合病院の有山利弘技師長に講義を行って頂きました。Zoomでの研修であったが、それぞれの講義内容は密であった為、21名の参加者は熱心に聴講する姿がみられました。

  • 「人事管理」
  • 「医療被ばく管理」
  • 「目標管理」


『2020年度 管理職研修会① 』 2020年9月4日 Web開催

 9月4日に、Zoomを使った「管理職研修会①」を開催しました。この研修会の対象はすでに管理業務にあたっているもの、職位が上がりこれから管理業務を行なっていかなくてはいけない者でした。外部で様々な放射線検査の講習会は開催されていますが、このような管理という分野の内容は少ない状況があります。今回は管理業務の中で必須であるが、中々聞くことのできない「労務・医療安全・医薬品・情報管理など」を取り入れ、どのような点に気をつければ良いのかを改めて知ることのできる研修会でした。管理職の方々は普段から自己研鑽を積み業務にあたっていますが、それだけで補いきれない内容もたくさんあります。今後も知っておかなくてはいけないこと、新しい情報を得る場として、このような研修会を続けて開催していかなければならないと感じました。

  • 「労務管理」
  • 「医療安全・感染管理・医薬品管理」
  • 「機器・情報管理」


『2020年度 人材育成研修会 』 2020年8月28日 Web開催

 8月28日に、Zoomを使った「人材育成研修会」が開催された。今回は新人教育にあたる若手スタッフをサポートする先輩スタッフを対象に、どのように育成するのかを学ぶ内容でした。参加者はこれまで新人教育にあたってきた人材ばかりですが、いざ自分がサポートや教育する側になると、相手に興味を持って話を聞くことができていないと悩んでいるものが多く見られ、そのことがとても印象深く感じられました。Web開催である上、時間を短縮して行わなければならない状況下であり、以前と同様に開催することは困難です。少しでも役立つ内容を取り入れてはいるが、もう少し受講者同士意見を交わす時間も欲しいと感じました。来年度以降は可能であれば回数を戻し、受講者同士コミュニケーションを交わすことができる環境を整えることで、より良い研修会にしたいと思います。

  • 「新人教育担当の指導・育成」
  • 「ティーチングとコーチング」
  • 「事前課題発表(テーマ:自施設における教育プランの中で、実施してよかったところや問題点)」


『2020年度 2年目フォローアップ研修会 ① 』 2020年7月17日 Web開催

 7月17日に、Zoomを使った「2年目フォローアップ研修会」を開催しました。今年度は放射線部でもWeb形式を取り入れた研修会を開催していますが、反省点もあるものの無事研修会を終えることができました。研修内容は1.指示・コミュニケーションスキル 、2.造影剤による副作用と対処法、 3.標準予防策とオウトクリアの使用方法、 4.医療安全と、座学ばかりでした。研究会や外部の勉強会では中々聞くことができない内容も多く、受講生にとっては普段不安に感じながら業務にあたる内容も含まれており、今後の業務に活かすことのできるものであったと思います。

  • 「指示・コミュニケーションスキル」
  • 「造影剤による副作用と対処法」
  • 「標準予防策とオウトクリアの使用方法」
  • 「医療安全」


『2020年度 主任・副主任研修会』 2020年7月10日 Web開催

 7月10日に、Zoomを使った「主任・副主任研修会」を開催しました。放射線部でWeb形式を取り入れた研修会は初めてでしたが、大きなトラブルもなく無事研修会を終えることができました。今回は「管理をしているモダリティにおける問題点を挙げ、上司に提案するにはどうするか?」という、主任の立場ならよく直面する内容であり、問題点を具体的に挙げている受講生が多く見られました。現場をよく見ていることはよくわかったが、上司に提案するには問題点を取り上げる理由が曖昧であり、そういった点を学べたことは、これからの役職としての業務に役立っていくと思われます。Web開催になって形式は変わってしまうが、このような機会は続けるべきだと感じました。

  • 「目標設定」
  • 「W.G.(テーマ : 管理しているモダリティの問題点を挙げ、上司に提案するにはどうするか?)」


『2019年度 管理職研修会』 2019年11月1日 イムス池袋会議室

11月1日金曜日に管理職研修②を開催しました。今回の研修はインバスケット思考を身に着ける『離の編』の講義が行われ、設定された状況下において、様々な案件に対し優先度、重要度を判断しながら制約された時間の中処理をしなければならない研修内容でした。管理職は問題発見力や分析力、指導力、意思決定力など様々なスキルが必要とされるが、今回の研修で『考える』、『判断する』という負荷をかけることで、必要とされるスキルに気付く事が出来たのではないかと思われます。今後も本研修を機に、管理職としてのスキルを向上させ、科内及び施設の管理職としての責務を果たせるように経験を積んでほしい。

  • 「インバスケット思考を身に着ける 離の編」



『2019年度 管理職研修会①』 2019年9月13日 イムス池袋会議室

9月13日金曜日に管理職研修①を開催しました。今期の研修は、放射線部門における管理職が行わなければならない管理業務とはというカリキュラムで行いました。『管理職の基本業務』、『労務管理・人事管理』、『医療被ばく・医療安全・感染管理』、『機器管理・医療情報管理』の講義が行われ、参加した受講生は20名で主任から課長職と幅が広く、今一度管理業務を確認した参加者や、今後の管理する上での知り得なければならない内容を身につけられた参加者も居たと感じられる研修会でした。今回の研修内容を有効に活用し、管理業務に当たってほしい。

  • 「管理職の基本業務」
  • 「労務管理・人事管理」
  • 「医療被ばく・医療安全・感染管理」
  • 「機器管理・医療情報管理」



『2019年度 主任・副主任研修会②』 2019年8月23日 イムス池袋会議室

二年目の開催となるインバスケット思考を身につけるための研修を8月23日に行いました。今回の研修は守の編、破の編、離の編三部構成の中の破の編でした。破の編は主任、副主任職を対象とし、入門編である守の編と比べ案件数が多く、難易度は格段に上がる。限られた時間の中で緊急性、重要性を判断しながら、それぞれの案件における問題点を正確にとらえ、自身の行動や部下・後輩への指示出しなどの対策を講じなければならない。この状況判断は常日頃あまり気づかず行っているとは思うが、今回の講習を機に、客観性のある判断方法を身に着け、現場管理に努めてほしい。

  • 「インバスケット思考を身に着ける 破の編」



『2019年度 3年目フォローアップ研修会③』 2019年8月9日 イムス池袋会議室

猛暑が続く8月9日に、3年目技師フォローアップ研修会③が池袋会議室で行われました。本研修は昨年度より開催しているインバスケット思考を身に着けるという内容にクローズアップし、入門編として行われた。設定された人物及び環境を十分に把握した上で、多発的に発生する事案に対し色々な制約がある中、どのような視点で対処し、解決に導けばいいのかを考える講義でした。3年目の職員は普段指示を受ける事が多いと思われるが、今回の講習を機に問題解決のための客観的な視点やプロセスを学習し、その一役を担えるよう訓練し、役職へと育成していってほしい。

  • ・「インバスケット思考を身に着ける 守の編」



『2019年度 係長研修会』 2019年7月19日 イムス池袋会議室

7月19日に池袋会議室にて、2019年度イムス放射線部係長研修会①が開催された。今回の内容はリーダーに必要なスキルとなるロジカルエクスプレッションとリーダーシップについての講義とグループワーク「放射線科内の人材活用方法」であった。 受講者は、既に係長職にある者、これから昇格の可能性のある者、どちらの立場においても、係長の役割をしっかり認識してその職を遂行しているものは少ない。今回のような研修は、どのような考え方が必要で足りないのかを理解する良いきっかけとなった。『視座』という視点を持つというような、普段誰も教えてくれないが遂行しなければいけない職務を考え、そして実際に実行に移せるようになることは、これまで以上に役立つ人材となっていくと思われます。

  • ・「ロジカルエクスプレッッション」
  • ・「リーダースキル〜明日から実行できること〜」
  • ・グループワーク「放射線科内の人材活用方法」



『2019年度 主任・副主任研修会①』 2019年7月12日 イムス池袋会議室

7月12日金曜日に池袋会議室にて、2019年度イムス放射線部主任・副主任研修会①が開催された。今回の内容は目標設定とグループワーク「部下の育成方法」でした。 受講者は、既に役職についているもの(もしくは役職にこれから昇格する可能性のあるもの)であり、G.Wではしっかりとした自分なりの意見を持ち、発言できるものも多く見られました。G.W.を通して他施設の技師と話し合いを行うことで、自分自身はどう変わるべきか、自施設で足りない点やこれからの指導や後輩とのコミュニケーションあり方についてなど、多くのことを得る事ができたと思われ、今後の彼らの業務に役立つ研修会となりました。

  • ・「目標設定」
  • ・グループワーク「部下の育成方法」



『2019年度 2年目フォローアップ研修会③』 2019年6月27日 イムス池袋会議室

6月27日に池袋会議室にて、2019年度イムス放射線部2年目技師フォローアップ研修会③が開催された。今回の内容は、2年目がこれから習得する機会が増えるCT・MRIの装置や検査の基礎知識や、モニタ管理などの情報システムについて理解を深める講義内容であった。多くは基礎的な内容ではあったが、実際に検査を行うにあたって知っておかなくてはならないものばかりであり、受講生にとって、再確認や自己研鑽につながる研修会でした。また患者様からよく聞かれるMRで発生する音など、よく聞かれる質問に対する明確な説明があり、これから検査に入っていく世代にとって、とても良い勉強になりました。

  • ・「情報管理」
  • ・「CT装置機器の基礎」
  • ・「CT検査の基礎知識」
  • ・「MRI装置機器の基礎」
  • ・「MRI検査の基礎知識」



『2019年度 3年目フォローアップ研修会②』 2019年6月7日 イムス池袋会議室

6月7日 金曜日に池袋会議室にて、2019年度イムス放射線部3年目技師フォローアップ研修会②が開催された。今回の内容はハラスメントや接遇、医療安全と多岐にわたっていました。3年目は業務で任される分野も増え、クレーム対応や後輩を指導する立場になってくる時期でもあり、「ハラスメント」では、これから自分ができることや気をつけること、「医療安全」では、様々な事例を通して実際のレポートを作成することをG.Wを通して考え、インシデントアクシデントに対する理解を深めました。また「接遇」では、自分自身の接遇を見直し、3年目技師として必要な接遇を考えることで、コミュニケーションがいかに大切であるかを理解する良い機会となったと思います。

  • ・「ハラスメント」
  • ・「医療安全KYT」
  • ・「接遇ついて」



『2019年度 2年目フォローアップ研修会②』 2019年5月31日 イムス池袋会議室

5月31日にイムス池袋会議室にて、2019年度イムス放射線部2年目技師フォローアップ研修会②が開催しました。今回の内容は普段業務で扱う造影剤の副作用、一般撮影時における感染対策や再撮影に関して、また一般撮影概論や手術室での業務など、中々普段聞きたくても聞くことが出来ないが、明日からすぐに役立つ「実践に即した内容」であり、受講生からも好評でした。2年目の技師は、ルーチン撮影はできるが応用がきかない、モダリティによっては業務を覚えている段階であり、アクシデントなどの経験も少ない為、このような「実践に即した内容」は彼らにとってすぐに業務に活かすことができ、役立つものであったと思われます。

  • ・「造影の基礎」
  • ・「一般撮影の実践的な機器工学、画像工学」
  • ・「一般撮影のリスク管理」
  • ・「撮影技術学および術後撮影、術中撮影」



『2019年度 3年目フォローアップ研修会①』 2019年5月17日 イムス池袋会議室

5月17日にイムス池袋大会議室にて、2019年度イムス放射線部3年目技師フォローアップ研修会①が開催しました。今回の内容は3年目の技師がこれから習得する機会が増えるモダリティの基礎知識や、仕事に対する姿勢を見直す講義内容でした。様々な場面で他職種とのやりとりが増えてくる時期となり、仕事に対する考え方・楽しみ方・コミュニケーションや人への伝え方などを見直す、良い機会となったのではないかと思われます。また基礎知識ではあるが意外と知っているようで知らないこともあり、もっと勉強しなくてはと感じる受講生も多く見られました。これから彼らが更に知識を深め、チームの一員として活躍するきっかけになると思われる研修会となりました。

  • ・「仕事の楽しみ方」
  • ・「コミュニケーション ~指示の受け方・報告の仕方~」
  • ・「透視検査装置について」
  • ・「血管造影検査について」



『2019年度 2年目フォローアップ研修会①』 2019年4月24日 イムス池袋会議室

4月24日に「2019年度イムス放射線部2年目技師フォローアップ研修会①」を開催しました。今回の講習内容は感染管理と医療安全であり、感染管理では院内業務における感染に関するリスクマネージメントを、医療安全では例題を用いてG.W.を行い、インシデントアクシデントレポートの作成と事例ごとの対応策を考えました。両講義とも座学だけでなく実習を取り入れることで視野が広がり、実際の業務において、すぐに役立てることができる内容でした。2年目は職場環境や個々の業務に関して慣れてくる頃であり、少しの気の緩みや注意力が散漫になることで、インシデントやアクシデントが起こってしまうことを再認識し、これからの業務にあたって欲しいと感じる研修会となりました。

  • ・「感染管理」
  • ・「医療安全」



  • 放射線部について
  • ございさつ
  • 組織図
  • IMSグループで働く技師たち
  • 年間スケジュール
  • その他活動