トップ > 放射線部について > 組織図 > 職位別研修会

職位別研修会

活動報告

『IMS放射線部 管理職研修会②』

2017年11月16日(金) クローバーのさとにて本年度二回目となるIMS放射線部主催の管理職研修②が行われました。本講習は次年度課長、係長昇格候補者のみではなく、現在技師長職として職務に当たる課長も参加しての講習会となりました。本部主催の昇格研修会の予習としてのインバスケットシュミレーションを行ったが、緊急性、重要性の判断は日頃から心がけていかなければないと感じさせられる講習会でした。そのため本講習で得られたものを自施設での自身の行動に役立てていただきたいと思います。

  • 1,一般的社会の管理職に考え、それに伴う行動、言動を考える
     講師:景山技師長(明理会中央総合病院)

  • 2,インバスケットシミュレーション
    担当:加藤技師長(行徳総合病院)、丸山技師長(イムス富士見総合病院)


『IMS放射線部 管理職研修会①』

秋雨となった2017年10月13日、クローバーのさとにてIMSグループ放射線部管理職研修会①が開催されました。課長職、係長職含め11名が受講しました。講義として「ハラスメント」「管理職の基本業務」「放射線教育プログラム(技師長編)に準ずる管理職とは?」が行われました。GWでは「明日から実践すべきこと」をテーマに課長職、技師長としてどうしていくべきかの意見交換が活発に行われました。本講義及びGWでの意見交換で得たものを自施設で活用し、職場環境の向上につなげていただきたいと思います。

<講義>
  • 『ハラスメント』
    講師:秋山貴光課長(IMS本部人事部)

  • 『管理職の基本業務』
    講師:加藤技師長(行徳総合病院)

  • 『放射線部教育プログラム(技師長編)に準ずる管理職(課長)とは?』
    講師:景山技師長(明理会中央総合病院)
<グループワーク>
  • 『明日から実践するべきこと』
    個人発表


『イムス放射線部 係長研修会』

2017年9月15日(金)クローバーのさとにてイムス放射線部係長研修会が開催されました。係長、主任含め14名が受講しました。講義として「係長職とは?」、「ロジカルエクスプレッション」、「目標達成」が行われ、講義をもとに「明日から実践すべきこと」をテーマとしてグループワークを行いました。係長としての職務や行動、自施設での悩みなど活発な意見交換を行い、係長として現場でどのような行動を起こしていくのかを発表しました。各施設での特色など様々な意見を取り入れることで、今後も係長職としての活躍を期待したいです。

<講義>
  • 『放射線部教育プログラム(係長編)に準ずる係長職とは?』
    講師:景山技師長(明理会中央総合病院)

  • 『ロジカルエクスプレッション』
    講師:沼井技師長(新松戸中央総合病院)

  • 『目標達成』
    講師:加藤技師長(行徳総合病院)
<グループワーク>
  • 『明日から実践するべきこと』
    個人発表


『IMS放射線部 副・主任研修会』

2017年7月14日(金)、梅雨明け宣言がまだされていない猛暑の中、クローバーのさとにて副・主任研修が行われました。今回は講義とグループワークによる討論の二部構成で、一部では副・主任職に関する講義が行われました。二部でのグループワークでは、明日から実践すべきテーマとして、モダリティ責任者としてそれに応じた適切な行動、主任として技術指導・教育の仕方、モダリティ責任者として仕事の割り当て方の各内容に対して活発な意見交換が行われました。各施設の規模や体制、特色によって多方向から検討できたようで、各々の目指すべき主任像が見えてきたと思います。各自、自施設に戻って目指そうとする、実践しようとする副・主任者になれるよう「実践躬行」して頂きたいです。
また、ファシリテーターとして参加して頂いた7名の係長職の皆様、お疲れ様でした。

<プログラム>
  • 『放射線部教育プログラム(副・主任編)に準ずる副・主任とは』
    講師:景山技師長(明理会中央総合病院)

  • 『リーダーシップ』
    講師:加藤技師長(行徳総合病院)

  • 『仕事に必要な考え方』
    講師:沼井技師長(新松戸中央総合病院)


『IMS放射線部 2年目技師フォローアップ研修会③』

IMS放射線部職位別研修の2年目フォローアップ研修③が、平成29年6月30日(金)にクローバーのさとで行われました。
今回は横浜新都市脳神経外科病院川竹幸祐技師長より医療安全について、東戸塚記念病院緒方健一技師長より感染管理についての講義が行われました。医療安全では実際に起こったアクシデントの事案報告やその分析、感染管理では標準的予防対策など実技も行われ、有意義な講習になったと思います。放射線業務においても医療安全、感染対策は非常に深く関わりがあるため、本講習内容を踏まえたうえで業務に当たってほしいと思います。

<プログラム>
  • 『医療安全について』
     講師:川竹 技師長(横浜新都市脳神経外科病院)

  • 『感染管理について』
    講師:緒方 技師長(東戸塚記念病院)


『IMS放射線部 3年目技師フォローアップ研修会②』

放射線部の3年目フォローアップ研修②が平成29年6月14日にクローバーのさとで行われました。今回の講習では、まずハラスメントについてイムスグループ本部人事部坂本のり子副主任より、医療安全からはKYTを理解し危険を察知するための講義とグループワークが板橋中央総合病院佐藤潤係長より、また、接遇についての講義を春日部中央総合病院佐藤圭介係長より行われました。3年目にもなると各施設において中核的な役割を担うようになってきていると思います。日々の業務に慣れが出てくる時期でもあるため、本講習を機に今一度気を引き締めて業務に当たってほしいと思います。

<プログラム>
  • 『ハラスメントについて』
     講師:坂本副主任  (イムスグループ本部人事部)

  • 『医療安全のKYTについて』
    講師:佐藤潤係長  (板橋中央総合病院)

  • 『接遇について』
    講師:佐藤圭介係長 (春日部中央総合病院)


『放射線部2年目フォローアップ研修②』

平成29年5月24日(水)、クローバーのさとで放射線部2年目フォローアップ研修②が行われました。
参加者は37名で運営委員は5名でした。今回の講義内容はCTにおける装置の基礎、CT検査の基礎知識、そして、 MRIにおける装置の基礎とMRI検査の基礎知識での内容で講義が行われました。CT及びMRI装置は導入している施設も多く、 急性期病院、予防医学、回復期施設においても広く重要性が求められているため、本講習を踏まえモダリティの習得、 技術および知識の向上に励んでほしいと思います。

<プログラム>
  • 『CT装置の基礎』
    講師:東芝メディカルシステムズ  

  • 『CT検査の基礎知識』 
    講師:竹之内隆幸係長  (新松戸中央総合病院)  

  • 『MRI装置の基礎』 
    講師:GEヘルスケア  

  • 『MRI検査の基礎知識』
    講師:野末孝弘係長  (横浜旭中央総合病院)


『放射線部 3年目技師フォローアップ研修会①』

平成29年5月12日(木)にクローバーのさとでIMS放射線部3年目フォローアップ研修①が行われました。
二年間の業務経験を経て3年目となり、担当する業務・モダリティが増えてくる中で、今回の血管造影検査及び透視検査装置に対する講義は必須の内容でした。講師は、血管造影検査では板橋中央総合病院放射線科根本孝治主任より、透視検査装置の歴史やデジタル画像の仕組みに関しては東芝メディカルシステムズより行われました。
本研修内容を踏まえ、透視検査や血管造影検査携わる上で、より知識の向上、経験値の向上を図りチーム医療の一役を担える技師へと成長していって欲しいと思います。

<プログラム>
  • 14時30分~
    『血管造影検査について』
    講師:根本孝治主任(板橋中央総合病院)  
  •  
  • 15時30分~
    『透視検査装置について』
    講師:東芝メディカルシステムズ


『IMS放射線部 係長研修会』

6月26日 丸の内会議室にて係長研修を行いました。
係長職における職務に関しての研修を行い、現場での部下への対応や上司への対応についてどのような振る舞いが正しいのかを研修しました。
今回の参加者は現職者ばかりだった為、活発な議論が行われ、将来のVISIONについても語り合う事ができました。
IMS放射線部では、このような研修会を行う事により、役職者における施設間差を無くし、どのような職場においても対応できる役職者を育成していこうと思います。

<研修内容>
  • 1.係長職に対するグループ内に向ける放射線技師業務についての講義  
  • 2.WGにて係長の在り方を討論する。
       ・主任と係長との違いとは?
       ・自身の行動はどうすべきか?
       ・技師長に対して何をすべきか?


『副主任・主任研修が開催されました』

平成26年5月22日 IMS放射線部 副主任・主任研修会が行われました。
本年度、副主任・主任に昇格した技師を対象に副主任・主任の在り方についてIMS放射線部教育プラグラムに沿っての講義やWG形式での各自の考えやどういう行動を今後取っていくべきかを議論し発表を行いました。
関東地区はもとより、北海道・東北地区からもの参加者あり、参加者数21名でした。
今回、放射線部としては初めての副主任・主任向けの研修会開催でしたが、このような研修会が行われることにより色々な施設での考え方や対応の仕方が有ることが分かり、今後の業務に活かすことが出来ると大変充実した時間が過ごせたと好評でした。
今後、放射線部としても昇格者だけではなく、このような研修会を積極的に行い、技師のボトムアップを計りたいと考えている。

《 研修会の内容 》
  • 1.主任・主任の職務とは
  • 2.WGにて副主任・主任のありかたを討論する。
       テーマ
       ・今後の行動(一般職に対して何をすべきか?)
       ・自身の行動はどうすべきか?
       ・上位者に対してなにをすべきですか?
  • 放射線部について
  • ございさつ
  • 組織図
  • IMSグループで働く技師たち
  • 年間スケジュール
  • その他活動