トップ > 放射線部について > ごあいさつ

ごあいさつ

統括技師長あいさつ

診療放射線技師になる皆さんへ

新人教育プログラム 

皆さんがこれから飛び込む医療界における診療放射線技師の仕事は、ますます欠かせないものとなっております。疾病の発見から治療まで、その技術の進歩はとどまるところを知りません。読影の補助、機器精度管理、被ばく管理など撮影に付随する様々な仕事も私たちに課せられた重要な任務となっております。
IMSグループは急性期、回復期、亜急性期、慢性期病院、人間ドック、検診施設など42の施設に400名を超える診療放射線技師を配属しております。スケールメリットを生かした教育体制では技術、知識はもちろんの事、被ばく低減から医療安全管理、患者接遇など多岐にわたる項目を同期の仲間と共に、切磋琢磨しながら成長できる場所を提供いたします。最新装置や先端技術の情報もリアルタイムに共有する事ができます。
CT、MRI、血管撮影、そしてX線撮影の4つの分野ではそれぞれ年2回の研究会を開催し、各モダリティの基礎から専門的内容までを学び、検討、質問、発表する場所として毎回100名近くの参加者があります。また、年に一度開催される研究発表会では若手技師が研究した内容を発表しその出来を競いあいます。
また、女性技師だけで施設の枠を超えた交流の場を持ち、女性放射線技師特有の悩み・問題点などに対して女性の目線で取り組みを進めると共に、独自に研修会・勉強会等を開催し技師としてのスキルアップを目的とする「アイリス会」は新しい取り組みです。

IMSグループは人生の大切な第一歩を踏み出す場所として最適な環境となれるはずです。このサイトで確認できる情報はわずかですが、少しでもIMSグループに興味を持っていただけましたら、ぜひ施設見学をして、さらには私たちと一緒に「チーム医療を担う一員として働いてみたい」と感じていただければ幸いです。

IMSグループ放射線部では 明るく元気で向上心を持ち、そして何よりも患者さんを大切に思う気持ちのある方をお待ちしております。



IMSグループ 診療放射線技師部門 統括責任者 須藤 英明

新人教育プログラムについて

新人教育プログラム

  • 放射線部について
  • ございさつ
  • 組織図
  • IMSグループで働く技師たち
  • 年間スケジュール
  • その他活動