イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

健康診断のご案内

当院の健診の特徴

健康は、かけがえのない財産です!

日頃は自分の健康を過信するか、あれこれ心配して気を病むか、どちらかになりがちです。そのためにも、少なくとも年に1度は人間ドックでご自身の健康状態を確認することが大事です。

人間ドック

・消化器系を中心とした総合病院で健康診断以外の診療科も受診可能。
・内科・消化器・循環器・呼吸器の各専門医師による精度の高い診断。
・健康診断で異常がみつかった場合でも、他の病院を探すことなくそのまま治療に入れます。

コースと費用

コース 健診時間 内容 金額(税別)
日帰り人間ドック 2時間 半日ドック 32,000円~
生活習慣病健診 2時間 別途ご相談 10,000~20,000円
法定健診1 30分~1時間 労安法による 3,500円~
法定健診2 30分~1時間 労安法による 10,300円~
特定健診 30分~1時間 ご加入中の健康保険により自己負担金が決っています
健康診断後の精密検査、再検査、二次検査   他の医療機関で受けた健康診断でも
対応可能
保険診療扱い
オプション検査 (下記の項目以外の検査もご相談ください。)                      金額(税別)
胃カメラ検査 経口、経鼻を選べます(胃バリウム検査からの変更の場合) 2,000円
ピロリ菌検査 採血のみです 1,500円
前立腺ガン検査 前立腺ガン検査(PSA検査) 2,000円
大腸カメラ検査 別途、検査食/下剤のお渡しと説明日を設定させて頂きます 15,000円
C型肝炎検査 1,500円
骨粗しょう症検査 2,000円
腫瘍マーカー CEA 1,200円
腫瘍マーカー CA19-9 1,500円
人間ドックについては、当院と契約のある健康保険組合、共済組合の場合、補助金が出る場合があります。その際、「ドック受診券」又は「ドック利用券」等が必要になる場合もあります。詳しくはお問い合わせください。

*社会保険と国民健康保険の方は補助を受けられませんがご受診は可能です。
検査
<主な取引先>
地方職員共済組合・国土交通省共済組合・全国土木建築国民健康保険組合・大阪薬業健康保険組合・東芝健康保険組合・
東京証券業健康保険組合・札幌弁護士協同組合・北海道税理士協同組合 他
基本検査項目一覧
基本検査項目 日帰り人間ドック 法定健診2
(35歳及び40歳以上)
法定健診1
(35歳を除く40歳未満)
問診 一般事項・既住歴・家族歴・自覚症状
診察 聴打診
身体計測 身長・体重・標準体重・BMI・体脂肪率
視力測定 左右の裸眼または矯正視力
眼圧測定 左右の眼圧    
眼底カメラ 左右のKW    
血圧測定 座位最高値 (収縮期)
座位最高値 (拡張期)
心電図 標準12誘導  
肺機能検査 予測肺活量    
%肺活量    
努力性肺活量    
1秒量    
1秒率    
最大呼気速度    
聴力検査 1000・4000Hz左右  
糖尿病検査 空腹時血糖  
空腹時尿糖
HbA1c    
血液型 ABO式及びRh式    
便潜血検査 便潜血反応[免疫学法]2回法    
基本検査項目 日帰り人間ドック 法定健診2
(35歳及び40歳以上)
法定健診1
(35歳を除く40歳未満)
胸部X線 直接撮影 1~2カット、心胸郭比
上部消化管撮影 バリウム直接撮影 (6~10カット)
食道~十二指腸造影
   
超音波検査 胆嚢・肝臓・脾臓・膵臓・腎臓    
生化学検査 総蛋白 (TP)    
アルブミン (ALB)    
アルブミン・グロブリン (A/G) 比    
硫酸亜鉛試験 (ZTT)    
総ビリルビン (T-Bill)    
アルカリフォスファターゼ (AL-P)    
GOT  
GPT  
γ-GTP  
乳酸脱水素酵素 (LDH)    
血清アミラーゼ (Amy)    
総コレステロール (T-cho)    
中性脂肪 (トリグリセライド・TG)  
HDLコレステロール (HDL-cho)  
LDLコレストロール (LDL-cho)  
尿素窒素 (BUN)    
クレアチニン (CRE)    
尿酸 (UA)    
基本検査項目 日帰り人間ドック 法定健診2
(35歳及び40歳以上)
法定健診1
(35歳を除く40歳未満)
血清検査 梅毒反応 RPR    
CRP (定量)    
リウマチ因子    
HBs抗原 (定量)    
血液算定検査 白血球数 (WBC)    
赤血球数 (RBC)  
血色素量 (ヘモグロビン・HGB)  
ヘマトクリット (Ht)    
MCV    
MCH    
MCHC    
血小板数    
尿検査 蛋白
ウロビリノーゲン    
潜血    
PH    
沈渣 白血球    
赤血球    
細菌    
上皮細胞    
硝子円柱    
粘液系    

札幌市特定健診(とくとく健診)

受診者全員に実施する検査項目(基本項目)
項目 内容 健診結果からわかること 費用 持ち物
診察 身体診察・問診
身体計測(身長・体重・腹囲)
肥満、やせ 1200円 受診券
健康保険証
前年度の健診結果
(お持ちの方)
血圧測定 血圧の状態
血液検査 脂質 中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
血液中の脂肪の状態
(動脈硬化疾患など)
肝機能 AST(GOT)
ALT(GPT)
肝機能の障害など
γ-GT(ガンマ・ジーティー) 肝臓疾患・胆道疾患など
血糖 空腹時血糖 糖尿病の危険性
ヘモグロビンA1c
(ヘモグロビンエーワンシー)
過去1、2カ月の血糖値の状態
尿検査 尿糖 糖尿病の危険性
尿蛋白 腎機能の障害など
付加健診(希望者のみ)
項目 内容 健診結果からわかること 費用 持ち物
血液検査 血清尿酸 高尿酸血症、痛風 500円 受診券
健康保険証
血清クレアチニン 腎疾患
白血球数 感染症、白血病など
貧血検査 ヘマトクリット値
血色素量
赤血球数
貧血
心電図検査 体表面12誘導 不整脈、心肥大、心筋梗塞、狭心症など

※付加健診のみの単独受診はできません。

詳細健診(条件に該当した方のみ)
項目 内容 健診結果からわかること
貧血検査 ヘマトクリット値
血色素量
赤血球数
貧血
心電図検査 体表面12誘導 不整脈、心肥大、心筋梗塞、狭心症など
眼底検査 電気検眼鏡または
眼底カメラ撮影
動脈硬化の進展度

※詳細健診は、次の条件に合致し、医師が必要と認めた場合のみ実施します(付加健診の希望の有無に関係しません)
1.貧血検査は、貧血の既往症を有する方または視診等で貧血が疑われる方
2.心電図検査と眼底検査は、前年度の健診等で次のすべてに該当する方

詳細検診の条件
項目 対象者の条件
貧血検査 貧血の既往症を有する方または視診等で貧血が疑われる方
心電図検査
眼底検査
前年度の健診結果で①~④のすべてに該当する方
1.中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40㎎/dl未満
2.空腹時血糖100mg/dl以上またはHbA1c5.6%以上
3.収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上
4.腹囲男性85cm以上、女性90cm以上またはBMI25以上
費用免除の該当となる方 持参する証明書類
市民税非課税世帯の方 ・世帯員全員分の課税証明書
 ※非課税世帯の方は、市税事務所、各区役所で発行(無料)。
  札幌市がん検診で使用する旨を伝えてください。
・保険料段階が第1、2、3段階の介護保険料納入通知書(65才以上の方のみ)
生活保護世帯の方 ・生活保護受給証明書
70歳以上の方 ・保険証などの年齢を証明できる公的証明書
 ※子宮、乳がん検診は70歳以上で偶数歳の方のみ免除となります
65~69歳で後期高齢者医療被保険者の方 ・後期高齢者医療被保険者証
支援給付世帯の方 ・本人確認証

その他の健診について

肝炎ウィルス健診

札幌市が行っている緊急無料肝炎ウィルス検査です。

対象者 札幌市に在住している方でこれまでに肝炎ウィルス検査を受けたことのない方
検査実施期間 平成30年3月31日まで
費用 無料
検査項目 B型肝炎ウィルス・C型肝炎ウィルス検査
検査内容は問診・血液検査です。
受診に必要なもの 健康保険証や運転免許証など(住所・氏名・年齢のわかるもの)
札幌市がん検診
種類 対象 検査内容 費用 持ち物
胃がん検診 40歳以上
(1年に1回)
問診、胃部エックス線検査(バリウム検査)
胃がん健診は予約が必要です。
2,200円 健康保険証など
氏名、年齢、住所を証明できる公的証明書
大腸がん検診 40歳以上
(1年に1回)
問診、免疫便潜血検査(2日法)
大腸がん検診は予約不要です。
400円
費用免除の該当となる方 持参する証明書類
市民税非課税世帯の方 ・世帯員全員分の課税証明書
 ※非課税世帯の方は、市税事務所、各区役所で発行(無料)。
  札幌市がん検診で使用する旨を伝えてください。
・保険料段階が第1、2、3段階の介護保険料納入通知書(65才以上の方のみ)
生活保護世帯の方 ・生活保護受給証明書
70歳以上の方 ・保険証などの年齢を証明できる公的証明書
 ※子宮、乳がん検診は70歳以上で偶数歳の方のみ免除となります
65~69歳で後期高齢者医療被保険者の方 ・後期高齢者医療被保険者証
支援給付世帯の方 ・本人確認証

乳腺ドック・乳がん検診のご案内

乳がんは女性がんのトップです。乳がんの発生は20歳過ぎから認められ、30歳代ではさらに増え、40歳代から50歳代がピークとなっています。乳がんは早期発見し早期治療を行うと治療率が高くなります。大切なのは、早期の段階で乳がんを発見することです。
当院ではマンモグラフィーの撮影はすべて女性技師が担当。3Dマンモグラフィーは低被曝なため、女性技師が別室ではなく、患者さまのすぐ隣でオペレーションするので患者さまも安心して検査に臨めます。


マンモグラフィー(トモシンセシス):セノクレア®

従来のマンモグラフィー装置では発見しにくい微小な病変を描出できる3Dマンモグラフィー「トモシンセシス」を採用しました。トモシンセシスとは1回の撮影で数十枚の連続断層画像によるボリュームデータが得られる最新鋭の画像技術で、得られた画像は日本乳がん検診精度管理中央機構・ASクラス認定医を含むマンモグラフィー読影医、日本乳癌学会認定医、放射線診断専門医など複数の専門医によって精度の高い読影チェックを行っています。

組織に隠れてしまった病変をCTの輪切り画像のようにし、見つけやすくします。

乳腺ドック検査内容・費用
コース 検診内容 料金 ※税込
乳腺ドック(フルコース) ・問診、触診
・マンモグラフィー
・エコー
6,480円
乳腺ドック(3Dコース) ・問診、触診
・マンモグラフィー
4,320円
○札幌市指定「乳がん検診」(偶数年のみ)もお取り扱いしております。
・40歳以上〜50歳未満       1,800円
・50歳以上             1,400円
・無料クーポン利用・非課税世帯の方  無料
乳腺ドック・乳がん検診【予約制】
午前
受付:9:00~11:00
- -
※1
-
午後
受付:13:30~15:30

※2
- - - - -
○乳腺ドック・乳がん検診はすべて予約制となっております。
※1 男性医師による診察の場合あり
※2 男性医師のみの診察

前立腺検診案内

前立腺とは男性にしか存在せず精液の一部である前立腺液を作っている臓器です。前立腺液の役目は精液中の精子を守ったり、その運動を助ける役目をしています。
前立腺に関わる病気としては前立腺炎、前立腺肥大、前立腺がん等があります。前立腺がんは他のがんに比べ高齢者に多く、全世界での罹患率は肺がん、胃がんに次いで3番目となっています。泌尿器科専門医の診断による「前立腺検診」を是非ご受診ください。

前立腺検診検査内容・費用
【月曜~金曜】
AM 8:30~11:30
PM 13:30~16:30
【土曜】
AM 8:30~11:30
内容 採血
(PSA)
前立腺エコー 料金(税込)
☆Aコース 2,160円
Bコース
※要予約
5,400円

☆Aコースは予約不要です。採血のみで受けられます。

すい臓・胆道ドックのご案内

近年、すい臓がん、胆のうがん、胆管がんといった、すい臓や胆道の病気が増加しています。特に『がん』の家族歴がある方、喫煙歴のある方などに多いと報告されています。
この度当院では、症状が現れにくい、すい臓や胆道の病気の早期発見を目的とした『すい臓・胆道ドック』を新たに始めます。
上記のがんは早期のうちは自覚症状に乏しく、特にすい臓がん、胆のうがんは通常の人間ドックで早期発見することがたいへん難しいのが現状です。
『すい臓・胆道ドック』では、放射線被曝のないMRIと腹部エコーを用いて、腫瘍マーカーを組み合わせた血液検査を実施いたします。
(※妊娠中の方、心臓ペースメーカーを留置している方、体内にステントや金属が入っている方はこの検査を受けられません)

実施日 月~土曜日(AMのみ)
費用  39,960円(税込)
すい臓・胆道ドック検査内容
血液検査 白血球、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、MCV、MCH、MCHC、血小板、血液像、総蛋白、アルブミン、尿素窒素、クレアチニン、総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、Na、K、Cl、ALP、AST(GOT)、ALT(GPT)、LDH、γ-GT、CPK、総ビリルビン、直接ビリルビン、血糖、CRP、血清アミラーゼ、HbA1c
腫瘍マーカー検査 CA19-9、CEA
腹部エコー検査 膵臓、胆嚢、胆管、肝臓、腎臓、脾臓
MRI検査 MRCP

脳ドックのご案内

脳梗塞、くも膜下出血などの「脳卒中」は、手足の麻痺(まひ)や言語の障害、高次脳機能障害などをひきおこす可能性もある大変重い病気です。
脳ドックは、くも膜下出血の原因になる脳動脈瘤、脳梗塞の原因となる脳や頚部の血管狭窄や不整脈(心房細動)、さらに脳卒中全般と認知症の危険因子である生活習慣病などを無症状のうちに見つけて脳の病気を予防することを目的にします。
40歳をすぎたら積極的に脳ドックを受診しましょう。
(心臓ペースメーカーを留置している方はこの検査をうけられません。また、体内にステントや金属が入っている方はあらかじめ御相談ください。)

実施日 毎週月曜日 10時~(予約制)
脳ドック検査内容・費用
項目 Aコース Bコース
金額 20,000円(税別) 35,000円(税別)
検査内容 問診
神経学的検査
頭部MRI・MRA
頸動脈エコー
脈波
心電図
尿検査
血液検査

札幌市職員福利厚生会 脳ドック検診

当院は札幌市職員福利厚生会 脳ドック検診 の指定医療機関です。
受診をご希望の方は、事前にご予約のうえ、当日窓口にて札幌市職員福利厚生会指定の「脳ドック検診対象者確認書」をご掲示下さい。

実施日:脳神経外科 外来診療日(予約制)
  「特定対象者」の方
※会員のうち4月1日現在で
満40歳、満45歳、満50歳、満55歳、満60歳の方
「一般対象者」の方
金額 無料 5,000円
検査内容 頭部MRI
頭・頸部MRA

お申し込み方法

予約制となっております。
希望日の2週間前までにお申し込みください。希望日に予約多数の場合は変更をお願いすることもありますのでご了承ください。
ご予約頂きましたら注意事項、問診票、検便容器等を郵送しますので当日ご持参のうえ、ご来院ください。
健診実施日は、月曜日から土曜日(日曜日、祝日は休み)です。
受付は午前8時30分(午前8時40分までに受付をお済ませ下さい)、検査は午前中(10時30分~11時頃)に終了します。


TEL 011-555-2778

健診専用ダイヤル 担当:柿崎