イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

診療科紹介

診療科の紹介

当科では、迅速な撮影・読影を心がけ、読影結果を検査当日中に各科主治医宛てにレポートすることにより、早期かつ的確な診断と治療に役立てています。また、病診連携(病院と診療所が連携をとりながら診療を行うこと)により、近隣の開業医からの依頼検査にも積極的に取り組んでいます。

画像診断

CT検査
X線を用い、体の中の様子をコンピュータ処理することにより、体のあらゆる部分の輪切りの画像(横断像)のほか、立体的な3次元画像も得ることができます。当院では80列マルチスライスCT 1台と16列マルチスライスCT1台のCT装置を使用しています。造影剤を静脈注射して、より詳細な診断を行ったり、脳や胸腹部(心臓を含む)および四肢の血管の形状を評価(CTアンギオグラフィ)したりすることもできます。検査は予約制ですが、緊急の場合にはその都度撮影しています。
MR検査
X線を用いずに強い磁場と電波を利用し、コンピュータ処理をして体の中の構造を画像化する検査です。当院では、1.5T(テスラ)1台の装置を使用しています。放射線被曝が無く、造影剤を注射しなくても非侵襲的に血管(MRアンギオグラフィ)が得られますし、胆管や膵管(MRCP)や拡散(DW)・拡散尖度(DK)などの画像も得られるといった利点があります。一方、強力な磁場を使用しているために、体の中に金属が入っている場合には、検査ができないかあるいは画像が劣化してしまうという欠点を持っています。検査は予約制ですが、緊急検査にも対応しています。

医師紹介

●医師氏名●
氏名 中山 淳(なかやま じゅん)
役職 放射線科医長
所属学会 日本医学放射線学会
日本核医学会
日本磁気共鳴医学会
日本腹部放射線学会
日本肺癌学会
RSNA(北米放射線学会)
資格 日本医学放射線学会放射線診断専門医
PET核医学認定医
日本医学放射線学会研修指導者