イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

診療科紹介

循環器内科の紹介

循環器内科とは、おもに心臓病や高血圧症の診療を行う診療科です。日本人の生活スタイル・食事内容が欧米化したことや、高齢化社会が進むにつれて、心臓病や高血圧症になる人は年々増えています。「心臓病」と聞くと重い病気だというイメージがあるかも知れませんが、医療技術の発展や新しいクスリの 登場により、多くの心臓病患者さんが普通の社会生活を行うことが出来るようになりつつあります。
心臓病の中にも、色々な種類の病気があります。虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)・心不全・不整脈などが代表的な病気です。症状の出方は様々ですが、 「胸が苦しい」という点では共通しています。当科では、これらの心臓病に対して治療出来るような設備をそろえ診療にあたっています。胸の苦しさや違和 感を自覚した時には、先ず当科を受診してみて下さい。心臓に病気が見つかれば適切に対処しますし、病気が無ければ安心して生活出来ることでしょう。
循環器内科
患者さまへのお願い

現在、当院以外の医療機関に通院中の方、持病を治療中の方は可能な限り紹介状をお持ち下さい。
正確な情報を得るためご協力をお願いします。

対象となる病気と症状

・高血圧(無症状のことが多い)
・不整脈(脈の乱れ・動悸・めまい・失神など)
・狭心症、心筋梗塞(胸が痛い、苦しい)
・心不全(浮腫・息切れ・呼吸困難など)
・その他(生活習慣病)

診察・治療

・Holter心電図(24時間心電図)
・心エコー
・頸動脈エコー
・腎動脈エコー
・下肢動脈エコー
・冠動脈CT
・心臓カテーテル検査
・冠動脈インターベンション
・心臓ペースメーカー

心臓カテーテル検査

おもに虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)を調べるための検査です。心臓に血液を送る血管(冠動脈)が狭くなって血の巡りが悪くなった状態が「狭心症」、 冠動脈が完全に閉塞してしまった状態が「心筋梗塞」です。狭心症は数分の胸の痛みであるのに対して、心筋梗塞は数時間から半日以上におよぶ強い胸の痛 みを伴い、最悪の場合は命の危険があります。
心臓カテーテル検査では、手首や股の付け根に部分麻酔をした後に、細い管(カテーテル)を入れます。レントゲンを見ながら操作することにより、腕や脚 の動脈を通じて心臓の中までカテーテルを入れることが出来ます。カテーテルが心臓にたどり着いたところで造影剤というクスリを流すと、心臓の血の 巡り(冠動脈の血の巡り)が分かります。血の巡りが悪い患者さんに対して、当科では可能な限りカテーテルを使った風船治療(冠動脈インターベンション) を行っていますが、あまりにも冠動脈の状態が悪い患者さんは心臓外科へ依頼して手術を受けてもらうこともあります。

心臓カテーテル検査装置 冠動脈造影写真

心臓カテーテル検査装置(左)と冠動脈造影写真(右)

冠動脈インターベンション

心臓カテーテル検査で虚血性心疾患が見つかった場合に行う治療です。カテーテルという細い管を使う点では、カテーテル「検査」と似ていますが、「検査」 とは異なり「手術」扱いです。しかし身体にメスを入れない手術なので、患者さんの負担は小さくて済みます。
方法は、カテーテル「検査」の時と同様に手首や股の付け根に部分麻酔をしてから、少し太めのカテーテルを心臓の中に入れます。次に直径3mm程度の小さい風 船を、細くなった冠動脈の中で膨らませて血管を太くします。最近では「ステント」という、血管を内側から支持する金属を留置して治療するのが主流です。

冠動脈 冠動脈

冠動脈インターベンション:治療前は冠動脈が閉塞しているが(左図:矢印)、治療後には血流が再開している(右)

心臓ペースメーカー

脈拍が遅くて、気が遠くなったり気絶してしまう人に使用する器械を心臓ペースメーカーと呼びます。鎖骨の下に部分麻酔を注射して、メスで5cm程度皮膚を切 開してペースメーカーを植え込みます。心臓が正常に動いている時にはペースメーカーは作動せず、心臓の脈が遅くなった時だけペースメーカーからが電気刺激 を送って正常な脈を作るという仕組みです。ペースメーカーを使用した場合でも日常生活に大きな支障はありませんが、携帯電話等の電磁波を発生する器械を至 近距離で使用すると影響が出る場合もあります。また、磁石の影響を受けるのでMRI検査を受けることは出来ません。

冠動脈CT

CT検査は全身の臓器の状態を調べることが出来る検査で、以前から幅広く医療現場で使われています。しかし、心臓は絶え間なく動いている臓器なので、これま ではCTで心臓を撮影することが困難でした。近年、CTの性能が向上したことで心臓にも応用されています。特に、心臓へ血液を送る冠動脈を撮影することが出来 るようになったため、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患について調べることが出来るようになりました。冠動脈CTで異常が認められた場合は、心臓カテー テル検査による精密検査が必要です。

冠動脈 冠動脈

冠動脈CT:VR画像(左)、MIP画像(右)

心エコー(心臓超音波)

身体の表面に探触子という部品を当てて、心臓の形や働きを観察する検査です。痛みは無く、検査時間も15~20分程度で終わるので、患者さんの負担が少ない検査 です。心臓肥大は無いか、心臓が弱っていないか、などが分かります。

心エコー 心エコー

心エコー図:Bモード(左)、カラードプラ(右)

医師紹介

安藤 康博
氏名 安藤 康博(あんどう やすひろ)
担当 循環器内科
卒業年度 平成9年
経歴 奈良県立医科大学医学部卒業
学会認定資格
所属学会
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会認定(専門医)
日本心臓病学会会員
安藤 康博
氏名 本間 之子(ほんま ゆきこ)
担当 循環器内科
卒業年度 平成11年
経歴 札幌医科大学医学部卒業
学会認定資格
所属学会
内科 (認定医)
産業医
健康スポーツ医
心血管インターベンション認定医
ACLSプロバイダー
外来担当医表