イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

当院について

院長ごあいさつ

病院名変更のご挨拶 丹野 誠志
新病院名『イムス札幌消化器中央総合病院』
2013年2月
病院長 丹野 誠志
当院は今年4月より、地域医療へのさらなる貢献を目指し、病院名を変更します。新病院名を『イムス札幌消化器中央総合病院』とし、消化器領域を強化して病院の中心となる診療科に位置づけます。それと同時に、他の診療科も強化することで、患者様が安心して複数の診療科にアクセスできる「総合病院」としての役割を果たしていきます。

 新病院名の「イムス」は、当院が板橋中央総合病院グループ(IMS: Itabashi Medical System)の病院であることを意味しています。当院はすでに平成11年より、イムスグループの病院として運営してきましたが、今回の病院名変更を機に、イムスグループの病院であることを改めて明確にすることとしました。そして、新たな気持ちで医療の原点を見つめ直し、イムスの基本理念である「愛し愛される病院」の実現を目指して、今後尚一層の努力をしてまいります。

 当院は現在、内科、消化器内科、外科、循環器内科、呼吸器内科、糖尿病代謝内科、腎臓内科、泌尿器科、整形外科、リハビリテーション科の10科を備えており、病気の予防から急性期医療、がん治療、リハビリテーションまで幅広い分野で、低侵襲かつ先進的な医療の推進に取り組んでいます。

 また当院では、医療への情熱や向上心をもった医師、看護師を募集しています。医師については、出身大学や医局に左右されることなく、当院の基本理念に賛同して一緒に働いてくれる医師を募集しています。興味のある医師、看護師の方はいつでも見学に来てください。

 今後は、診療科の増設、ハード面での充実化、そして全スタッフがさらにレベルアップを図ることで、総合病院としての機能を高めてまいりますので、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。