イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

当院について

病院長挨拶

2018年1月
病院長 丹野 誠志
「イムス札幌消化器中央総合病院」のホームページをご覧頂き,誠にありがとうございます。

病院名の「イムス」は,当院が国内最大級の医療グループであるIMSグループ(Itabashi Medical System:板橋中央総合病院グループ)に属する病院であることを意味しています。そして,病院名の「札幌消化器中央総合病院」は,消化器分野を強化し全面に打ち出した特徴ある病院でありながら,あくまで「総合病院」として,複数の診療科による総合的医療,そして質の高い診断治療を提供する病院であることを表しています。当院は,地元や北海道内はもちろんのこと,国内で広く知られ,患者様から厚く信頼される病院になることを目指してまいります。

当院では,2017年1月に既存のA棟B棟とは別にC棟をオープンさせ,手術室を3室とし,救急関連設備を増築することで,急性期総合病院に向けた強化を行ってまいりました。それに伴って,医師数につきましても,消化器内科は12人,外科は6人,病院全体では医師数29人の体制へと強化しました(2017年12月現在)。急性期総合病院として当院は今後さらに,診療体制の強化を予定しており,医療への情熱や向上心をもったスタッフを募集しています。医師については,出身大学や医局に左右されることなく,当院の基本理念に賛同して一緒に働いてくれる医師を募集しています。興味のある医師,看護師の方はいつでも見学に来てください。

当院は,「質の高い専門医療の提供を行う病院」を特徴に掲げながら,「イムス札幌消化器中央総合病院」の認知度強化,患者様から信用され選ばれる病院になるための医療体制の整備,病院全体の医療レベルと安全性の向上を目標に,患者様・医療者の双方にとって魅力ある病院になれるよう努力してまいりたいと思います。

今後ともご指導ご鞭撻の程どうぞよろしくお願い申し上げます。