イムス札幌消化器中央総合病院はIMS(イムス)グループの病院です。

IMS(イムス)グループ医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院(旧称:琴似ロイヤル病院)

診療科紹介

泌尿器科の紹介

泌尿器科は腎臓、尿管、膀胱などの尿路や男性では前立腺、精巣などにおこった病気に飲み薬や手術など内科的、外科的な治療を行う診療科です。
高齢化に伴い難治性の膀胱炎や、尿もれなどの尿失禁、残尿の続く方、前立腺肥大症や尿路結石、前立腺がん、膀胱がんなどの泌尿器腫瘍、また血尿を認める方など泌尿器科疾患は増加しており、当科はこれらの症状にお悩みの方に対して幅広く診察・治療を行っています。
当科ではマルチスライスCTやMRIなどの最新設備のほか、細径化電子スコープ、腹部・経直腸的超音波装置、尿流動態測定・膀胱内圧測定装置など最先端の検査機器を導入し、診断精度を充実させて、分りやすい説明を心がけ、質の高い医療を提供しています。
特に治療に際しては、最新のTURisシステムを用いた安全な内視鏡手術を導入して苦痛のないよう配慮し、また尿路結石、腫瘍、狭窄に対しては最新鋭のホルミウムレーザー装置による低侵襲性で先進的な内視鏡手術を積極的に行います。

患者さまへのメッセージ

充実した検査診断機器を導入し、診断精度を充実させて分りやすい説明を心がけ、質の高い医療を提供しています。
治療では、飲み薬や日常生活指導のご説明や体に優しい安全な各種内視鏡手術を導入し、症状に合わせて適切な治療を行います。
ご質問に対しては真摯な対応に心がけています。

対象となる病気と症状

当科は、日本泌尿器科学会専門医制度関連教育施設であり、下記の泌尿器科疾患全般に渡って診療を行っております。

・泌尿器科一般(血尿、尿蛋白)
・泌尿器がん(前立腺がん、腎がん、膀胱がん、腎盂・尿管がん、陰茎がん、睾丸がん)
・前立腺疾患(前立腺肥大症、前立腺炎など)
・尿路結石症(上部、下部)
・尿路・性器感染症(腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、睾丸炎、副睾丸炎)
・夜尿症、尿失禁(尿もれ)
・神経因性膀胱などの膀胱機能障害
・腎臓疾患
・尿路性器外傷
・尿路性器奇形
・男性更年期
・男子不妊症
・前立腺検診
・健康診断     など

主な診察・治療の特徴

こどものおねしょの相談・排尿に関するお悩みの相談
おねしょ(夜尿症)

ひとつの原因でおこる病気ではなく、発達途上にある生理的なもの、習慣や心因性要因(ストレス)によるものから膀胱容量と尿量のアンバランスなど種々の原因があります。 積極的な生活習慣指導のほか、お薬による治療を行います。

過活動膀胱

急に尿意をもよおし、我慢できない(尿意切迫感)、トイレの回数が多い(頻尿)、夜間に何回もトイレにおきる(夜間頻尿)を示す状態で、時に切迫性尿失禁を伴います。40歳以上の男女の8人に1人がなんらかの過活動膀胱の症状を持っているといわれています。原因は多岐にわたりますが、脳と膀胱の筋肉をつなぐ神経のトラブルでおこる場合と加齢や男性では前立腺肥大症など下部尿路通過障害でおこる場合があります。多くはお薬の服用で改善します。


女性の尿失禁

成人女性のおよそ4人に1人が尿失禁で悩んでいます。
1)腹圧性尿失禁:咳、くしゃみ、重い荷物を持ったときにもれてしまう。
2)切迫性尿失禁:トイレに行くまで我慢できずもれてしまう。
この2つがおもなタイプです。診断は家庭で簡単にできるパットテスト(自己診断テスト)やレントゲン検査、膀胱の検査を行います。治療は骨盤底筋体操の指導やお薬の服用、手術治療を行います。


男性の尿失禁

男性では特に溢流性尿失禁(尿道狭窄や前立腺肥大症などで尿の流れが悪くなったり、膀胱の収縮障害などで膀胱内に尿が充満し、尿が溢れ出るタイプ)も多く、尿道や膀胱のかくれた基礎疾患を精査し、基礎疾患があればその根治治療を行います。


繰り返す膀胱炎や持続する残尿感の治療
難治性・再発性膀胱炎

膀胱炎と診断され、抗生物質を服用して一時的に良くなっても、すぐに症状が出たり、なかなか不快感や残尿感がとれない場合があります。一般的には慢性膀胱炎と呼ばれますが、多くの場合(慢性)複雑性膀胱炎で、ただ抗生物質を継続しても意味はなく、尿路の基礎疾患を詳しく検査して、基礎疾患があった場合には同時に治療しないと良くなりません。

複雑性腎盂腎炎

腎盂腎炎でも同様で、複雑性の腎盂腎炎では重症化するとショック状態になり危険です。難治性、再発性でお困りの方はまず簡単な検査から基礎疾患を調べることが必要です。


前立腺肥大症の薬物療法

前立腺肥大症の薬物療法では主にα遮断薬と5α還元化酵素阻害薬が用いられます。α遮断薬は膀胱の出口と前立腺の平滑筋を弛緩させ、尿道抵抗を低下させて排尿状態を改善します。中等度までの肥大症であれば、かなりの程度で良くなります。5α還元化酵素阻害薬(アボルブ)は2009年9月より発売された比較的新しい薬で、肥大した前立腺そのものを縮小させて長期的に排尿状態を改善します。前立腺サイズの減少は服用6ヶ月後より発現し1年後で33.8%縮小すると報告されています。定期的に排尿状態や前立腺のサイズを検査し、治療効果を検討しながら、お薬を用いていきます。


前立腺がんの診断

前立腺がんに罹患する方は急増しており、2020年には肺がんに次いで2番目になると予測されています。(日本のがん罹患の将来推計、がん・統計白書)早期前立腺がんには特有な症状がなく、臨床症状から前立腺肥大症と区別することは困難です。早期発見、適切な治療、治療後の経過観察、が重要なのは言うまでもありません。診断の手法には血清PSA値の測定、直腸診、経直腸的超音波検査がありますが、前立腺生検によるがんの証明が必須です。当科では最新鋭のマルチスライスCTやMRIのほか、2泊3日の日程でクリニカルパスを用いた安全な生検を行っています。治療にあたっては、がんの進行度(病期)、がん細胞の悪性度のほか、罹患した方の年齢や持病などを考慮し、よく話し合った上で適切な治療法を選択します。


治療効果のすぐれたホルミウムレーザー装置による尿路結石内視鏡手術

最新鋭のホルミウムレーザー装置を導入し、尿管結石、膀胱結石や腎内の結石に対しても体に傷をつけず確実なレーザーによる内視鏡治療を積極的に行っています。結石の治療では点滴などで自然排石を期待する保存的治療、体外衝撃波による破砕術、内視鏡による経尿道的手術が行われますが、当科では破砕力の強力なホルミウムレーザー装置を用いた内視鏡手術を行っています。これは細径腎盂尿管鏡という柔らかいカメラでなかを直接観察しながら結石にレーザーを当てて砕く方法で、体に全く傷をつけず、体外衝撃波では治療困難な結石にも有効で、麻酔下で行うため、痛みは全くありません。結石破砕のほか、レーザー治療を利用した腎盂・尿道腫瘍の切除や尿管狭窄の治療も行っています。

レーザー内視鏡結石手術(f-TUL)

①麻酔下に尿道から細い軟性内視鏡を入れます。
②直接見ながら結石にレーザーを当てて破石します。
③軟性内視鏡で見ながら、強力なホルミウムレーザーを使用して破石する尿路結石治療で体に優しく確実で根治を目指します。
④腎結石、尿管結石などのほぼ全ての尿路結石が治療対象となります。



レーザー破石術 術前(左)  術後(右)
術前 術後
前立腺肥大症・膀胱がん・尿道狭窄などの各種内視鏡手術

最新のTURisシステムを導入し、生理食塩水を用いた低侵襲性で安全かつ有効な手術を行っています。TURisでは従来の内視鏡手術とは異なり、人体組織の抵抗よりも小さい生理食塩水を用いるため、電流は人体を通らず、効率や安全性が向上しています。前立腺肥大症では、さらに低侵襲性で安全な手術として前立腺蒸散術も行っています。これはマッシュルーム型電極を用いて前立腺組織を切るのではなく、蒸散させて尿道を拡げる方法です。出血はほとんどなく、安全で効果的な手術が可能です。


低侵襲な経尿道的手術(TURisシステム)の特徴
①体内に電流の流れないバイポーラ電極を使用した新しい経尿道的手術
「TURisシステム」を導入しております。
②灌流液に電解質溶液が使用できるため、
 TUR症候群を完全に予防することができます。
※灌流液が血管内に入り、血液が希釈され血圧低下、吐き気、嘔吐、意識低下が
おこること。
③高い切開能力で従来よりも安全性の高い経尿道的手術が可能です。
泌尿器がんのクリニカルパスを用いた外来がん化学療法

膀胱がんや内分泌療法に抵抗性となった前立腺がんの方が主な適応となり、専用の化学療法室で日帰りで行います。外来通院の化学療法を行うために当科ではクリニカルパスを導入しています。クリニカルパスの導入と専門のスタッフにより、安全で確実な均一化した治療を行っています。

外来担当医表