ごあいさつ

病院理念

イムス三芳総合病院の4つの基本方針

  • 地域の中核病院として、一人でも多くの患者様のニーズに応えるために全力を尽くす。
  • 連携組織と協力し、24時間救急医療体制を提供する。
  • 地域医療機関、地域施設と連携した切れ目のない医療を構築し、地域のニーズに応える。
  • 接遇マナーとコミュニケーション能力を備えた職員を尊重し、かつ育成する。

患者様の権利

  • 人間としての尊厳を尊重しプライバシーの保護を受ける事が出来る
  • 治療方針、病状経過予後等について説明を受け、自己の自由意思により治療を選択する事が出来る
  • 他医の意見を求める事が出来る
  • 病院を自由に選択し、また変更する事が出来る
  • 自らの診療録の開示を求めることが出来る

患者様の義務

  • 患者様は良質な医療の提供を受けるために、
    ご自分の健康に関する情報をできる限り正確に医師や看護師に提供してください。
  • 患者様は適切な医療の提供を受けるために、
    他医療機関と連携して診療にあたり紹介・転院することがあることをご理解ください。
  • 全ての患者様が適切な療養環境で治療に専念できるように、
    社会的ルールや病院の規則、職員の指示を守ってください。
  • 適切な医療を維持していただくために、
    医療費を遅滞なくお支払いいただくことが必要です。

病院長ごあいさつ

イムス三芳総合病院 病院長 田和 良行

 平成27(2015)年4月よりイムス三芳総合病院院長に就任し、4年が過ぎました。就任後、肝臓内科を標榜し、肝炎、肝硬変、肝癌の治療を中心に内科診療も行っています。  最近は、地域全域よりご紹介を賜り、感謝しております。

イムス三芳総合病院は昭和52年5月に三芳厚生病院として開院、平成19(2007)年11月に改称、さらに平成25(2013)年3月、現在病院のある地に新築移転となった病院です。新築移転後は特に、救急診療へ注力してまいりました。

昨年度は、ハイケアユニット、一般病床の増床後、入院患者数が思ったほど増えずベッド稼働率が低迷しましたが、埼玉県急性期脳梗塞治療ネットワーク(SSN)の指定を受ける事が出来てから、改善してきております。また、検査を専門とする医師を招へいし、検査の質の向上を行っております。研修医教育としては、11名の臨床研修医を受け入れることが出来ました。

今年度は、すでに始まっていますが、さらに病院裏に駐車場の整備を行っています。また、適時医師のリクルートを実施しており、診療機能を強化して行く所存です。当院は、立ち止まることなく、常に次世代を考えて進歩を目指していきます。
平成の終わりの年、次の時代もイムス三芳総合病院を宜しくお願いします。

平成31(2019)年4月1日