内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター 専門センター

内分泌・代謝センター・センター長の貴田岡正史先生が「日本超音波医学会・特別学会賞」受賞に続き、長年の糖尿病診療に対する功績から、「日本糖尿病学会」の「名誉会員」となられました。

センター概要

日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)と日本糖尿病学会の指導医兼専門医である貴田岡先生を中心とし、日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医1名、日本糖尿病学会 指導医・専門医2名を含む医師6名(非常勤1名を含む)と、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、超音波検査士、医療クラーク等が加わって構成されています。

診療内容

甲状腺疾患や二次性高血圧症をはじめとする内分泌疾患(ホルモンの異常やしこり)の専門診療
糖尿病や高脂血症、高尿酸血症(痛風)などの代謝異常に対するチーム医療、フットケア外来、透析予防指導 など

診療の特色

  • 甲状腺の病気は非常に多い疾患の一つです。特に動脈硬化の評価のために頸動脈エコー検査を受けた場合、甲状腺の形態異常が多数見つかります。このなかに甲状腺がんなど見逃してはならない病気が含まれますが、大部分は臨床的に問題のないものです。不安な場合はご遠慮なくご相談ください。
  • 高血圧症の方の中にはホルモンなどの異常が原因で高血圧を呈している方がかなり含まれています。これを二次性高血圧症といいますが、普通の高血圧症とは異なりホルモン異常の原因を治療することにより治る方が大部分です。
    詳しく知りたい方はご相談ください。
  • 糖尿病はひとりひとりの方に個別の血糖コントロール管理目標値を設定して、治療の最適化を目指す時代になりました。当センターでは糖尿病専門医が管理栄養士や看護師、薬剤師等とチーム医療を構成しメディカルスタッフ全体として質の高い医療を提供します。また、かかりつけの先生と協力して診療を進める医療連携も積極的に推進してまいります。
    栄養食事指導や糖尿病教室等のご利用をお待ちしております。

医師紹介

内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長 貴田岡 正史

貴田岡 正史
専門分野 内分泌・代謝学
特に甲状腺 糖尿病 二次性高血圧症
所属学会・資格
  • 米国糖尿学会
  • 日本糖尿病学会専門医・指導医
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医・指導医
  • 日本超音波医学会専門医・指導医
  • 日本甲状腺学会専門医
  • NSTコーディネーター
主な経歴
昭和50年
弘前大学医学部卒業
昭和54年
弘前大学大学院医学研究科修了
昭和57年
弘前大学医学部附属病院第三内科助手
昭和62年
東京大学医学部附属病院第4内科助手
平成01年
公立昭和病院内分泌代謝科医長
平成05年
東京大学医学部非常勤講師併任
平成07年
公立昭和病院第一外来部長
平成10年
公立昭和病院第一病棟部長
平成21年
院長補佐
平成28年
イムス三芳総合病院
内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長
学会・社会における
活動等
  • 東京大学医学部非常勤講師(平成5~26年)
  • 一般社団法人 臨床糖尿病ネットワーク 代表理事
  • NPO法人西東京臨床糖尿病研究会 理事長
  • 日本糖尿病学会
    名誉会員、評議員(平成7年5月~令和元年5月)
    監事(平成16年5月~平成22年5月)
    糖尿病対策地域担当(平成28年5月まで)
    「糖尿病治療ガイド」編集委員
    (平成16年~平成25年)
  • 日本糖尿病協会
    理事(平成18年~令和2年)
    糖尿病医薬品・医療機器等適正化委員会委員長
  • 日本内分泌学会
    日本内分泌学会 関東甲信越支部副支部長
    (平成27年まで)
    功労評議員
  • 日本乳腺甲状腺超音波診断医学会 名誉理事長
  • 日本超音波医学会
    功労会員 (理事 平成20~28年)
    専門医制度委員会 委員長(平成28年7月まで)
    第87回学術集会 会長 (平成26年)
  • 日本甲状腺学会
    功労評議員
  • 超音波ドプラ研究会幹事
  • 甲状腺検査専門委員会
    (福島県「県民健康管理調査」)委員
  • 福島甲状腺検査支援合同委員会 委員長
    事業検討委員会 委員長
    合否判定委員会 委員長
    試験問題検討委員会 委員
  • 平成30年公益社団法人
    日本超音波医学会特別学会賞受賞
一言コメント 私は長年にわたり、地域医療の構築に尽力してまいりました。また、人を育てて生かすことが極めて大切なことを常に念頭におきチーム医療の推進に努めてまいりました。また同時に内分泌代謝科専門医と糖尿病専門医として専門医療に永年にわたり従事いたしました。
この間、医療機器の進歩も著しく、内分泌疾患としては一番頻度の高い甲状腺疾患の検査としてエコー(超音波断層検査)が巾広く普及してきました。私は幸いなことにこの甲状腺超音波断層検査の発展を常にリードする立場で診療に従事することができました。お陰様で2014年には日本超音波医学会学術集会の大会長を務め7千人規模の学会を主催することができました。
甲状腺疾患は非常に多い病気ですが、治療が必要なのに見逃されている場合や逆にほとんど心配する必要がないにも関わらず精密検査の対象となっている場合も多々みられます。この区別に甲状腺超音波断層検査は大変役立ちます。 内分泌・代謝センターでは、これまでの経験・知識・技術の蓄積と実績を生かした診療を皆様に提供いたします。

今井 健太

鈴木 先子
専門分野 糖尿病
所属学会・資格 日本糖尿病学会専門医・指導医
主な経歴 平成17年 埼玉医科大学卒
平成17年 埼玉医科大学
      内分泌糖尿病内科入局
平成27年 イムス三芳総合病院
一言コメント 糖尿病室と糖尿病教育入院を担当しています。糖尿病透析予防指導、フットケア外来等メディカルスタッフの協力の基、充実した内容を心掛けております。私事ですが2010年にフットサルチームを立ち上げて登録人数も約30人と増えました。活動回数は月2回と少ないですがこちらの発展も目指しております。

越田 善久

越田 善久
専門分野 腎臓、透析、糖尿病・内分泌内科
所属学会・資格 日本内科学会 認定内科医/総合内科専門医
医学博士(腎臓)
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
主な経歴 平成17年 熊本大学医学部医学科 卒業
平成19年 東京女子医科大学 腎臓内科
平成28年 吉川中央総合病院 内科
平成29年 イムス三芳総合病院
      内分泌・代謝・糖尿病内科
一言コメント 2017年1月より当院に入職いたしました。これまでは腎臓・透析分野の専門医として臨床に携わってまいりました。当院ではこれまでの専門を生かしつつ、今後は内分泌・糖尿病の分野の診療に力を入れ、地域の医療に貢献したいと考えております。受診の際にはお気軽にご相談ください。

竹村 友秀

竹村 友秀
専門分野 内分泌・代謝
主な経歴 平成21年 防衛医科大学校医学部医学科 卒
平成30年 イムス三芳総合病院
所属学会・資格 日本内科学会 認定内科医/総合内科専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)専門医
JATECインストラクターコース修了
一言コメント 出身大学が埼玉県であり、当地域に親近感を感じております。
当地域の医療に貢献できればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

喜多岡 陽子

喜多岡 陽子
専門分野 糖尿病、代謝・内分泌疾患
所属学会・資格
  • 日本内科学会 総合内科専門医、認定内科医
  • 日本糖尿病学会
  • Total Nutritional Therapyコース修了
主な経歴
平成24年
福島県立医科大学 卒
平成25年
国立国際医療研究センター 国府台病院
令和 2年
イムス三芳総合病院
得意分野 糖尿病を中心とする代謝疾患
一言コメント 地域に根差した医療を志しており、チーム医療を活用しながら、患者様に最適な医療を提供できるよう努力しております。ご意見等ございましたら、どうぞご遠慮なくお申し頂ければと存じますので、よろしくお願いいたします。

長谷 素子(非常勤医)

長谷 素子
専門分野 内分泌、糖尿病
主な経歴 昭和63年 東京女子医科大学 卒
同大学院にて博士号取得(副腎性高血圧にて)
現在 東京医科大学 健診予防医学センター 講師
所属学会・資格 日本内科学会
日本超音波学会
日本糖尿病学会
日本医師会認定産業医
スポーツドクター
ケアマネジャー
一言コメント 在宅医療の経験も活かし、患者さん、お一人お一人に合わせた糖尿病療養生活の指導に努めております。