各部署のご紹介

薬剤部

ごあいさつ

 超高齢化社会を迎え、薬剤師が担うべき職能は、主に適切な処方設計のための処方提案、すなわち「対物業務から対人業務」への変革が求められています。これからの薬剤師は、コミュニケーション能力を高め院内又は地域の医療機関との連携を図り、患者情報の一元的・継続的な把握、さらに処方内容の解析に必要とされる高度な臨床知識や技術の習得が必須です。
 当院薬剤部は、東北大学薬学部、明治薬科大学、IMSグループ等との共同研究、さらに日本薬学会、日本医療薬学会、各専門領域の研修会などへの積極的な参加を促し、この変革に対応できる薬剤師の育成に尽力を注いでいます。現在、各専門分野での「認定薬剤師」を多数輩出しています。

薬剤部長 野口 宣之

薬剤部

組織紹介

薬剤部

薬剤部の特徴と業務紹介

医薬品管理部門
薬剤部

 病院内には1100品目以上の医薬品があり、医薬品管理部門ではその医薬品の適正供給・品質管理を行っています。具体的には、医薬品の使用状況を把握し購入・払出等を行う「在庫管理」、貯法(遮光や温度・湿度など)の厳守や使用期限の管理等の「品質管理」を行っています。医薬品の品質については外観等では判断できないこともあり、確実な管理が求められます。この業務は薬剤部内だけでなく病院全体に対して行っており、使用される医薬品が滞りなく確実に供給され、また確実に品質が保たれるよう努めています。
 向精神薬、毒薬、麻薬、血液製剤等の特定の医薬品については帳簿とパソコンのシステムを連動させるなどし、より厳正な管理を行っています。

医薬品情報部門(DI室)
薬剤部

 DI室では、医薬品や医療機器に関する情報を収集・管理し、必要な情報を医師、薬剤師、看護師をはじめとする医療スタッフ、または患者さんへ提供する業務を行っています。様々な薬が開発される近年、医療が高度化すると同時に、薬物療法は複雑化を極めていますが、適切な情報を適切な形で提供することにより、安心・安全な薬物療法を患者さんへ提供する事がDI室の業務です。
 具体的には、薬に関する問い合わせに対応する受動的な情報提供や、緊急安全性情報、副作用情報の周知やDIニュースの発行などの能動的な情報提供、また薬物血中濃度測定結果の解析なども行っています。また各種医薬品メーカーの医薬情報担当者との情報共有も頻繁に行っており、いち早く最新情報を収集しています。

病棟業務部門
薬剤部

 当院では全ての病棟に薬剤師を配置し、処方解析による処方薬の選択・投与量などの処方提案、医師や看護師などからの薬に関する相談応需などの「病棟薬剤業務」を行っています。
 また患者さんから「これって副作用?」「薬が多くてつらい」などの薬に関する質問・相談を受けたり、お薬の説明をすることにより、不安を取り除き、安心した入院生活をおくれるよう努めています。すなわち薬剤師は患者さんに寄り添い、入院から退院まで責任を持って薬学的ケアを行っています。

中央業務部門
薬剤部

 中央業務部門は入院患者さんの内服・外用薬の調剤、配薬(患者さんの薬を個人別・服用時点ごとにセットすること)、注射薬の調剤、無菌製剤室での抗癌剤のミキシングや院内製剤の調製、外来患者さんへの薬剤指導など、多岐にわたる業務を担当しています。
 中央業務部門は薬剤部の業務の中心となる部門であり、他部門との連携を密にとり、また他職種との調整を図るなどし、薬剤部内にとどまらず病院全体の業務が滞りなく進むよう努めています。

チーム医療推進部門
薬剤部

 チーム医療とは、一人の患者さんに専門スキルの異なる職種のスタッフが連携し、治療やケアに当たることです。異なる職種が連携・協働し、それぞれの専門スキルを発揮することで、医療の質の維持・向上、患者さんを尊重した療養の実現を目指しています。
 当院においては栄養サポートチーム、感染対策チーム、褥瘡ケアチーム、緩和ケアチームなどの多数のチームが稼働しています。その一員である薬剤師は、その専門スキルを発揮し、患者さん一人ひとりへの最適なお薬の使用に努めています。
 チーム医療推進部門は、「チーム医療において薬剤師の専門性を発揮する」という目標に掲げ、薬剤師の役割を検討し、チーム医療の推進を図っています。

薬剤助手
薬剤部

 当院薬剤部では、薬剤師の資格を持たないスタッフ、すなわち薬剤助手も活躍しており、帳票の管理やデータの整理、物品の管理など、薬と直接関わりのない業務は薬剤助手が担当しています。これにより、薬剤師は患者さんの薬物療法の質と安全性を確保するための「薬剤師の職務」に専念しています。

 

 

 

 

専門薬剤師 認定薬剤師

薬剤部

抗菌化学療法認定薬剤師(日本化学療法学会)
外来がん治療認定薬剤師(日本臨床腫瘍薬学会)
NST専門療法士(日本静脈経腸栄養学会)
日本糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構)
認定実務実習指導薬剤師(日本薬剤師研修センター)
研修認定薬剤師(日本薬剤師研修センター)
ACLSプロバイダー(米国心臓協会)
BLSプロバイダー(米国心臓協会)
                    など                              

研究・学会発表実績

2018年度 学会発表

薬剤師によるバンコマイシン投与設計の有用性

日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2018(2018年10月 浜松)
 大木稔也 イムス三芳総合病院薬剤部
 三上早紀 イムス三芳総合病院薬剤部
 磯畑雄祐 イムス三芳総合病院薬剤部
 神隆浩  イムス三芳総合病院薬剤部
 佐藤秀昭 イムス三芳総合病院薬剤部

バンコマイシン血中濃度の予測値と実測値の乖離因子
薬剤部

日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2018(2018年10月 浜松)
 三上早紀 イムス三芳総合病院薬剤部
 大木稔也 イムス三芳総合病院薬剤部
 磯畑雄祐 イムス三芳総合病院薬剤部
 佐藤秀昭 イムス三芳総合病院薬剤部

患者による薬局への検査結果報告書提出に影響を及ぼす因子

第28回日本医療薬学会年会(2018年11月 神戸)
 清水紗弥香 イムス三芳総合病院薬剤部
 佐藤秀昭  イムス三芳総合病院薬剤部
 富岡佳久  東北大学大学院薬学研究科
 中村哲也  板橋中央総合病院
 小田慎   板橋中央総合病院
 大木稔也  イムス三芳総合病院薬剤部
 今井博久  東京大学大学院医学系研究科

がん化学療法を受けている患者の長期処方の分割調剤に関する意識調査
薬剤部

第28回日本医療薬学会年会(2018年11月 神戸)
 鈴木洋子 イムス三芳総合病院薬剤部
 小田慎  板橋中央総合病院
 大木稔也 イムス三芳総合病院薬剤部
 神隆浩  イムス三芳総合病院薬剤部
 阿蘇拡樹 イムス三芳総合病院薬剤部
 今井博久 東京大学大学院医学系研究科
 佐藤秀昭 イムス三芳総合病院薬剤部

長期処方の分割調剤を実施したがん患者への薬剤師の専門的な支援の検討

日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018(2019年3月 北海道)
 阿蘇拡樹 イムス三芳総合病院薬剤部
 神隆浩  イムス三芳総合病院薬剤部
 小田慎  板橋中央総合病院薬剤部
 佐藤秀昭 イムス三芳総合病院薬剤部

薬剤師による処方変更提案の採用の有無に関する実態調査

日本薬学会第138年会 (2019年3月 千葉)
 柏木紗加  明治薬科大学公衆衛生・疫学研究室
 大木稔也  イムス三芳総合病院薬剤部、
       明治薬科大学公衆衛生・疫学研究室
 庄野あい子 明治薬科大学公衆衛生・疫学研究室
 小田慎   板橋中央総合病院薬剤部
 石井沙知  イムス三芳総合病院薬剤部
 古川航也  イムス三芳総合病院薬剤部
 佐藤秀昭  イムス三芳総合病院薬剤部
 赤沢学   明治薬科大学公衆衛生・疫学研究室

2018年度 論文

患者による薬局への検査結果報告書提出に影響を及ぼす要因

医療薬学45(3)164-170(2019)
 佐藤秀昭 イムス三芳総合病院薬剤部
 富岡佳久 東北大学大学院薬学研究科
 中村哲也 板橋中央総合病院
 小田慎  板橋中央総合病院
 大木稔也 イムス三芳総合病院薬剤部
 今井博久 東京大学大学院医学系研究科

求人情報・インターンシップ・見学会のご案内

◆求人情報  リンク先をご参照下さいこちら

◆インターンシップ・見学会情報 リンク先をご参照下さい こちら

「院外処方における疑義照会簡素化プロトコール」の運用について

詳細については、下記よりリンク先をご確認ください。

疑義照会簡素化プロトコールについてはこちら