整形外科 診療科

診療内容(特色)

整形外科では、多くの方々が経験したことのある、肩こり、腰痛、神経痛、関節痛など、首から足の先までと体の非常に広い範囲が治療の対象となります。
主な疾患としては、外傷による四肢の骨折や脱臼、捻挫、打撲などの治療から、慢性期の疾患として関節の変性疾患(変形性股関節症、変形性膝関節症など)、肩関節周囲炎、頸椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがあげられます。

近年では内科が、呼吸器科、消化器科、循環器科などと専門的に分かれてきたように、整形外科領域においても、背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手外科」や「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」、「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ整形外科」などに専門性が分かれています。

当院では、
・骨折などの一般外傷
・下肢関節症疾患(変形性股関節症、変形性膝関節症)
・脊椎疾患
を中心に診療を行っています。

対象疾患

骨折治療 骨折型にあわせて、保存的治療(ギプス、装具など)、手術治療を行います。 高齢者であっても手術により得られる利点が大きいと判断した場合には、全身状態に配慮しながら手術し早期社会復帰を目指しています。特に近年増加傾向である大腿骨近位部骨折に対しては、骨接合術、人工骨頭置換術などを行い早期離床、リハビリを行います。また、回復期病院との連携を行い継続的なリハビリができるように努めています。
下肢関節症疾患 関節鏡手術、骨切り手術、人工関節置換術(股関節・膝関節)の治療内容について説明の上、ご本人様、ご家族様と一緒に治療方針を考えていきます。
脊椎疾患 保存的治療、手術的治療の利点、問題点を説明の上、治療方針を決定していきます。
必要に応じて、各種ブロック注射なども行います。

医師紹介

「日本整形外科学会専門医制度研修施設」

山口 智広

主な経歴 平成20年 旭川医科大学 卒
平成20年 藤沢湘南台病院
平成22年 横浜総合病院
平成26年 高島平中央総合病院
平成28年 イムス三芳総合病院
専門分野 整形一般
外傷
所属学会・資格 日本整形外科学会
日本整形外科スポーツ医学会
日本臨床スポーツ医学会

恩地 圭典

鈴木 先子
主な経歴 昭和47年 東京医科歯科大学医学部 卒
昭和47年 東京医科歯科大学 整形外科教室入局
その後、九段坂病院、
秦野日赤病院、
国立横須賀病院、
リハビリテーションセンター鹿教湯病院、
埼玉県総合リハビリテーションセンター、
野田市小張総合病院などに勤務
平成4年 埼玉県白岡町にて整形外科開業
平成14年 葛西中央病院 副院長
平成24年 イムス三芳総合病院

外来担当医表

今月の外来担当表を見る

※曜日、担当医によって診療開始時間・診療受付終了時間が異なる場合がございます。
 必ず外来担当医表をご覧下さい。
※受付終了時間を都合により変更する場合がございます。ご了承下さい。