脳卒中 神経内視鏡センター 専門センター

脳卒中 神経内視鏡センターでは、脳動脈瘤、頸動脈狭窄症、脳梗塞、頭蓋底腫瘍などに対し、鼻から入れる内視鏡や大腿部の動脈からマイクロカテーテルを挿入して治療にあたる、頭を開けない脳外科手術を行っております。

「脳血管造影検査・治療について」は血管造影撮影室のページをご覧下さい。

血管造影撮影室はこちらから

頭を開けない脳外科手術とは

医療技術の発達により、近年では頭を開けずに脳の手術ができるようになってきました。そこで、頭を開けない脳外科手術をいくつかご紹介いたします。

頭蓋底腫瘍の治療(経鼻的内視鏡的腫瘍摘出術)

頭蓋底腫瘍とは、下垂体腺腫など、頭蓋骨の深いところに発生する腫瘍の総称です。
腫瘍が頭蓋骨の深いところにあり、まわりに多くの重要な神経組織や血管などが近くにあるため、これまでは頭を大きく開け、脳や神経などを押し分けて摘出しなくてはいけませんでした。
しかし、近年では、鼻から内視鏡を入れて行う経鼻内視鏡手術を適応することによって、開頭することなく手術することが可能となっています。

頭蓋底腫瘍のため、片目が開かなくなった患者さま

経鼻的内視鏡的腫瘍摘出術 前

経鼻的内視鏡的腫瘍摘出術 後

※個人差があります。

脳動脈瘤の治療

脳動脈瘤とは、脳の動脈の一部が風船のように膨らんだ状態のことをいいます。
この脳動脈瘤が破裂すると、くも膜下出血となります。そのため、未破裂脳動脈瘤を見つけた場合、破裂を予防するための治療をします。
脳動脈瘤の治療には、開頭して行う「クリッピング術」と開頭せずに行うマイクロカテーテルという極めて細い管を用いた、脳血管内治療である「コイル塞栓術」があります。
コイル塞栓術とは、大腿部の動脈からマイクロカテーテルを挿入し、動脈瘤の内側にコイルを詰めて、内部を血の塊(血栓)にし、動脈瘤を破裂しないように閉塞する手術です。

医師紹介

脳卒中 神経内視鏡センター長 猪野屋 博

池田 豊秀
主な経歴 昭和51年 新潟大学医学部卒
昭和58年 東京大学 脳神経外科文部教官
昭和62年 都立荏原病院 脳神経外科医長
平成2年 沖縄県立那覇病院脳神経外科部長
平成5年 新東京病院 脳神経外科部長
平成19年 同院 院長兼脳神経外科部長
平成22年 同院 名誉院長兼脳神経外科部長
平成24年 帝京大学医学部脳神経外科客員教授
平成24年 社会医療法人友愛会豊見城中央病院 脳神経外科部長
平成27年 医療法人ブルースカイ 松井病院 院長
平成28年 イムス三芳総合病院 脳卒中 神経内視鏡センター長
所属学会・資格 日本脳神経外科学会(専門医)
東京大学 医学博士号
一言コメント 脳卒中神経内視鏡センター長として、積極的な患者様受入で、地域住民、医療機関の皆様のお役にたてればと思っております。