放射線治療

2013年10月 放射線治療センター(新棟G館)稼働

2013年10月1日より、がん治療として従来の外科手術・化学療法に加え、放射線治療が行えるようになりました。強度変調放射線治療(IMRT)が行えるリニアックと、定位放射線治療に特化したサイバーナイフの2機種を導入し、がんの病態に合わせて、より効果的な治療の選択・組み合わせが可能となりました。治療そのものには痛みや苦痛がなく、1回あたりの治療は短時間で済むので通院にて治療を受けることが可能です。

リニアックフルオプション「トリロジー」とは
『広範囲な病変部位の治療が可能』『強度変調放射線治療(IMRT)に対応』

今回導入したバリアン社製のリニアック『トリロジー』は、都内では2台目、全国でも14台目(2013年1月31日現在)の導入となります。周辺の正常な組織にできる限り影響を及ぼさずに、凹凸のある複雑な形状のがんに合わせた照射ができる、全身のどの部分のがんにも対応できる装置です。

サイバーナイフG4とは
『定位放射線治療が可能』『病巣位置を追跡し、補正しながらの治療が可能』

小型の放射線照射機を搭載したロボットアームがさまざまな方向からの照射を可能にし、がん細胞に対してピンポイントで放射線を照射する定位放射線治療に特化した装置です。呼吸による微妙な動きや体動を感知して、ロボットアームががんを追いかけて追尾照射します。しかも極めて限定された部位に多方向から照射するため、正常組織へのダメージを最小限にしつつ、短期間でがんに大線量を照射することが可能です。今回導入したサイバーナイフ(フルオプション:ロボティックカウチ導入)は第4世代の最新鋭機で、都内では初、全国でも4台目の導入です。(2013年1月31日現在)

板橋中央総合病院(東京都板橋区)

頭部疾患(脳梗塞)

脳梗塞 MERCI(脳血管内カテーテル治療)
血管の中に細い管を入れて血栓を除去

脳の血管が詰まっておきる脳梗塞は、これまでは薬物で血栓を溶かす方法が中心でしたが、限界がありました。MERCIという新技術では、「カテーテル」という細い管(0.5~3mm)を血管の内部に挿入し、コイル状に変形した先端に血栓を引っかけて引っぱり出すという新技術です。ミクロの世界での細かい作業が必要となりますが、皮膚や頭蓋骨を切開する必要がないため、身体への負担が大きく軽減されます。

横浜新都市脳神経外科病院(神奈川県横浜市)
脳梗塞 脳血管内カテーテル治療
イムス富士見総合病院(埼玉県富士見市) 行徳総合病院(千葉県市川市) 横浜旭中央総合病院(神奈川県横浜市)

心臓・循環器疾患

狭心症・閉塞性動脈硬化症
エキシマレーザーによる血栓の蒸散・除去

エキシマレーザー冠動脈形成術・血管形成術は、カテーテルより照射するエキシマレーザーにより、動脈硬化の元となる、粥腫や血栓を蒸散・除去し血管内腔を拡大する治療法です。「バルーン」や「ステント」等、従来の治療法では困難と思われる、多量の血栓を有する病変や偏心性動脈硬化等に威力を発揮します。当院ではエキシマレーザー治療装置をいち早く導入し、安全かつ効果的な治療を提供するとともに、新しい応用に関しても日々研鑽を積んでおります。

春日部中央総合病院(埼玉県春日部市)
循環器・心臓疾患
心臓病に特化した高度専門病院

心臓疾患はいかに早く診断して、緊急の治療を行えるかが重要です。2009年春に開設した"イムス葛飾ハートセンター"は、24時間対応で、かつ緊急心臓手術が可能な病院であり、日本国内でも数少ない循環器専門の高度専門病院として注目されています。さらに、東京都CCU連絡協議会より、「緊急大動脈重点病院」としての登録要請があり、緊急患者救命のために、スタッフ一同、尽力しています。

イムス葛飾ハートセンター(東京都葛飾区)
低侵襲心臓外科手術
明理会中央総合病院(東京都北区)

腹部疾患(消化器がん、単孔式腹腔鏡手術)

消化器がん
内視鏡での早期発見と治療を目指す

早期に発見された、胃や大腸・食道・十二指腸のがんは、内視鏡を使って病変部だけを完全切除することができます。直接みることができない膵臓や胆道のがんには、超音波内視鏡を使った早期診断が優れており、治療への応用も進んでいます。当院では内視鏡を鎮静下で安全に行うことに加えて、体表に傷跡が残らない、内視鏡を使った低侵襲治療を積極的に行っています。

イムス札幌消化器中央総合病院(北海道札幌市)
単孔式腹腔鏡手術
傷の目立たない、痛みの少ない手術

従来の腹腔鏡手術では5~10ミリの筒(ポート)を複数本、腹壁に挿入し手術をしていました。当院では単孔式腹腔鏡手術といって臍の中にあけた1つの孔で、もしくは2ミリ程度の非常に小さな鉗子を補助的に挿入して手術をすることができます。手術が終了すると臍を形成し、ほとんど傷がわからない程度に回復します。従来の複数のポートを挿入する手術より若干時間がかかりますが、傷のない、痛みの少ない手術が可能です。

新松戸中央総合病院(千葉県松戸市)

血液(多発性骨髄腫)・血管(下肢静脈瘤)

多発性骨髄腫(MM)
新規薬剤による治療

多発性骨髄腫(MM)とは血液がんのひとつで、異物から体を守る抗体をつくる形質細胞に異常が起こった病気です。以前は治療がとても難しい病気でしたが、正常な血液をつくり機能を回復する造血幹細胞移植をはじめ、新しい薬剤(サリドマイド・レナリドマイド・ボルテゾミブ)が登場し、治療成績はとても向上しています。当院ではこの新しい薬剤を用いて、より長く、より良い状態の維持を目指せるような治療を行っています。

明理会中央総合病院(東京都北区)
下肢静脈瘤

再生医療(臍帯血保管、歯髄細胞保管)

臍帯血保管 アイル臍帯血ファミリーバンク
世界水準の技術と品質

親子の最初の絆である「へその緒」。昔は桐の箱に入れ大事に保管していました。近年では「へその緒」の中にある血液には、体のもとになる貴重な細胞が含まれることが分かり、血液疾患や神経疾患、糖尿病の治療に使われ始めました。産まれた時にしかない貴重な細胞を、世界水準(米国血浪銀行協会(AABB)認定施設)の厳格な品質管理のもと大切にお預かりします。

株式会社アイル
歯髄細胞保管 歯髄細胞バンク
再生医療へのそなえ

歯髄は硬い組織(歯牙)に保護されており、紫外線や放射線の影響を受けにくいため遺伝子に傷がつきにくく、歯髄に含まれる幹細胞はいつまでも若々しい状態であると考えられています。この若々しい細胞を、セル・プロセシング・アイソレーターを用いた厳格な品質管理(GMP準拠)のもと調整・凍結し、お預かりします。自分の細胞を保管することは、日々進化する再生医療の一助となります。

株式会社アイル

予防医学(人間ドック)

人間ドック
病気の早期発見、早期治療のために1~2日でまとめて受ける精密検査

ちょっと体調の不調や異常を感じていても、普段はなかなか忙しくて検査する時間が無いという方のために、1~2日でまとめて受けられる身体各部位の精密検査です。普段気がつきにくい疾患や臓器の異常や健康状態などをチェックするため、プロの目で約70以上にも及ぶ項目を、約3時間で的確に検査します。検査結果もその日のうちにお伝えします。またご希望の方には、翌日さらに詳しい検査と新技術を利用した専門検査もご用意しています。

池袋ロイヤルクリニック(東京都豊島区) 新宿ロイヤル診療所(東京都渋谷区) イムス八重洲クリニック(東京都中央区) イムス東京健診クリニック(東京都中央区) 千葉ロイヤルクリニック(千葉県千葉市) イムス仙台クリニック(宮城県仙台市)

その他(デメカルキット)

デメカルキット
自分で行う血液検査キット 病院と同じ精度の検査を自宅で

簡単でお手軽なセルフ血液検査キットです。自宅で採取したごく少量の血液(検体)サンプルを郵便ポストに投函して指定された住所へ送ると、電子メールや郵便等でお客様に検査結果が届きます。病院に出かける必要もなく、病院で行うのと同じ精度の血液検査が自宅で行えて、自分自身の健康状態をセルフ・チェックできます。また、ご希望があればその検査結果データを一生にわたりお預かりします。
※販売は関連企業であるアイセルネットワークスで行っております。

株式会社アイセルネットワークス

男性疾患

泌尿器疾患・生殖器疾患(前立腺がん、前立腺肥大症)

前立腺がんの全摘出手術 da Vinci(ダ・ヴィンチ)
腹腔鏡手術を支援する内視鏡下手術支援ロボット

現在、前立腺がん前摘出手術には、開腹手術と腹腔鏡手術がありますが、これらの良い所を併せたのが、外科手術ロボット「ダ・ヴィンチ」です。低浸襲・確実・高機能で前立腺がんの全摘出手術を支援し、術後の「尿失禁」「勃起障害」を最小限にすることができます。東京腎泌尿器センター大和病院は、腎泌尿器系専門病院として、「前立腺センター」「レディースセンター」「結石粉砕センター」「透析センター」「低浸襲センター」の5部門を設け、各部門に全国有数の専門医を配して極めて質の高い医療を行っており、「ダ・ヴィンチ」による前立腺がん摘出手術は国内トップクラスの年間100件の実績があります。

東京腎泌尿器センター大和病院(東京都板橋区)
前立腺肥大症 HoLEP(ホルミウムレーザー前立腺核出術)
レーザー光で患部を切除して吸引摘出

前立腺肥大症を治療する"HoLEP"という最新の手術方法は、内視鏡を尿道から前立腺に通し、レーザーファイバーと呼ばれる細い管を前立腺の内側(内腺)と外側(外腺)の境目に挿入し、ホルミウムレーザーというレーザー光を照射し、肥大した内腺(腺腫)をくり抜くように外腺から切り離します。膀胱内へ核出された腺腫は別の機器で細切・吸引しながら摘出されます。痛みや出血も少ないので短期間の入院で済みます。

板橋中央総合病院(東京都板橋区) 東京腎泌尿器センター大和病院(東京都板橋区) 三愛会総合病院(埼玉県三郷市) 新松戸中央総合病院(千葉県松戸市) イムス札幌消化器中央総合病院(北海道札幌市)

女性疾患

乳腺疾患(早期乳がん)

早期乳がん 超音波ガイド下マンモトーム生検
超音波検査による早期発見と治療

マンモトーム生検とは、超音波(エコー)を使って、小病変を早期に発見して、画像で確認された患部に直径3mmほどの管を差し入れて吸引・摘出する方法です。当院では2003年の導入以来2013年末までに1097例となりました。また、摘出された組織を検査することにより、良性か悪性かを判断し、乳がんの早期発見に努めます。更に、2013年6月からはマンモトームエリートも導入し、今まで外来で行っていたCNB(コアニードルバイオプシー)感覚で必要に応じて随時施行しております。12月末までに約50例を経験しました。

明理会中央総合病院(東京都北区) 新松戸中央総合病院(千葉県松戸市) 行徳総合病院(千葉県市川市) 横浜旭中央総合病院(神奈川県横浜市)

婦人科(子宮筋腫)

子宮筋腫 FUS(収束超音波治療装置)
メスを使わず超音波で患部を焼灼

これまで、子宮筋腫を治療するには、切開して患部を除去するという方法が主流だったため、腹部に傷が残ったり、また薬物による副作用の危険性もありました。FUSとはMRI(画像診断装置)で病巣をモニターしながら、患部の腫瘍などに超音波のエネルギーを集束させて、高温で約3~4時間焼灼させる最新の技術です。体に傷が残らず、日帰りの治療も可能となりました。

板橋中央総合病院(東京都板橋区)